バイアスピリンの副作用と安全性

2017.3.12 アスピリン/バイアスピリン

バイアスピリンは、アスピリンのジェネリック医薬品です。しかしバイアスピリンは解熱鎮痛薬としてのNSAIDsの働きよりも、抗血小板作用を利用して血をサラサラにすることで脳梗塞や心筋梗塞の原因になる血栓予防として使用することが多いです。

そのためバイアスピリンは、出血のリスクが常にあることに留意しなければなりません。また、一般的にバイアスピリンなどのNSAIDsは、副作用として胃腸障害が問題になります。また妊娠後期の方を含めて、使用することができない人もいます。

ここでは、バイアスピリンにどのような副作用があり、どのような方が使えないのかお伝えしていきます。


バイアスピリンの効果と特徴

2017.3.9 アスピリン/バイアスピリン

バイアスピリン錠(一般名:アセチルサリチル酸)は、1897年から発売されているアスピリンのジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品というと普通は同じ成分の物で、薬価が安くなる薬というイメージがあるかと思いますが、アスピリンとバイアスピリンは同じ成分でも使用目的が違います。

アスピリンは解熱鎮痛の効果を主に期待して使用しますが、バイアスピリンは血をサラサラに固まりづらくさせる抗血小板作用を期待して使っていきます。

ここでは、バイアスピリンの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。


アスピリンの副作用と安全性について

2017.2.14 アスピリン/バイアスピリン

アスピリン(一般名:アセチルサリチル酸)は、もともとは初のNSAIDsの薬として解熱鎮痛薬として使用されてきました。現在は、抗血小板作用を利用して血をサラサラにする必要がある川崎病に対して使用されることが多いです。

アスピリンなどのNSAIDsは副作用として、胃腸障害が問題になります。また妊娠後期の方含めて、使用することができない人もいます。

ここでは、アスピリンにどのような副作用があり、どのような方が使えないのかお伝えしていきます。


アスピリン錠(アセチルサリチル酸)の効果と特徴

2017.2.11 アスピリン/バイアスピリン

アスピリン錠(一般名:アセチルサリチル酸)は、1897年から発売されている解熱鎮痛薬です。

アスピリンは、世界初の非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイド)として、1900年代に爆発的に売れたお薬になります。しかし2000年代ではNSAIDsは30種類以上のお薬が発売され、解熱鎮痛薬としての活躍の場は失われつつあります。

アスピリンにあって他のNSAIDsにない特徴として、血をサラサラに固まりづらくさせる抗血小板作用があります。現在はこの抗血小板作用を期待して、川崎病などを中心に処方されることが多いです。

ここでは、アスピリンの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。