アンヒバ坐薬の効果と副作用

2016.12.20 アセトアミノフェン座薬

アンヒバ坐薬は、1980年にマイランECD製薬会社より発売されたアセトアミノフェン系解熱鎮痛剤の座薬です。ロキソニンなどのNSAIDsとは別の作用機序になります。

安全性が高い解熱鎮痛薬として、内服ができない小児を中心に処方されています。また、内服ができない高齢者にも使用することがあります。

注意が必要なのは、アンヒバ坐薬などの解熱・鎮痛薬は症状を一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないということです。

安全性が高いし便利だろうということで安易にアンヒバ坐薬に頼っていると、思わぬ重篤な病気が隠れている可能性もあります。

ここでは、アンヒバ坐薬の効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。


アルピニー坐薬の効果と副作用

2016.12.16 アセトアミノフェン座薬

アルピニー坐薬は、1980年に三和化学研究所より発売されたアセトアミノフェン系解熱鎮痛剤の座薬です。ロキソニンなどのNSAIDsとは別の作用機序になります。

安全性が高い解熱鎮痛薬として、内服ができない小児を中心に処方されています。また、内服ができない高齢者にも使用することがあります。

注意が必要なのは、アルピニー坐薬などの解熱・鎮痛薬は症状を一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないということです。

安全性が高いし便利だろうということで安易にアルピニー坐薬に頼っていると、思わぬ重篤な病気が隠れている可能性もあります。

ここでは、アルピニー坐薬の効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。