レンドルミン錠0.25mgの薬価と実際の使い方

アイコン 2015.8.17 レンドルミン

レンドルミンは使い勝手がよく、広く処方されている睡眠薬のひとつです。入眠障害で悩んでいる方だけでなく、中途覚醒にも効果が期待できます。

レンドルミンの錠剤としては0.25mgの規格しか発売されていません。ジェネリックのみ0.125mg錠が発売されています。まずは0.25mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、レンドルミン錠0.25mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

レンドルミンの効果について詳しく知りたい方は、
レンドルミンの効果と強さ
をお読みください。

 

1.レンドルミン錠0.25mgはどうやって使うのか?

レンドルミンは0.25mgから始めます。効果をみて0.5mgまで使用することができます。

レンドルミンの特徴は、睡眠時間をカバーしてくれるように作用することです。15~30分で眠りにつかせてくれて、作用時間は6~7時間といったところでしょうか。レンドルミンの血中濃度は1.5時間でピークになり、およそ7時間で半分になります。レンドルミンにはこのような特徴があるので、寝つきが悪くて悩んでいる方にだけでなく、途中で目が覚めてしまう方にも効果が期待できます。

添付文章では、レンドルミン0.25mgから使うことが勧められています。この量から始めることが多いでしょうか。治療を急がなくてもよいならば0.125mgから開始します。その場合はジェネリックの0.125mg錠を使うか、レンドルミン錠を半分に割って使います。レンドルミンには割線が入っているので、薬局に頼んだら割ってくれます。

レンドルミンは即効性があるお薬なので、使ってみて効くかどうかの判断はすぐにできます。もしも不眠が十分に改善できなければ、0.5mgまで増量できます。添付文章では麻酔前にのみ0.5mgと記載されていますが、実際には不眠症でも使うことができます。それ以上は増量しても効果は少ないので使うことができません。睡眠薬が効かないからといってたくさん飲んでも、効果には限界があります。

レンドルミン0.5mgでも効果がないときは、薬の変更や作用の異なる睡眠薬の併用を考えていきます。

 

2.レンドルミン錠0.25mgとブロチゾラム錠0.25mgの薬価の違い

レンドルミン錠0.25mgとジェネリックのブロチゾラム錠0.25mgを比較すると、薬価は3割ほどとなっています。

ジェネリックになると安くなると言われていますね。発売当初は6割くらいになることが多いのですが、レンドルミンの場合はさらに安価で3~4割ほどとなっています。ジェネリックが発売されてから年月がたち、製薬会社の競争の結果としてここまで薬価が落ちました。実際の数字でみてみましょう。

<先発品>

商品名 剤形 薬価
レンドルミン錠 0.25mg 26.4円
レンドルミンD錠 0.25mg 26.4円

<ジェネリック(後発品)>

商品名 剤形 薬価
ブロチゾラム錠 0.125mg 5.6円
ブロチゾラム錠 0.25mg 8.5円
ブロチゾラムOD錠 0.25mg 8.5円
ブロチゾラムM錠 0.25mg 10.7円
グッドミン錠 0.25mg 10.7円
ソレントミン錠 0.25mg 8.5円
ノクスタール錠 0.25mg 10.7円
ブロメトン錠 0.25mg 10.7円

 

レンドルミンのジェネリックの薬価は、商品によって少しだけ異なっています。先発品でもジェネリックでも、普通の錠剤とOD錠(口腔内崩壊錠)で薬価は同じです。M錠(湿製錠:水で崩れやすい錠剤)ではジェネリックの高い方と同じ薬価になっていますね。

ジェネリックにしかないものが、0.125mg錠です。かつてはブロゾーム錠として発売されていて、2013年からブロチゾラム「NP」錠として名称変更されています。細かく用量を変えることができますので、私はよく使っています。

※2015年8月16日現在の薬価です。

 

3.レンドルミンは漫然と使わないこと!

レンドルミンは段階的に量を増やしていき、落ち着いたら段階的に減量していく意識を持ちましょう。そのためにも生活習慣の意識が大切です。

レンドルミンは安全性が高く、依存性も少ない睡眠薬です。そうはいっても長期間にわたって使っていると、依存が形成されてしまうこともあります。ですから、漫然とした使用は避けなければいけません。

レンドルミンを使う時は、睡眠に良い生活習慣も必ず意識して取り入れるようにしましょう。その上で、できるだけ頓服でレンドルミンを使うようにします。連用しなければ依存は形成されにくくなります。アルコールをイメージしていただくと分かりやすいと思いますが、休肝日をちゃんと作っていればアル中になったりしないですよね。これと同じです。

レンドルミンを使っていくステップは、

①ベッドに入って眠れない時だけ頓服で使う
②レンドルミン0.125mgは常用して、眠れない時だけ頓服を追加
③レンドルミン0.25mgを常用して、眠れない時だけ頓服を追加
④レンドルミン0.5mgを常用

です。心身の状態によって、早く睡眠の改善をした方がよいときは②~③から始めていきます。

 

また、心身の状態が落ち着いてきたら、少しずつ睡眠薬を減薬していく意識を持つことが大切です。そのためにも、生活習慣の意識などをしておくことも大切なのです。

睡眠に良い生活習慣について詳しく知りたい方は、
不眠を解消する9つの方法
をお読みください。

 

まとめ

レンドルミンは0.25mgから始めます。効果をみて0.5mgまで使用することができます。

レンドルミン錠0.25mgとジェネリックのブロチゾラム錠0.25mgを比較すると、薬価は3割ほどとなっています。

段階的に量を増やしていき、落ち着いたら段階的に減量していく意識を持ちましょう。そのためにも生活習慣の意識が大切です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク