ソランタール錠(チアラミド塩酸塩)の効果と特徴

アイコン 2016.10.29 ソランタール
Pocket
LINEで送る

ソランタール(一般名:チアラミド塩酸塩)は、1975年にアステラス製薬会社から発売された解熱鎮痛薬です。

ソランタールは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイド)の中の「塩基性」に含まれます。ソランタールの特徴は、NSAIDsの中では効果は最も弱いですが、安全性が高いお薬であることです。

解熱・鎮痛薬は症状を一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないということです。特に高齢者の方などは元々症状が出づらいため、強力なお薬を使うと重篤な病気を見逃す可能性があります。

そのため、ソランタールのように効果が弱いお薬がすべてダメなわけではありません。

ここでは、ソランタールの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。

 

1.ソランタールのメリット・デメリット

<メリット>

<デメリット>

ソランタールが属するNSAIDsとは、ステロイド作用を持たない炎症を抑えるお薬の事です。ステロイドは熱や痛みの原因となる炎症や免疫を抑えますが、それ以外にも様々な作用を与えてしまいます。ステロイドについて詳しく知りたい方は、「プレドニンの効果と特徴」について一読してみてください。

ソランタールは、アラキドン酸カスケードをブロックすることで炎症を抑え、その効果を発揮します。炎症が抑えられると痛みを抑えるだけではなく、熱を下げる効果も期待できます。

NSAIDSは現在、20~30種類以上発売されています。NSAIDsの中でソランタールの解熱鎮痛作用は最も弱いといわれています。

しかしソランタールなどのNSAIDsは、病気を治しているわけではありません。一時的に症状を緩和しているに過ぎません。症状を緩和するというのは、警報機をオフにするようなものです。私たちの体は、重篤なことが起これば、強い痛みや熱を発して私たちの体に何かあったことを教えてくれます。

そのため、解熱鎮痛作用が強ければ強いほど一概に良いとは限りません。特に高齢者や小児の方は免疫力も成人に比べると弱いため、効果が強いNSAIDsを飲んで警報機をオフにすることはお勧めできません。

ソランタールなどのNSAIDsを処方する注意点として、胃の粘膜を荒らす特徴があります。ソランタールは効果が弱い分、副作用も弱いですが、油断はできないので注意しましょう。

またソランタールは唯一妊婦の方に禁忌ではないNSAIDsです。通常妊娠後期の方はNSAIDsは禁忌となっているのですが、ソランタールは添付文章でも、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与可能となっています。(お薬では、たいてい記載されている文言です)

またソランタールは安全性の高いお薬のため、小児にも使用されています。このようにソランタールは効果が弱い分、副作用も少ない安全性の高い薬といえます。

 

2.ソランタールの適応と投与量は?

ソランタールは、鎮痛剤や解熱剤として多くの病気に適応があります。また小児に対しても適応があります。

ソランタールは内服薬としては、

の2種類が発売されています。ソランタールは錠剤のみしかないため、注意が必要です。適応ですが、

  1. 各科領域の手術後並びに外傷後の鎮痛・消炎
  2. 関節炎、腰痛症、頸肩腕症候群、骨盤内炎症、軟産道損傷、乳房うっ積、帯状疱疹、多形滲出性紅斑、膀胱炎、副睾丸炎、前眼部炎症、智歯周囲炎の鎮痛・炎症
  3. 抜歯後の鎮痛・消炎
  4. 急性上気道炎

に対して適応があります。ソランタールは効果がマイルドなため、術後のような侵襲性が強いものに対しての痛み止めとしては向かないかと思います。

どちらかと言えば、原因がはっきりしないけど痛みは取りたいなどの時に、マイルドな効果を発揮するソランタールでまず様子をみるという形が良いでしょう。

投与量ですが、成人には1回ソランタール100mg1錠を、1日3回服用します。

また定期的ではなく頓服として使用する場合は、1回ソランタール100mg1錠を頓用します。ただし、1回量は300mg(3錠)までとされています。

ソランタールは、最高血中濃度に達するのが約1時間です。NSAIDsの中では平均的な速度と言えます。またソランタールは、内服してから24時間後には90%が排出されるため、蓄積が少ないお薬です。

 

3.ソランタールの薬価は?

ソランタールはジェネリック医薬品はまだ発売されていません。

次にソランタールの薬価です。

  剤型 薬価 3割負担
ソランタール 100mg 12.1円 3.6円
ソランタール 50mg 9.6円 2.8円

※2016年10月16日時点での薬価です。

となっています。ソランタールは効果がマイルドのため、そこまで処方数も多くありません。またソランタール自体が非常に安いことも、ジェネリック医薬品が発売されないことの要因となっています。

 

.ソランタールが向いてる人は?

<向いてる人>

NSAIDsは現在、20~30種類以上登場しています。ソランタール自体の薬の特徴としては、NSAIDsの中でも最も効果が弱い分、副作用も少なく安全な点です。

痛みや発熱を取りたくて病院を受診されてくるのに、効果が最も弱いソランタールを処方されて不満に思う方はいるかもしれません。

しかしソランタール含めてNSAIDsは、症状の原因を治すことは一切しません。逆に効果が強いお薬で様子をみていたら手遅れになってしまった症例を、医師は数多くみています。

そのため病状が一気に進行することが予想される症例には、マイルドな解熱鎮痛効果のソランタールの方が向いていると思います。病状が急速に進行しやすいのは、免疫力が弱い高齢者や小児の方です。ただしソランタールは錠剤しかないため、注意が必要です。

また、ソランタールが処方しやすい症例が妊婦の方です。通常NSAIDsを妊娠後期に処方すると、動脈管を閉じる作用があるため赤ちゃんに影響を与えてしまうことから禁忌になっています。しかしソランタールは効果がマイルドなため、動脈管に与える影響もほとんどないと考えられています。

そのため妊婦に対して、NSAIDsの中で唯一禁忌でないのがソランタールです。ただし副作用がマイルドなソランタールとはいえ、安全性が確立されているわけではありません。そのため妊婦の方でも、本当に症状が辛い時のみ使用するようにしましょう。

 

5.ソランタールの作用機序は?

ソランタールは、プロスタグランジンを産生するアラキドン酸カスケードのCOXを阻害して痛みや発熱を抑えます。

痛み、すなわち疼痛は、人それぞれです。一般的に、

  1. 侵害受容性疼痛
  2. 神経障害性疼痛
  3. 心因性疼痛

に分けられますが、人によっては混在するケースもあります。それぞれの内容ですが、

①侵害受容体性疼痛は、痛みを感じる神経が刺激しておこる痛みです。

など必ず原因があります。その原因を脳に知らせるために神経が刺激されて感じる痛みです。

②神経障害性疼痛は、神経そのものが損傷された時の痛みです。じりじりと痺れるなどの特徴的な痛みが多いです。帯状疱疹など神経がウィルスにやられる場合や、手術で神経を傷つけた時に起こります。

③心因性疼痛は、気持ちからくる疼痛です。体は問題ないのにストレスなどから痛いと感じる疼痛です。

ソランタールは主に、①の侵害受容性疼痛に使われます。

一般的にソランタールを含むNSAIDsは鎮痛作用だけでなく、抗炎症・解熱作用を有しますが、とくにソランタールは鎮痛作用が強いのです。その作用機序を説明します。

侵害受容性疼痛には、過剰なプロスタグランジン(以下、PG)が関係しています。ソランタールを含むNSAIDsは、PGを生産する経路であるアラキドン酸カスケードをブロックすることでその効果を発揮します。その作用点は、シクロオキシゲナーゼ(以下COX)です。

COXには、2つあることが分かっています。

この作用機序は、NSAIDsの共通の作用です。ただし中には、COX-2のみ選択して阻害するNSAIDsもあります。ソランタールはCOX-1も一緒に阻害してしまうため、胃腸障害が出現します。

 

まとめ

<メリット>

<デメリット>

<向いてる人>