ポンタール錠・散(メフェム酸)の効果と特徴

アイコン 2016.10.18 ポンタール
Pocket
LINEで送る

ポンタール(一般名:メフェム酸)は、1966年に第一三共で発売された解熱鎮痛薬です。

ポンタールは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイド)の中の「アントラニル酸系」に含まれます。ポンタールの特徴は、粉薬やシロップなどと剤型が豊富で、小児にも使用しやすいお薬という点です。

ただし注意が必要なのは、解熱・鎮痛薬は症状をあくまで一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないということです。

ここでは、ポンタールの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。

 

1.ポンタールのメリット・デメリット

<メリット>

<デメリット>

ポンタールが属するNSAIDsとは、ステロイド作用を持たない炎症を抑えるお薬の事です。ステロイドは熱や痛みの原因となる炎症や免疫を抑えますが、それ以外にも様々な作用を与えてしまいます。ステロイドについて詳しく知りたい方は、「プレドニンの効果と特徴」について一読してみてください。

ポンタールは、アラキドン酸カスケードをブロックすることで炎症を抑え、その効果を発揮します。炎症が抑えられると痛みを抑えるだけではなく、熱を下げる効果も期待できます。

NSAIDSは現在、20~30種類以上発売されています。NSAIDsの中でポンタールの解熱鎮痛作用はやや強め程度です。そのためポンタールは、解熱鎮痛作用が特別強いわけではありません。

ポンタールの特徴としては、剤型が豊富で小児でも使える点があります。ポンタールはカプセル・錠剤・散剤・細粒の他、シロップが使えます。小児も使える年齢に制限がありません。ポンタールシロップの添付文章では、

新生児には極度の体温上昇などやむを得ない場合にのみ 投与すること

と記載されています。他のNSAIDsの添付文章では、「新生児には安全性が確立されていない」の記載でとどまっております。つまり「やむを得ない」という条件付きですが、新生児への投与を添付文章が認めているお薬になるわけです。

ただしポンタールなどのNSAIDsは、病気を治しているわけではないということを念頭においてください。そのためポンタールを飲んで熱が下がっても一時的なことが多いです。

ポンタールを処方する注意点として、胃の粘膜を荒らす特徴があります。胃潰瘍や十二指腸潰瘍でお腹が痛い人にポンタールを処方すると、むしろ逆効果になるため注意が必要です。さらに妊娠中もポンタールはお腹の赤ちゃんに影響を与えるため、禁忌となっています。

そして小児で使用する時最も気を付けなければいけないのが、インフルエンザです。インフルエンザにポンタールを使用すると、インフルエンザ脳症になる可能性があります。

インフルエンザ流行時期の発熱ではインフルエンザを完全否定するのはほぼ不可能なため、インフルエンザ流行時期にポンタールは使用しないようにしましょう。

ポンタールは熱や痛みを抑えるといった効果の反面、すべての人に使えるわけではないので注意が必要です。

 

2.ポンタールの適応と投与量は?

ポンタールは、鎮痛剤や解熱剤として多くの病気に適応があります。また小児に対しても適応があります。

ポンタールは内服薬としては、

の5種類が発売されています。新生児含めて小児にも適応があるため、剤型としては

と非常に豊富です。適応ですが、

  1. 手術後及び外傷後の炎症及び腫脹の緩解
  2. 変形性関節症、腰痛症、症候性神経痛、頭痛(他剤が無効な場合)、副鼻腔炎、月経痛、分娩後疼痛、歯痛疾患の消炎、鎮痛、解熱
  3. 急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)の発熱

に対して適応があります。基本的に痛い時、熱がある時に適応があると考えて良いと思います。

投与量ですが、通常成人1回ポンタール500mg(ポンタール錠として2錠)、その後6時間毎に1回250mg(ポンタール錠として1錠)になります。

頓服としては、1回ポンタールを500mgとして、原則1日2回(1日最大1500mg(ポンタール錠として6錠)を限度とします。

なお小児に使用する場合の投与量は、メフェナム酸として体重検査して用います。6.5mg/kgを標準用量となっていますが、医師に体重をいえば計算してもらえます。例えばシロップですと小児1回0.2mL/kgですので、お子さんの体重が20Kgの場合、4mL投与することになります。

またポンタールは、空腹時に内服すること避けてください。ポンタールの効果は食事の影響はないとされていますが、副作用を防ぐため、食後に飲むようにするとよいでしょう。

頓服で飲むときでも、牛乳を飲んだりクッキーを先に食べておき、胃壁を守るようにしましょう。また、水なしで服用してはいけません。きちんと胃に落とし込むために、コップ1杯の水とともに内服するようにしてください。

ポンタールは、最高血中濃度に達するのが2時間後です。そのため、ポンタールを飲んでからすぐ効果を発現するわけではありません。ポンタールは内服してから48時間後に75%が尿にて排出されます。そのため、比較的持続時間は長いお薬です。

 

3.ポンタールの薬価は?

ポンタールは古いお薬のため、ジェネリック医薬品が発売されています。

次にポンタールの薬価です。まず先発品のポンタールの薬価ですが、

  剤型 薬価 3割負担
ポンタール 錠剤 9.0円 2.7円
ポンタール カプセル 9.0円 2.7円
ポンタール 15.2円 4.6円
ポンタール 細粒 24.9円 7.4円
ポンタール シロップ 6.4円/ml 1.9円/ml

※2016年10月6日時点での薬価です。

となっています。さらにポンタールは昔からあるお薬のため、ジェネリック医薬品も発売されています。

  剤型 薬価 3割負担
マイカサール カプセル 5.4円 1.6円
ノイリトール カプセル 5.4円 1.6円

※2016年10月6日時点での薬価です。

ジェネリックは、先発品の6割程度の値段となっており、剤形はカプセルのみとなっています。

 

.ポンタールが向いてる人は?

<向いてる人>

NSAIDsは現在、20~30種類以上登場しています。ポンタール自体の薬の特徴としては、持続時間が長く効果もやや強め程度です。そのため、この疾患に特別効くといったことはポンタールはありません。

ポンタールが最も使いやすいのが小児の方です。NSAIDsの中でも小児適応のお薬は多くありますが、5歳以上や2歳以上などの制限がかかることが多いです。

ポンタールは、新生児含めて使用に制限がありません。ただし注意が必要なのは、ポンタールは病気を治すお薬ではありません。痛みや熱が原因となる物質を一時的に邪魔して感じづらくするお薬です。そのため、ポンタールは必要最小限で使っていく必要があります。

重症な病気であった場合、一時的に症状をよくして病気を隠してしまうこともあります。病気によっては命に関わりますし、重症であると後遺症が残ることもあります。そのためポンタールとうまく付き合うために、

  1. 痛みや熱の原因が診断されている。もしくは推察できる。
  2. 痛みや熱がポンタールで様子見ていていたら徐々に良くなっている。

の両方が当てはまる人は、ポンタールは良い適応だと思います。反対に原因がよくわからないけど熱が出ているから使ってみようというのは、かなりリスクが高いです。

特に、インフルエンザ流行時期の発熱は非常に危険です。インフルエンザにポンタールを使用すると、インフルエンザ脳症になるリスクがあるからです。特に成人よりも小児の方がインフルエンザ脳炎のリスクがあります。

詳しく知りたい方は「インフルエンザと風邪の違いと注意すべき合併症」を一読してみてください。

このようにポンタールは便利なお薬な分、使用場面を間違えると大変なことになるので注意が必要です。

 

5.ポンタールの作用機序は?

ポンタールは、プロスタグランジンを産生するアラキドン酸カスケードのCOXを阻害して痛みや発熱を抑えます。

痛み、すなわち疼痛は、人それぞれです。一般的に、

  1. 侵害受容性疼痛
  2. 神経障害性疼痛
  3. 心因性疼痛

に分けられますが、人によっては混在するケースもあります。それぞれの内容ですが、

①侵害受容体性疼痛は、痛みを感じる神経が刺激しておこる痛みです。

など必ず原因があります。その原因を脳に知らせるために神経が刺激されて感じる痛みです。

②神経障害性疼痛は、神経そのものが損傷された時の痛みです。じりじりと痺れるなどの特徴的な痛みが多いです。帯状疱疹など神経がウィルスにやられる場合や、手術で神経を傷つけた時に起こります。

③心因性疼痛は、気持ちからくる疼痛です。体は問題ないのにストレスなどから痛いと感じる疼痛です。

ポンタールは主に、①の侵害受容性疼痛に使われます。

一般的にポンタールを含むNSAIDsは鎮痛作用だけでなく、抗炎症・解熱作用を有しますが、とくにポンタールは鎮痛作用が強いのです。その作用機序を説明します。

侵害受容性疼痛には、過剰なプロスタグランジン(以下、PG)が関係しています。ポンタールを含むNSAIDsは、PGを生産する経路であるアラキドン酸カスケードをブロックすることでその効果を発揮します。その作用点は、シクロオキシゲナーゼ(以下COX)です。

COXには、2つあることが分かっています。

この作用機序は、NSAIDsの共通の作用です。ただし中には、COX-2のみ選択して阻害するNSAIDsもあります。ポンタールはCOX-1も一緒に阻害してしまうため、胃腸障害が出現します。

 

まとめ

<メリット>

<デメリット>

<向いてる人>