ロルカム錠(ロルノキシカム)の効果と特徴

アイコン 2016.10.25 ロルカム
Pocket
LINEで送る

ロルカム(一般名:ロルノキシカム)は、2001年に大正富山で発売された解熱鎮痛薬です。

ロルカムは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイド)の中の「オキシカム系」に含まれます。ロルカムの特徴は、NSAIDsの中でも即効性があるうえに効果も最強クラスという点です。

ただし注意が必要なのは、解熱・鎮痛薬は症状を一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないということです。またロルカムは効果が強い分、副作用も強くなるという点があります。

ここでは、ロルカムの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。

 

1.ロルカムのメリット・デメリット

<メリット>

<デメリット>

ロルカムが属するNSAIDsとは、ステロイド作用を持たない炎症を抑えるお薬の事です。ステロイドは熱や痛みの原因となる炎症や免疫を抑えますが、それ以外にも様々な作用を与えてしまいます。ステロイドについて詳しく知りたい方は、「プレドニンの効果と特徴」について一読してみてください。

ロルカムは、アラキドン酸カスケードをブロックすることで炎症を抑え、その効果を発揮します。炎症が抑えられると痛みを抑えるだけではなく、熱を下げる効果も期待できます。

NSAIDSは現在、20~30種類以上発売されています。NSAIDsの中でロルカムの解熱鎮痛作用は、最強クラスです。また即効性もあるため、痛み止めという点においては非常に優秀な薬だと思います。

ただしロルカムなどのNSAIDsは、病気を治しているわけではないということを念頭においてください。そのためロルカムを飲んで熱が下がっても一時的なことが多いです。

ロルカムを処方する注意点として、胃の粘膜を荒らす特徴があります。特にロルカムは効果が強い分、副作用も強いです。実際にNSAIDsでよく使われるロキソニンと比較しても、副作用は3倍近く出現しやすいです。そのため、胃潰瘍や十二指腸潰瘍でお腹が痛い人にロルカムを処方すると、むしろ逆効果になるため注意が必要です。

さらに妊娠中もロルカムはお腹の赤ちゃんに影響を与えるため、禁忌となっています。そしてロルカムは強力な薬のため、小児では使用できません。

ロルカムは熱や痛みを抑えるといった効果の反面、すべての人に使えるわけではないので注意が必要です。

 

2.ロルカムの適応と投与量は?

ロルカムは、鎮痛剤や解熱剤として多くの病気に適応があります。また小児に対しても適応があります。

ロルカムは内服薬としては、

の2種類が発売されています。ロルカムは錠剤のみしかないため注意が必要です。適応ですが、

  1. 関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、頸肩腕症候群、肩関節周囲炎
  2. 手術後、外傷後及び抜歯後の消炎・鎮痛

に対して適応があります。ロルカムは効果が強いお薬ですが、病気を治すお薬ではありません。そのため診断がしっかりつけられた病気に対してのみ飲むことが推奨されています。

投与量ですが、通常成人にはロルカム1回4mgを1日3回食後に経口投与します。なお、年齢や症状により適宜増減しますが、1日18mgを限度とすることが目安です。

また定期的ではなく、手術後の疼痛などの頓服として使用する場合は、1回ロルカム8mg(4mg2錠)を頓用します。ただし、1回量は8mgまで、1日量は24mgまで、投与期間は3日までを限度とします。

ロルカムは、空腹時に内服すること避けてください。ロルカムの効果には食事の影響はないとされていますが、副作用を防ぐため、食後に飲むようにするとよいでしょう。

頓服で飲むときでも、牛乳を飲んだりクッキーを先に食べておき、胃壁を守るようにしましょう。また、水なしで服用してはいけません。きちんと胃に落とし込むために、コップ1杯の水とともに内服するようにしてください。

ロルカムは、最高血中濃度に達するのが約30分です。NSAIDsは1時間~2時間で最高血中濃度に達するのが多いことを踏まえると、ロルカムは非常に早く効果がでます。ロルカムは内服してから2.5時間後に半減期を迎えることから、キレの良いお薬ともいえます。

 

3.ロルカムの薬価は?

ロルカムは比較的新しいお薬のため、ジェネリック医薬品はまだ発売されていません。

次にロルカムの薬価です。ロルカムは新しいお薬であり、ジェネリック医薬品はまだ登場していません。ロルカムの薬価ですが、

  剤型 薬価 3割負担
ロルカム 2mg 14.9円 4.5円
ロルカム 4mg 20.8円 6.2円

※2016年10月16日時点での薬価です。

となっています。ロルカム自体が非常に安いことも、ジェネリック医薬品が発売されないことの要因となっています。

 

.ロルカムが向いてる人は?

<向いてる人>

NSAIDsは現在、20~30種類以上登場しています。ロルカム自体の薬の特徴としては、効果も強く、即効性もあるお薬です。これだけ読めば、NSAIDsの中でもロルカムを選択したくなる人は多いかもしれません。

しかし大切なことは、ロルカムは効果が強いかわりに副作用も強いお薬です。そしてロルカム自体が病気を治すわけではなく、悪くいってしまうと、症状を一時的に誤魔化すお薬です。

そのため重症な病気であった場合、一時的に症状をよくして病気を隠してしまうこともあります。病気によっては命に関わりますし、重症であると後遺症が残ることもあります。そのためロルカムとうまく付き合うために、

  1. 痛みや熱の原因が診断されている。もしくは推察できる。
  2. 痛みや熱がロルカムで様子見ていていたら徐々に良くなっている。

の両方が当てはまる人は、ロルカムは良い適応だと思います。反対に原因がよくわからないけど熱が出ているから使ってみようというのは、かなりリスクが高いです。

これらを踏まえて向いてる方は、一つ目は関節リウマチです。関節リウマチは、関節などを中心に炎症が起きる自己免疫疾患です。つまり、自分の細胞が自分自身を攻撃してしまって起こる病気です。重篤な方は骨が破壊されて変形してしまうほどの病気です。

基本的には、炎症を抑えるステロイドや抗リウマチ薬を使用するのですが、これらは疼痛効果は弱いです。そのため、炎症が抑えられるまでロルカムなどの強力なお薬で対応することがあります。

また、術後の疼痛も良い適応です。一般的には、手術後から疼痛は徐々に良くなってくるため、術後3日間をロルカムで抑えるというのは良いことだと思います。

ロルカムの添付文章の適応疾患には腰痛症や関節症などが含まれていますが、痛みが強い時に一時的に飲むのなら良いですが、長期間ロルカムに頼ると副作用の出現頻度が高くなるため注意が必要です。

このようにロルカムは、

の2点にばかり注目が行きますが、医師からすると、

となるお薬です。安易に「痛みが強いから、とりあえずロルカムで様子をみてみよう」なんてことがないように注意しましょう。

 

5.ロルカムの作用機序は?

ロルカムは、プロスタグランジンを産生するアラキドン酸カスケードのCOXを阻害して痛みや発熱を抑えます。

痛み、すなわち疼痛は、人それぞれです。一般的に、

  1. 侵害受容性疼痛
  2. 神経障害性疼痛
  3. 心因性疼痛

に分けられますが、人によっては混在するケースもあります。それぞれの内容ですが、

①侵害受容体性疼痛は、痛みを感じる神経が刺激しておこる痛みです。

など必ず原因があります。その原因を脳に知らせるために神経が刺激されて感じる痛みです。

②神経障害性疼痛は、神経そのものが損傷された時の痛みです。じりじりと痺れるなどの特徴的な痛みが多いです。帯状疱疹など神経がウィルスにやられる場合や、手術で神経を傷つけた時に起こります。

③心因性疼痛は、気持ちからくる疼痛です。体は問題ないのにストレスなどから痛いと感じる疼痛です。

ロルカムは主に、①の侵害受容性疼痛に使われます。

一般的にロルカムを含むNSAIDsは鎮痛作用だけでなく、抗炎症・解熱作用を有しますが、とくにロルカムは鎮痛作用が強いのです。その作用機序を説明します。

侵害受容性疼痛には、過剰なプロスタグランジン(以下、PG)が関係しています。ロルカムを含むNSAIDsは、PGを生産する経路であるアラキドン酸カスケードをブロックすることでその効果を発揮します。その作用点は、シクロオキシゲナーゼ(以下COX)です。

COXには、2つあることが分かっています。

この作用機序は、NSAIDsの共通の作用です。ただし中には、COX-2のみ選択して阻害するNSAIDsもあります。ロルカムはCOX-1も一緒に阻害してしまうため、胃腸障害が出現します。

 

まとめ

<メリット>

<デメリット>

<向いてる人>