ロラゼパムの眠気と5つの対策

アイコン 2015.9.14 ワイパックス

ロラゼパムは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬ワイパックスの一般名(成分名)であり、ジェネリック医薬品でもあります。

抗不安薬は不安や緊張を和らげる働きがありますが、眠気に繋がってしまうことがあります。ロラゼパムは抗不安作用が強いですが、そのぶん催眠作用も比較的強いお薬です。ですから、日常生活に影響しないように注意しなければいけません。

ここでは、ロラゼパムの眠気について詳しくお伝えし、その対策を考えていきたいと思います。

 

1.ロラゼパムで眠気があるのはなぜ?

ロラゼパムはGABAの働きを強めます。抗不安作用と同時に、催眠作用があります。

ロラゼパムの作用機序を理解すると、ロラゼパムで眠気が生じる理由も理解できます。

ロラゼパムはベンゾジアゼピン受容体に作用します。これによってGABAの働きを強めて脳の活動を抑えることで効果を発揮します。

「GABAってなんか聞いたことあるぞ?」って方もいらっしゃるかもしれません。リラックスする物質として、 GABA入りのチョコレートなどが流行っていましたね。GABAは脳の中での情報の受け渡しに関係していて、神経伝達物質とよばれます。リラックスすると 言われている通り、脳の神経細胞の活動を抑える作用があります。

ロラゼパムがベンゾジアゼピン受容体にくっつくと、GABAがGABA受容体にくっつきやすくなります。GABAが脳内で作用すると、脳の活動が抑えられて不安感や緊張感が和らぐのです。脳の活動が抑えられれば、眠気も当然出てきますね。

 

もう少し詳しくみると、ベンゾジアゼピン受容体にはω1とω2の2種類があります。ロラゼパムがω1受容体にくっつくと、催眠作用や抗けいれん作用が認められます。ω2受容体にくつくと、抗不安作用と筋弛緩作用があります。

このためロラゼパムでは、脳の活動を抑えることで4つの作用があります。

ベンゾジアゼピン系の薬によって、4つの作用のバランスが異なります。抗不安作用が強いものは、ロラゼパムのような抗不安薬に分類されます。催眠作用が強いものは、睡眠薬に分類されるのです。

 

ロラゼパムのその他の副作用について知りたい方は、
ロラゼパムの副作用(対策と比較)
をお読みください。

 

2.ロラゼパムと他の抗不安薬の比較

ロラゼパムの眠気は中程度です。

代表的な抗不安薬の効果や作用時間について比較した一覧表です。

ロラゼパムの眠気は、他の抗不安薬と比較すると中程度になります。それでも、ロラゼパムの承認時と市販後調査を合計すると、眠気の副作用は6.9%の方に認められています。眠気はよく認められる副作用なので注意しましょう。

眠気が強い抗不安薬としては、デパス・セルシン/ホリゾン・リボトリール/ランドセンなどがあげられます。不安が強くて眠れない時は、これらの薬が睡眠薬がわりに使われることもあります。

反対に眠気が少ない抗不安薬としては、リーゼ・セパゾン・メイラックスなどがあげられます。眠気がどうしても改善できない時は、これらの薬に切り替えます。

 

上図では、よく使われる抗不安薬だけをまとめました。ここにないお薬は、下図をご覧ください。

あまり使われていない抗不安薬の効果(抗不安・催眠・筋弛緩・抗痙攣)を比較しました。

 

3.薬だけでない眠気が起きる理由

薬以外の眠気の原因としては、精神症状・不十分な睡眠・生活リズムの乱れ・女性ホルモンが考えられます。

眠気がでてくる原因は薬以外にも4つほど考える必要があります。

薬によって変化が明らかでしたら、薬が原因といえます。ですがそれ以外のことが原因となることもあるので、注意が必要です。

精神症状で眠気や倦怠感がでてくる場合もあります。症状としての眠気の場合は、これまでの経緯や症状の変化などから総合的に判断していきます。症状として眠気や倦怠感が強くなる方は、何らかのきっかけがあることが多いです。このため、日常生活を過ごす中での変化を意識して確認していきます。

夜間の睡眠を十分にとれていなくて、日中に眠気が出てきている場合もあります。睡眠時間はとれていますか?朝に眠気はないですか?夜間にイビキなどはないですか?

また、生活リズムが崩れてしまっていることが原因のこともあります。体内時計のリズムが崩れると、睡眠時間は十分であっても睡眠の質が低下し、日中の眠気や倦怠感となることがあります。いわゆる時差ぼけは、この状態です。昼過ぎまで寝てしまって身体がだるい経験をされた方も多いと思います。起きる時間は大きくずれていませんか?

女性の場合は、女性ホルモンが自律神経に影響します。生理周期と関係して眠気が認められる場合や、女性ホルモンが減少していく更年期にあたる場合は、女性ホルモンの影響も考慮する必要があります。

 

4.眠気の対処法

それでは、眠気が見られたときにどのように対処すればよいのでしょうか?

まずは、睡眠がちゃんととれているのかを確認しましょう。睡眠時間が短ければ、眠気が出てきても仕方がないですね。睡眠不足になる心当たりがあるのでしたら、まずは睡眠状態から改善していきましょう。睡眠によい生活習慣に関しては、「不眠を解消する9つの方法」をお読みください。

 

4-1.様子をみる

生活に支障がでなければ、少しがまんしてみてください。

薬の副作用は、飲みはじめに強くなる傾向があります。ロラゼパムの眠気も、時間とともに慣れていく部分があります。

1~2週間ほど様子をみていくことで、眠気がおさまっていくことも多いです。日常生活に支障がない範囲でしたら少し様子をみてください。

 

4-2.薬を分割して飲む回数を増やす

薬を飲んで暫くすると眠気が強くなる方は試してみてください。

薬の服薬回数を増やすのも方法のひとつです。薬の副作用は、血中濃度のピークで一番強くでます。薬を分割して飲む回数を増やすと、血中濃度は安定します。すると眠気の副作用も軽減します。

この方法は、薬を飲んで暫くすると眠気が強くなる方には効果が期待できます。

 

4-3.服薬時間を変える

夕方や寝る前に服用するようにします。

ロラゼパムは血中濃度のピークが2時間というお薬です。いつも決まった時間帯に眠気が出てくる方では、飲み方を工夫すると眠気を軽減できることがあります。

ロラゼパムの半減期は12時間なので、丸1日たっても1/4は身体に残っています。ロラゼパムを常用している場合、夕方や寝る前に服用しても効果はある程度期待できます。夕方や就寝前などにロラゼパムを集中するのも方法です。

 

4-4.減量する

必ず主治医に相談してください。

ロラゼパムの効果がしっかりと出ているならば、少し減らして様子をみるのもひとつの方法です。薬を減らせばもちろん眠気は減りますが、効果も弱くなってしまいます。ですから、必ず主治医に相談してください。薬を減量しても大丈夫かどうかは、これまでの経過をみて判断しなくてはいけません。

眠気がとれて活動的になる方もいらっしゃいます。ですが、眠気がなくなった途端、不安が非常に強くなって調子を崩してしまう方もいらっしゃいます。

 

4-5.他の抗不安薬に変える

ソラナックス/コンスタン・セパゾン・リーゼなどへの変更を検討します。

ロラゼパムの眠気が強くて服薬が続けられない場合、他の抗不安薬に切り替えていきます。

ロラゼパムと作用時間が近く、催眠作用が同程度以下のお薬としては、ソラナックス/コンスタン・セパゾンなどがあげられます。効果は弱くなりますが、リーゼも眠気は少ないです。これらの抗不安薬に変更してみることも検討していきます。

 

まとめ

ロラゼパムはGABAの働きを強めます。抗不安作用と同時に、催眠作用があります。

ロラゼパムの眠気は中程度です。

薬以外の眠気の原因としては、精神症状・不十分な睡眠・生活リズムの乱れ・女性ホルモンが考えられます。

眠気の対処法としては、

などがあります。