リーゼ錠5mg・10mgの薬価と実際の使い方

アイコン 2015.9.18 リーゼ

リーゼは良くも悪くも効果の優しい抗不安薬で、軽度の不安感や緊張感のある方によく使われます。副作用や依存性が少ないために、安全性の高い抗不安薬です。

リーゼの錠剤としては、5mg・10mgの規格が発売されています。顆粒も発売されていますが、錠剤で使われていることがほとんどでしょう。リーゼは、頓服として使われることも常用薬として使われることもあります。ここでは、リーゼ錠5mg・10mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

リーゼの効果について詳しく知りたい方は、
安定剤リーゼ錠の効果と効能
をお読みください。

 

1.リーゼ錠5mg・10mgの使い分け

リーゼは頓服で使う場合と常用する場合があります。頓服としては5~10mg、常用薬としては10~30mgで使っていきます。

まずは、リーゼの使い方をみていきましょう。リーゼを使っていく時は、できるだけ少なく使っていくように意識していきます。リーゼの使い方には3つのパターンがあります。

①不安が強い時だけリーゼを頓服
②作用時間の長い抗不安薬+リーゼ頓服
②´リーゼを常用

 

できれば①のように、休肝日ならぬ「休薬日」が作れると理想的です。例えば、

こんな場合は、つらい時だけに服用する「頓服」で何とかなるかもしれません。頓服ですと、薬に依存することもありません。

 

不安やつらい時が多く1日中カバーする必要がある時は、もっとしっかりと抗不安薬をつかわなくてはいけません。この場合は、2つの方法から適切な方を選びます。

リーゼの効果では不十分と感じる時は、作用時間の長い抗不安薬を使っていきます。私 はメイラックスを使っていくことが多いです。作用時間が長いということは、身体から抜けていくのもゆっくりということを意味します。このため、離脱症状が 起こりにくいです。このような効きの長い抗不安薬でカバーして、不安が強まる時だけリーゼを頓服で使っていきます。

リーゼの効果がある程度期待できる時は、リーゼを常用していきます。リーゼは依存性が低いお薬なので、常用しても大きな問題はありません。リーゼを3回に分けて服用することで、薬が身体にたまってしっかりとした効果が期待できます。

 

頓服として使う時は、リーゼは5mgから使っていくことが多いです。5mgで効果が不十分でしたら、10mgに増量します。30mgまで使えるお薬ですが、頓服として使う量は1回10mgまでです。

10mg使う時は、5mg錠剤2つとすることも10mg錠剤1つとすることもあります。5mg錠剤にしておいた方が、不安の程度によって量をかえることができます。

リーゼを常用する場合は、10mg~30mgで使っていきます。1日2回~3回で使っていくことが多く、一番しっかりと使う方では10mg錠を3回(30mgまで)服用できます。

 

2.リーゼ錠とクロチアゼパム錠の違い(薬価)

リーゼ錠からジェネリックのクロチアゼパム錠にすると、7~8割ほどの薬価の違いとなります。ジェネリックにすることでの薬価のメリットはあまりありません。

ジェネリックになると安くなると言われていますね。リーゼは発売が古く、もともと安いお薬です。ですから、先発品とジェネリックではほとんど薬価がかわりません。実際に薬価を比較してみましょう。

<先発品>

商品名 剤形 薬価
リーゼ錠 5mg 6.9円
リーゼ錠 10mg 12.6円
リーゼ顆粒 10% 113.1円/g

<ジェネリック(後発品)>

商品名 剤形 薬価
クロチアゼパム錠 5mg 5.6円
クロチアゼパム錠 10mg 9.3円

 

リーゼは発売から時間がかなりたっています。先発品の薬価もかなり落ちており、ジェネリックのメリットはそこまでありません。リーゼ5mgをジェネリックにすると、8割ほどの薬価になります。リーゼ10mgをジェネリックにすると、7割強の薬価になります。あまり変わりませんね。

リーゼ錠でもクロチアゼパム錠でも、5mg錠2つよりも10mg錠1つの方が経済的です。また、後発品には顆粒のお薬は発売されていません。

 

※2015年9月18日現在の薬価です。

 

3.リーゼ錠とクロチアゼパム錠の違い(効果や副作用)

リーゼとクロチアゼパムには多少の血中濃度の変化に違いがあります。効果や副作用の出方が、多少異なる可能性はあります。

成分が同じだからといってまったく効果が同じかというと、そういうわけではありません。薬のコーティング、溶け方、吸収のされ方などは、製薬会社によって異なります。リーゼの後発品と認めてもらうためには、ちゃんと基準があります。ジェネリックのクロチアゼパムを服用してからの血中濃度の変化が、リーゼと比べて誤差80~125%の間にあることが条件なのです。

だいたいは同じような効き方をするのですが、血中濃度がピークになるまでの時間(最高血中濃度到達時間)や血中濃度が半分になるまでの時間(半減期)に違いが出てきます。即効性のある抗不安薬の場合は、作用時間のスピードが重要です。作用時間がかわることで、効果や副作用に違いがでることがあります。

 

リーゼは最高血中濃度到達時間が1時間、半減期が6時間のお薬です。製薬会社によって、この血中濃度の変化に微妙な違いが出てきてしまいます。

有効成分はまったく同じなので、効果や副作用の特徴に大きな違いがあるわけではありません。血中濃度の変化に違いがあるので、それに応じて効果の発現・作用時間・副作用の強さなどが多少異なってきます。リーゼは良くも悪くも効果が優しいお薬なので、この違いはそこまで大きくは出てこないことが多いです。

 

4.リーゼは漫然と使わないこと!

リーゼは段階的に量を増やしていき、落ち着いたら段階的に減量していく意識を持ちましょう。

リーゼは依存性が低く、安全性の高いお薬です。とはいっても、長期間にわたって使っていると依存が形成されてしまうこともあります。ですから、漫然とした使用は避けなければいけません。

リーゼを使う時は、できるだけ頓服で使うようにします。連用しなければ依存は形成されにくくなります。アルコールをイメージしていただくと分かりやすいと思いますが、休肝日をちゃんと作っていればアル中になったりしないですよね。これと同じです。

リーゼを使っていくパターンは以下の3つがありましたね。

①不安が強い時だけリーゼを頓服
②作用時間の長い抗不安薬+リーゼ頓服
②´リーゼを常用

必要な量を使うようにしましょう。そして、状態が落ち着いてきたら少しずつ減らしていくことが必要です。最終的には、「リーゼはお守り」となってくれれば理想的ですね。

 

リーゼの依存について詳しく知りたい方は、
リーゼの依存性と7つの対策
をお読みください。

 

まとめ

リーゼは頓服で使う場合と常用する場合があります。頓服としては5~10mg、常用薬としては10~30mgで使っていきます。

リーゼ錠からジェネリックのクロチアゼパム錠にすると、7~8割ほどの薬価の違いとなります。ジェネリックにすることでの薬価のメリットはあまりありません。

リーゼとクロチアゼパムには多少の血中濃度の変化に違いがあります。効果や副作用の出方が、多少異なる可能性はあります。

リーゼは段階的に量を増やしていき、落ち着いたら段階的に減量していく意識を持ちましょう。