ジェイゾロフトの妊娠への影響とは?

アイコン 2015.6.23 ジェイゾロフト

ジェイゾロフトは長期間にわたって服用するお薬ですので、女性の方は妊娠の心配をされる方も多いと思います。ジェイゾロフトを飲んでいて、予定外の妊娠が発覚して慌てている方もいらっしゃるかもしれません。

ジェイゾロフトは妊娠に影響がないでしょうか?
飲みながら妊娠しても大丈夫でしょうか?

ここでは、そんなジェイゾロフトの妊娠に対する疑問にお答えしていきたいと思います。

授乳に関して知りたい方は、
ジェイゾロフトの授乳への影響とは?
をお読みください。

 

1.ジェイゾロフトの妊娠への影響

奇形が増えるという報告はありません。出産後に赤ちゃんに影響がでることがあるので、産科の先生に服薬していることを必ず伝えましょう。

ジェイゾロフトの薬の説明書(添付文章・インタビューフォーム)をみてみると、「治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること」となっています。つまり、「絶対に安全とは言えないけど、大きな問題はないだろう」ということです。それでは、ジェイゾロフトは妊娠にどのような影響があるのでしょうか。

ジェイゾロフトは胎盤を通して、赤ちゃんに一部伝わってしまいます。ですが、ジェイゾロフトを服用することで、奇形が増えることはないと考えられています。ですから、妊娠中での胎児への影響は、ほとんどないと考えてもよいかと思います。

ジェイゾロフトが影響するのは、むしろ赤ちゃんが産まれた後です。妊娠の終わりにジェイゾロフトを服用していると、赤ちゃんが生まれてきてから離脱症状や中毒症状が起こることがあります。症状の程度に差がありますが、10~30%程度に認められると言われています。よく見られる症状としては、落ち着かない、すぐに泣く、ふるえ、筋肉が緩む、筋肉が硬くなる、呼吸困難になる、哺乳がうまくできないなどです。ですが、早めに見つけて症状を和らげる治療をおこなっていけば、問題ないことがほとんどです。後遺症が残るたぐいのものではないので、過度に心配する必要はありません。

 

大切なことは、ジェイゾロフトを内服していることを、ちゃんとお産をする病院で伝えてください。事前にしっておけば、離脱症状が起こるかもしれないと思って、赤ちゃんの状態を注意深く見守ることができます。また、症状がみられたときにすぐに原因がわかるので、早期治療につなげられます。

ジェイゾロフトを飲んでいる方は、計画的に妊娠を考えていただいた方がよいです。ですが、万が一薬を飲んでいる時に妊娠が発覚したとしても、過度に心配しなくて大丈夫です。胎児への影響はほとんどないと考えられますので、主治医と相談して、できる範囲で薬を減らしていくようにしましょう。漢方や心理療法などもうまく利用すると、薬を減らしていくこともできます。

 

2.抗うつ薬の妊娠への影響の比較

ジェイゾロフトは、抗うつ薬の中では比較的安全と考えられています。

抗うつ薬のほとんどは、「絶対に安全とは言えないけど、大きな問題はないだろう」と考えられています。もちろん薬は飲まないに越したことはないですが、お母さんが不安定になってしまったら赤ちゃんにもよくありません。ですから、無理をしてはいけません。抗うつ薬の妊娠への影響を比較してみましょう。

抗うつ薬の妊娠への影響を比較しました。FDAと山下分類で比較しています。

アメリカ食品医薬品局(FDA)が出している薬剤胎児危険度分類基準というものがあります。現在のところ、もっとも信頼性が高い基準となっています。この基準では、薬剤の胎児への危険度を「A・B・C・D・×」の5段階に分けられています。

A:ヒト対象試験で、危険性がみいだされない
B:ヒトでの危険性の証拠はない
C:危険性を否定することができない
D:危険性を示す確かな証拠がある
×:妊娠中は禁忌

妊娠での薬の危険性をまとめたものは、日本では公的なものがありません。薬の説明書(添付文章・インタビューフォーム)を参考にした山下の分類というものがあります。この分類では、「A・B・C・E・・E+・F・-」の8段階に分類しています。妊娠と授乳をひっくるめて分類しています。

A:投与禁止
B:投与禁止が望ましい
C:授乳禁止
E:有益性使用
:3か月以内と後期では有益性使用
E+:可能な限り単独使用
F:慎重使用
-:注意なし(≠絶対安全)

 

3.SSRIと妊娠

ジェイゾロフトは、SSRIの中でも比較的安全です。

SSRIの妊娠への影響を、FDA基準と山下分類で比較しました。

SSRIでは、大きな奇形がみられたという報告はなく、ほとんど影響がないといわれてきました。最近になって、パキシルでは心室中隔欠損という心臓奇形が増加する可能性が指摘されています。否定的な報告もあり、まだはっきりとわかっていませんが、アメリカのFDA基準では、安全性の基準をCからDと落としました。妊娠を考えていく時には、念のためパキシルは避けた方がよさそうです。

山下分類では、ルボックス/デプロメールでは避けた方がよいとしています。この薬は相互作用が強く、他の薬の成分の血中濃度を上げてしまいます。その結果、他の薬と合わせて使った時にリスクが高まってしまうため使わない方がよいといわれています。レクサプロも安全性は高いといわれていますが、母乳に移行しやすいです。このように授乳まで考えると、ジェイゾロフトはSSRIの中でも使いやすいです。

 

4.SNRI・NaSSA・その他の抗うつ薬と妊娠

どれもジェイゾロフトと同じ評価ですが、情報が十分でありません。ドグマチールは、女性には使いにくいです。

SNRI・NaSSAの妊娠への影響を、FDA基準と山下分類で比較しました。

新しい抗うつ薬であるSNRIやNaSSAでは、現在では情報が十分ではありません。今のところ、明らかな奇形などのリスクは指摘されていません。デジレル/レスリンでも、明らかなリスクの報告はされていません。

エビリファイやドグマチールは抗精神病薬に分類されるお薬です。抗精神病薬は、統合失調症で使われる薬ですが、この病気の患者さんは薬を中止することができない場合が多いです。このため、薬を使いながら妊娠出産をされた方の情報は抗うつ薬よりも多いです。どちらの薬も、奇形のリスクなどは報告されていないので、問題ないと考えられています。ただ、ドグマチールは生理不順になったりすることが多く、母乳へも薬が出ていきやすいので、妊娠出産を考える女性には使いにくいお薬です。

 

5.三環系・四環系抗うつ薬と妊娠

ジェイゾロフトよりも副作用も多く、妊娠中の安全性も劣ります。

三環系・四環系抗うつ薬の妊娠への影響を、FDA基準と山下分類で比較しました。

三環系抗うつ薬の中では、アモキサンは比較的安全と考えられていますが、それ以外はできれば避けた方がよいと思います。通常量での使用では問題ないとの報告が多いですので、過度に心配することはありません。ですが、三環系抗うつ薬を大量に使ったケースで、四肢奇形や顔面奇形などが報告されています。また、アナフラニールの大規模調査では、心血管奇形のリスクが高くなったという報告がありますので、特に注意が必要です。

四環系抗うつ薬では、今のところ奇形の報告はありませんが、そもそもの使用頻度が低いので、はっきりと安全性が高いとは断定できません。

 

6.妊娠への影響はどのように評価されるのか?

薬の情報が集まるにつれて、評価が少しずつ変わっていきます。

薬が妊娠に対してどれくらい悪影響があるのかは、正確にはわかっていません。というのは、倫理的に研究ができないからです。妊婦さんにリスクがあるお薬を飲んでもらって・・・なんてことはできませんよね。ですから、薬が胎盤を通して赤ちゃんにいってしまうのか?実際に薬を飲みながら妊娠出産をした人でどうだったか?などの情報から推測しています。胎盤を通して赤ちゃんへ薬が移行することが確認されていると、絶対に大丈夫とはいえなくなります。

薬が使われるにつれて、少しずつ情報が集まっていきます。薬の情報が集まるにつれて、少しずつ危険性がわかっていきます。ですから、妊娠への安全性に関しては、たいていの薬で評価がよくなることはありません。良くて横ばい、多くの薬で評価が悪くなってしまいます。

妊娠への薬の影響を詳しく知りたい方は、
妊娠への薬の影響とは?よくある6つの疑問
をお読みください。

 

まとめ

ジェイゾロフトを服用していて、奇形が増えるという報告はありません。出産後に赤ちゃんに影響がでることがあるので、産科の先生に服薬していることを必ず伝えましょう。

ジェイゾロフトは、抗うつ薬の中では比較的安全と考えられています。同じSSRIの中でも妊娠への影響は少ないと考えられています。

ただ、薬の情報が集まるにつれて、評価が少しずつ変わっていきます。