ジェイゾロフト錠の効果と特徴

アイコン 2016.11.7 ジェイゾロフト

ジェイゾロフトは、2006年に発売されたSSRIと呼ばれる抗うつ剤です。

SSRIとは選択的セロトニン再取り込み阻害薬のことで、セロトニンにしぼって増加させる働きのある抗うつ剤になります。日本では比較的新しいお薬ですが、イギリスで1990年から使われ始め、全世界に広まっていきました。

ジェイゾロフトは、抗うつ剤の中でも効果と安全性のバランスが非常によいと定評があり、2015年12月からジェネリックが発売されたこともあり、お財布にもやさしくなりました。

副作用が少ないため、心療内科や精神科だけでなく内科などでも処方されることがあります。うつ病だけでなく、さまざまな不安障害でも使われています。

ここでは、ジェイゾロフトの効果を中心に、他の抗うつ薬と比較しながらお伝えしていきたいと思います。

 

1.ジェイゾロフトのメリットとデメリット

はじめに、ジェイゾロフトの特徴をメリットとデメリットに分けてご紹介していきたいと思います。

 

1-1.ジェイゾロフトのメリット

ジェイゾロフトの特徴を簡単にいうと、「効果と副作用のバランスがよい抗うつ剤」です。

ジェイゾロフトよりも効果がしっかりしている抗うつ剤もあります。昔から使われている三環系抗うつ薬や新しい抗うつ薬であるNaSSA(リフレックス/レメロン)の方が、効果だけをみると強いです。

ですが効果が強いお薬は副作用が多く、そのせいでお薬が飲めなくなってしまう方も多いです。ジェイゾロフトは、副作用が全体的に少ないので、しっかりと治療に必要な量まで薬を使えます。

また、ジェイゾロフトは不安を落ち着ける効果もしっかりとしていて、様々な不安の病気にも効果がみとめられています。同じSSRIのレクサプロと共に、不安が強い方や副作用が心配な方には使いやすいお薬です。

しばらくSSRIを服用してから中止すると、身体に慣れてしまって離脱症状が起こります。ジェイゾロフトは、離脱症状が比較的少ないという特徴があります。このためSSRIの中では、お薬をやめていくときに負担が少ないです。

さらに、もう一つの大きなメリットとしては、ジェネリック医薬品が発売されていることです。2015年12月、ジェネリックのセルトラリン錠が発売となりました。SSRIのジェイゾロフトは薬価が高いため、安くなることは大きなメリットです。薬価はおよそ5割となっています。

 

1-2.ジェイゾロフトのデメリット

ジェイゾロフトの最大の弱点は、欧米よりも使える量が少ないことがあげられます。欧米では、ジェイゾロフトは200mgまで使うことができます。それに対して日本では、100mgまでしか使うことができません。

これは日本人の臨床試験で、100mgまでしか有効性に差を示せなかったためです。患者さんの中には高用量が必要になる方もいます。特に強迫性障害では高用量が必要になるので、ジェイゾロフトでは上限まで使っても量が不十分となってしまうことがあります。

副作用としては、胃腸障害が多いです。飲み始めに認められることがほとんどですが、吐き気や下痢などが認められます。その多くは、薬に身体が慣れていくことで落ち着いていきます。

また、性機能障害が必発といっていいお薬です。ほとんどの抗うつ剤でみられる副作用ですが、ジェイゾロフトは特に多いです。およそ80%の方に性機能障害がみられると報告されているので、必発と考えた方がよいです。

 

2.ジェイゾロフトの作用の仕組み(作用機序)

セロトニンの再取り込みを阻害することで効果を発揮するSSRIです。

不安や落ち込みといった症状には「セロトニン」が関係しているといわれていて、意欲や気力は「ノルアドレナリン」、興味や楽しみは「ドパミン」が関係しているといわれています。

ジェイゾロフトは、脳内のセロトニンという神経伝達物質を増加させることで、抗うつ効果がもたらされるといわれています。どのようにセロトニンを増やすかというと、不要になったセロトニンの回収を邪魔しているのです。

セロトニンは神経と神経の橋渡しを行う神経伝達物質です。分泌された神経伝達物質は、役割を果たすと回収されます。このことを再取り込みと呼びます。ジェイゾロフトは、この再取り込みを阻害することによって、セロトニンの量を増やします。回収されずに残ったセロトニンは残って作用し続けます。このため効果が発揮されるのです。

このような働きをする薬を、SSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)といいます。日本で発売されているSSRIは、現時点で4種類あります。

になります。続けて、抗うつ剤の効果について比較してみましょう。

 

3.ジェイゾロフトと他の抗うつ剤との効果比較

ジェイゾロフトは、ドパミンを増やす効果が特徴的です。抗うつ剤の中でも、効果と副作用のバランスが良いお薬といえます。

以下の表では、主な抗うつ薬の作用をまとめてみました。これを踏まえて、ジェイゾロフトの作用の特徴を考えてみましょう。

代表的な抗うつ剤について、作用を比較してまとめました。

SSRIは、セロトニンだけに作用するように工夫をしているお薬です。ですが、他の物質にも少しずつは作用してしまいます。古い三環系のお薬などと比較すると、セロトニンに作用が絞られていることがわかると思います。

ジェイゾロフトの薬の作用としての特徴は、セロトニンだけでなくてドパミンにも作用することです。ドパミンは、興味や喜びに関係しています。抗うつ剤を使ってよくなってきても、「何だか興味が持てない」「楽しいと感じられない」「やりがいが出ない」とおっしゃる方が多いです。そのような方に改善が期待できるといわれています。

ドパミンを増やすようなお薬が、このような症状を改善することはよく経験します。ですから、興味や喜びが落ちているような方には、ジェイゾロフトを使ってみても良いかも知れません。しかしながら、私の実感としては大きな差は感じていません。

他のSSRIとしては、パキシルはノルアドレナリン作用や抗コリン作用が認められ、レクサプロはセロトニンだけの作用に特化しています。ルボックス/デプロメールは他の薬との相互作用が大きく、飲んでいる他の薬の効果を強くするという特徴があります。

 

SNRIは、セロトニンとノルアドレナリンを増加させるお薬です。サインバルタとトレドミンですと、サインバルタの方が効果がしっかりとしています。

NaSSAも、セロトニンとノルアドレナリンを増加させる効果が強いです。抗ヒスタミン作用による眠気や食欲増加が目立つお薬ですが、うまくあえば効果が強いお薬です。

昔からある三環系抗うつ剤では、いろいろな受容体に作用してしまいます。ですから副作用が多いのですが、効果の面でも新しい抗うつ剤よりも強いです。

 

4.ジェイゾロフトの強さ

効果はしっかりとしていますが、副作用が少ない薬です。さまざまな抗うつ薬を比較すると、ジェイゾロフトとレクサプロのバランスがよいといわれています。

ジェイゾロフトの抗うつ薬としての強さはどのくらいあるでしょうか?様々な新しい抗うつ薬12種類の効果と副作用を比較した報告をご紹介したいと思います。

抗うつ剤の効果と副作用の比較を図表でしめしました。(MANGAstudy)

MANGA studyといわれている新しい抗うつ剤を比較した論文をたくさん集めてきて分析したものです。2009年にランセットという超有名専門誌に発表されたものです。この結果をみると、ジェイゾロフトはとてもよい評価になっています。

ジェイゾロフトは、有効性で4位、安全性で2位となっています。薬の金額なども含めて総合的に考えると、この研究ではジェイゾロフトが一番よいと結論づけています。この報告を細かくみると、この順位どおりとは限りませんが、ジェイゾロフトが有効性と安全性のバランスがよいことは間違いがありません。

この比較にはありませんが、「効果がどれだけ強いのか?」という点だけをみると、古くからある三環系抗うつ薬の方が強いです。ですが副作用が強く出てしまうので、まずは新しい抗うつ薬から使っていくのが治療の主流となっています。新しい抗うつ薬の中でも、ジェイゾロフトはしっかりと効果が期待できる薬になります。

 

5.ジェイゾロフトの効き方

血中濃度は22~24時間で半減するので、1日1回の服用で効果が1日持続します。

抗うつ剤は、不安や不眠に関しては、効果がすぐに表れることもありますが、一般的には効果が出てくるには2週間程度かかります。

抗うつ剤が安定して効果を発揮するためには、常に身体の中に薬がある状態が必要です。薬を規則正しく服用していると、身体の中に少しずつ薬がたまっていきます。およそ服用を始めて4~5日ぐらいで薬の体内での濃度が安定します。

ジェイゾロフトを服用すると、6.7時間で血中濃度が最高値になります。そこから徐々に血中濃度が低下していき、22~24時間で血中濃度が半減します。このように、ジェイゾロフトは身体から抜けるのがゆっくりなお薬なので、1日1回の服用で効果が1日持続します。

夕方に1回服用とすることが多いでしょうか。1日のどこで服用してもかまいません。薬の説明書には、25mgを1日1錠からとなっています。副作用も少ないので、通常は1錠から始めていきます。薬の効果をみながら、25mgずつ調整していきます。100mgまで使う事ができます。

 

6.ジェイゾロフトの副作用

副作用は全体的に少ないですが、嘔吐下痢・不眠・性機能障害がみられます。

ジェイゾロフトは、他の受容体に対する作用が少なく、レクサプロと同じように副作用が少ないお薬です。ですから、セロトニンによる副作用が中心です。胃腸を刺激してしまうことで、吐き気や下痢がみられることがあります。また、睡眠が浅くなって不眠傾向になる方もいます。性機能障害がSSRIでよくみられますが、ジェイゾロフトはパキシルはその中でも多いです。70~80%の方に認められるといわれています。

代表的な抗うつ薬の副作用の比較を以下にまとめます。ジェイゾロフトは副作用は全体的に少なめなことが伝わるかと思います。

代表的な抗うつ薬について、副作用を比較して表にまとめています。

ジェイゾロフトの他の副作用についても知りたい方は、
ジェイゾロフトの副作用(対策と比較)
をお読みください。

 

7.ジェイゾロフトが向いている人は?

ジェイゾロフトはどのような方に向いているのでしょうか?適応疾患をもとに、どのような方にジェイゾロフトが向いているのか見ていきましょう。

 

7-1.ジェイゾロフトの適応疾患

<適応>

<適応外>

保険上では、ジェイゾロフトはうつ病・パニック障害・PTSDの3つの適応があります。不安に対する効果もしっかりとしていて、パニック障害やPTSDでの有効性が確認されていますが、他の不安の病気に効果がないわけではありません。

国に適応を認めてもらうためには、日本で研究をして有効性を改めて示さなければいけません。そのコストが大きいと、正式に適応を申請されないのです。日本では、表向きは違う病名にして、適応外という形で薬が使われていることが多いです。

ジェイゾロフトは海外では幅広く適応が認められていて、全般性不安障害や強迫性障害などの不安の病気に使われています。また、生理前に不安定になる月経前緊張症に対して使われることもあります。

 

7-2.ジェイゾロフトが向いている人とは?

ジェイゾロフトの特徴は、効果と安全性のバランスがよく副作用が少ないことです。抗うつ剤は眠気が強いものも多く、薬を飲むと仕事にならなくなることもあります。ジェイゾロフトでも全くないわけではありませんが、他の薬に比べると眠気は少ない印象です。ですから、仕事や家庭をこなしながら治療をしていく方に向いています。

またジェイゾロフトは、不安障害の方にも使いやすいお薬といえます。不安が強い方は、副作用にも敏感なことが多いです。副作用が出てくると、心配になってしまって続けられないことも多いです。

抗うつ剤を使っていく時には、病状によっては中止する可能性があることもあります。例えば、双極性障害の可能性がある場合などです。双極性障害の診断が確定していなかったり、うつ状態を脱するためにやむなく使うこともあります。そのような場合は、ジェイゾロフトは離脱症状が少ないので使いやすいです。

性別でいうと、ジェイゾロフトは女性に向いているでしょう。男性と女性でのSSRIの効果の違いを比較したところ、ジェイゾロフトとレクサプロは女性に効果的であったという報告があります。副作用の影響を受けやすい女性には優しい薬なのでしょう。

 

まとめ

セロトニンの再取り込みを阻害することで効果を発揮するSSRIです。ジェイゾロフトは、ドパミンを増やす効果が特徴的です。

効果はしっかりとしていますが、副作用が少ない薬です。さまざまな抗うつ薬を比較すると、ジェイゾロフトとジェイゾロフトのバランスがよいといわれています。

血中濃度は22~24時間で半減するので、1日1回の服用で効果が1日持続します。

副作用は全体的に少ないですが、嘔吐下痢・不眠・性機能障害がみられます。

<メリット>

<デメリット>

<向いている人>