パキシルで痩せることはあるの?

アイコン 2015.7.8 パキシル

「パキシルは太る」というウワサがたくさんありますが、パキシルが特別に太りやすい薬というわけではありません。

パキシルが太るといわれる一番の原因は、過食の発作がおきてしまうことです。これに気を付ければ、それほど急激に体重が増加してしまうこともありません。

むしろ、パキシルを飲んでいて痩せていく方もいらっしゃいます。痩せていくのは薬の影響というわけではありません。他の原因で体重が減少しているだけです。

ここでは、パキシルで痩せるのはどのような時なのか、お伝えしていきたいと思います。

 

1.パキシルの体重への影響

パキシルは、代謝が落ちるために太りやすくなる傾向になります。

パキシルは、どちらかというと太る傾向にあるお薬です。抗うつ薬は、セロトニン・ノルアドレナリン・ドパミンといった脳内の物質を増やすことで効果がでてきます。ですが、薬は目的通りには作用してくれません。いろいろな物質に影響を与えます。これが副作用としてでてくるのです。

体重増加には、細かくみると3つの作用が関係しています。

  1. 抗ヒスタミン作用による食欲増加
  2. 抗5HT2c作用による食欲増加
  3. セロトニンによる代謝抑制作用

パキシルは、セロトニンだけしっかりと作用するように作られたお薬です。①と②の作用はほとんどありませんので、食欲の増加はそこまでありません。③の作用が強いためエネルギーの消費効率が落ちてしまって、太りやすくなる傾向があります。

これに加えて、パキシルには過食が発作的にみられることがあります。どうにも止められなくなると、体重が上がってしまいます。パキシルで10kgも20kgも太ったという方は、多くが過食によるものだと思います。自然と食欲が増えて太っていく方は少ないです。

詳しくは、
パキシルは太るの?5つの対策とダイエット法
をお読みください。

 

2.パキシルで痩せるのはなぜ?

「飲み始めの下痢や嘔吐・太りやすい薬からの切り替え・症状がよくなって活動的になった」の3つが考えられます。

それではパキシルではなぜ「痩せる」方がいらっしゃるのでしょうか?確かにパキシルを服用していて体重が減少する方もいらっしゃいます。私の患者さんで振り返ってみると、3つのケースに分けられます。

  1. 飲み始めの下痢や嘔吐
  2. より太りやすい薬からの切り替え
  3. 症状がよくなって活動的になった

順番にみていきましょう。

パキシルの飲み始めには、下痢や嘔吐の副作用がみられます。こうなると、食べ物が吸収されないですし、水分も身体からどんどん失われてしまいます。すると体重が減って痩せることもあります。ですが下痢や嘔吐は、時間がたって身体に慣れていくにつれて薄れていきます。すると、パキシルの代謝抑制の影響が出てきます。薬自体の効果としては、長い目で見ると太りやすくなっていきます。

パキシルに切り替えたタイミングでも痩せることがあります。パキシルの作用だけを見ると、抗うつ剤の中では太りやすい薬ではないのです。三環系抗うつ薬やNaSSA(リフレックス/レメロン)などの抗うつ薬では、パキシルよりもはるかに太りやすいです。このような太りやすい薬からパキシルに切り替えた時、体重が減少することがあります。これは痩せたのではなく、元の薬の副作用がなくなっただけです。

パキシルで痩せていく方の中には、病気が回復している結果であることもあります。パキシルが効いてくると、いままで気力がでなくて自宅にひきこもっていたり、不安が強くて外出できなかったような方が、活動的になっていきます。身体を動かす機会が増えることで、エネルギーが消費されます。筋肉量が増えることで、代謝がよくなることがあります。この影響が、パキシルがもつ代謝抑制作用を上回れば、痩せる方向にいきます。

 

パキシルのその他の副作用について知りたい方は、
パキシルの副作用(対策と比較)
をお読みください。

 

3.パキシルで痩せた時の考え方

パキシルで痩せていったときはどのように考えればよいでしょうか?先ほどの①~③の場合に分けて考えてみましょう。

 

3-1.飲み始めの下痢や嘔吐

身体に負担になるので、痩せる効果を期待してはいけません。

下痢や嘔吐によって体重が落ちている状態は、身体には大きな負担となっています。痩せるのでラッキーと思われる方もいるかもしれません。ですが、水分が失われたり、必要なミネラルのバランスが崩れてしまいます。そもそもこの副作用は、ほとんどの場合が身体に慣れてしまいます。次第に副作用としての下痢や嘔吐がみられなくなります。

中には、下剤を使ったり、自分で吐いたりすることを続けてしまう方もいます。ですが、下剤を使い続けると正常な便通が乱れて便秘の原因になってしまいます。嘔吐をしすぎると、胃から食道に逆流しやすくなってしまい、逆流性食道炎になってしまいます。下痢や嘔吐に頼ったダイエットはやめましょう。

 

3-2.太りやすい薬からの切り替え

効果がしっかりでているなら問題ありません。

太りやすい抗うつ薬から切り替えたことで、痩せることは好ましいことです。パキシルは、どちらかというと抗うつ薬の中では太りにくいお薬です。ですから、薬を切り替えて痩せてきた場合、効果がしっかりと出ているならば、問題ありません。

うつや不安が強いと、食欲がなくなってしまって痩せすぎてしまうこともあります。そのような場合は、食欲が増すような抗うつ薬を意識的につかっていくこともあります。落ち着いたら食欲増加が目立ってしまうこともあります。そのような時は、ジェイゾロフトやレクサプロなどの体重への影響が少ない薬に切り替えることもあります。パキシルも、男性でしたら過食になることも少ないので切り替えることもあります。

 

3-3.症状が改善し活動的に

元気すぎではありませんか?目がさえて眠れない、アイデアが次々浮かぶ、何でもできる気がする、などがあれば、早めに主治医に相談しましょう。

調子が悪くなっていくと痩せてしまうイメージが強いかも知れませんが、太ってしまうこともあるのです。うつや不安が強いと、意欲もなくなってしまい、活動量が落ちてしまいます。家に引きこもりがちになるので、身体を動かすことも減ってしまいます。食欲が落ちる時もあれば、反対に増える時もあります。このように、消費エネルギーが減って食欲も増えれば、当然太ってしまいますね。

パキシルの効果が出てきて症状が改善してくると、少しずつ意欲が戻ってきます。活動的になってくるので、消費エネルギーも増えていきます。運動は気分のさらなる改善につながるので、ますます活動的になるという良い循環が生まれます。このようになると、パキシルを使い続けて痩せていくこともあります。これは良いことなので、身体を動かすのは続けていただきたいです。

ただ、「元気すぎではないか?」というところに注意が必要です。気分の波がある方は、回復すると元気になり過ぎることがあります。「目が冴えるから寝なくていい」「アイデアが次々浮かぶ」「何でもできる気がする」なんてときは、ブレーキをかけなければいけません。心当たりがある方は、主治医に相談しましょう。エネルギーを使いすぎると、その反動が後からきてしまいます。

 

まとめ

パキシルは、代謝が落ちるために太りやすくなる傾向になります。また、過食が発作的にみられることがあります。

パキシルで痩せる原因は、

①飲み始めの下痢や嘔吐
②太りやすい薬からの切り替え
③症状がよくなって活動的になった

の3つが考えられます。それぞれの注意点としては以下になります。

①下痢や嘔吐は身体に負担になるので、痩せる効果を期待してはいけません。
②効果がしっかりと出ているならば問題ありません。
③活動的になることは良いことですが、元気すぎではありませんか?目がさえて眠れない、アイデアが次々浮かぶ、何でもできる気がする、などがあれば、早めに主治医に相談しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク