パキシルのまとめ

アイコン 2015.7.18 パキシル

パキシルは、10年以上前から使われている薬ですので、すでにジェネリック医薬品も発売されています。効果はしっかりとしているものの、離脱症状でなかなか薬を止められないなどのデメリットもあります。

パキシルの効果や副作用といった特徴は、どのようなものがあるでしょうか?みていきましょう。

 

1.パキシルの効果

パキシルはセロトニンを増やすことで効果が発揮されます。セロトニンは、脳の神経同士の情報伝達を行っている物質です。一度分泌されたセロトニンは、時間がたつとセロトニントランスポータによって回収されます。パキシルはこの回収を邪魔することで、セロトニンの量を増やすお薬です。このような作用をするお薬をSSRIといいます。

パキシルの効果は、他のSSRIよりも薬がスッと効いてきて、切れ味がよい印象があります。セロトニンだけでなくノルアドレナリンにも多少の作用があります。このためか、他のSSRIに比べて効果に厚みがあります。不安を抑える効果がしっかりとしているので、様々な不安障害に適応が通っています。日本だけ でなく海外でも、もっとも幅広く不安障害に使える薬になっています。

パキシルは、従来の三環系抗うつ薬などと比べると副作用が全体的に少ないです。パキシルで眠気が出てきてしまう方もいますが、他の薬に比べると眠気は少ない方です。すから、仕事や家庭をこなしながら治療をしていく方 に向いています。また、パキシルはどちらかというと男性に向いています。妊娠中の女性への奇形のリスクも報告されていますし、過食が起こりやすいなどの副作用などもあるためです。運転にあたっても、注意はされていますが禁止はされていないお薬ですので、運転業務の方にも使う事ができます。

詳しくは、
パキシル錠の効果と特徴
をお読みください。

 

2.パキシルの副作用

パキシルが怖いと評判がたつのには、いろいろな理由があります。よく言われているのが、「一度飲んだらやめられない」「太ってしまう」といったうわさです。火のない所に煙は立たぬということわざの通りで、このように恐れられるにも原因はあります。ですが、どういう時に注意が必要なのか?どうなったら危険なのか?を考えれば、過度に心配しなくても大丈夫です。

新しい抗うつ薬なので副作用は少ないですが、眠気・体重増加・嘔吐・下痢・不眠・性機能障害が認められます。特に性機能障害は、すべての抗うつ薬の中でも多いです。

 

パキシルは新しい抗うつ薬の中でも、副作用は少ないです。その中でもよくみられる副作用としては、嘔吐・下痢・不眠・性機能障害が認められます。

SSRIであるパキシルは、セロトニンだけに選択的に作用するように意識されている薬です。ですが、セロトニンに過剰に作用してしまうと、副作用としての症状が出てきます。

セロトニンは胃腸にも作用します。胃腸の内容物を外に出すように作用するので、吐き気や下痢の症状がみられます。また、セロトニンは眠りを浅くしてしまう作用ががあります。このため、変な時間に目が覚めてしまったり、熟眠できなくなったり、悪夢をみたりといった不眠の症状が出てきます。これらを受けて、日中に眠気が強く出る方もいらっしゃいます。また、性機能障害はSSRIに多くみられ、パキシルでは70~80%くらいの方に認められるのでほぼ必発といってもよいです。詳しくはわかっていませんが、セロトニンが関係しているといわれています。

これらの副作用が見られた場合、何とかなるならばガマンしてください。次第に慣れていくことがほとんどです。生活上での支障が大きくなるようなら対策を考えます。

①薬を減薬する
②他の薬にかえる
③副作用を和らげる薬を使う

から考えていきます。パキシルで副作用が強くて続けていくのが難しいときは、同じSSRIの中でも副作用の少ないレクサプロやジェイゾロフトに切り替えることを検討します。

詳しく知りたい方は、
パキシルの副作用(対策と比較)
パキシルの吐き気と5つの対策
パキシルの不眠と7つの対策
パキシルの眠気と7つの対策
パキシルは太るの?体重増加と5つの対策
パキシルで痩せることはあるの?
パキシルの性欲低下・性機能障害と5つの対策
パキシルの頭痛と5つの対策
をお読みください。

 

3.パキシルの半減期と離脱症状

薬の半減期とは、薬を飲んでから血中濃度が半分になるまでの時間のことです。これがわかると、

などがわかります。薬の効果や副作用がイメージしやすくなるのです。

パキシルの半減期は、14時間です。4~5時間で吸収されて、半日かけて半分になっていくようなお薬です。ですから、1日1回でも服用が可能です。ですがパキシルは、抗うつ剤の中で最も離脱症状が起こりやすい薬です。

離脱症状とは、薬が身体から急になくなることで起きる症状です。薬を減らしてから1~3日ほどで認められることが多いです。めまい・頭痛・吐き気・ だるさ・しびれ・耳鳴り・イライラ・不安・不眠・ソワソワ感・シャンビリ感などの症状がみられます。セロトニンが関係しているといわれています。

詳しく知りたい方は、
パキシルの半減期からわかること
パキシルの減薬・断薬の方法
パキシルの離脱症状と6つの対策
をお読みください。

 

まとめ

販売者名 グラクソ・スミスクライン株式会社
分類 SSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)
剤形 錠剤(5mg・10mg・20mg)
薬価 錠剤(57.5円・100.5円・175.3円)
ジェネリック パロキセチン(錠剤・OD錠)
成分(一般名) パロキセチン
半減期  14時間
用法 1日1回~2回 最大40mgまで(強迫性障害は50mg)

スポンサーリンク

スポンサーリンク