サインバルタのまとめ

アイコン 2015.7.29 サインバルタ

サインバルタは、セロトニンだけでなく、ノルアドレナリンを増加させるお薬です。このため、意欲や気力が出ない方に効果的です。効果が出てくるとしっかりとよくなる方が多い印象のお薬です。

サインバルタの効果や副作用といった特徴はどのようなものがあるでしょうか?ここでは、サインバルタに関する情報を整理してお伝えしたいと思います。

 

1.サインバルタの効果

サインバルタはセロトニンを増やすことで効果が発揮されます。セロトニンは、脳の神経同士の情報伝達を行っている物質です。一度分泌されたセロトニンは、時間がたつとセロトニントランスポータによって回収されます。サインバルタはこの回収を邪魔することで、セロトニンの量を増やすお薬です。このような作用をするお薬をSSRIといいます。

サインバルタの効果は、効果がでてくるとしっかりとよくなる印象があります。SSRIのようにセロトニンだけに作用するのではなく、ノルアドレナリンにも作用がみられるのが特徴です。このため、意欲や気力が落ちている方には効果的です。

 

サインバルタは、従来の三環系抗うつ薬などと比べると副作用が全体的に少ないです。サインバルタで眠気が出てきてしまう方もいますが、他の薬に比べると眠気は少ないです。すから、仕事や家庭をこなしながら治療をしていく方に向いています。

また、痛みに効果が期待できるのが特徴的です。うつ病の患者さんは、頭痛をはじめとした何らかの痛みを伴っていることが6~7割あります。うつ状態を脱し ても、痛みが身体の症状として残ることもあります。このように症状が残る方では、再発率がかなり高くなることがわかっています。ですから、痛みがある時には向いているお薬です。

詳しくは、
サインバルタカプセルの効果と特徴
をお読みください。

 

2.サインバルタの副作用

サインバルタは、セロトニンとノルアドレナリンに働きます。セロトニンの副作用としては、胃腸を刺激してしまうことで吐き気や下痢がよくみられます。サインバルタはカプセルにしてゆっくり薬が溶け出すようにしているので、吐き気や下痢は緩和されています。

また、性機能障害がみられます。SSRIでよくみられる副作用ですが、SNRIのサインバルタでも40%ほどの方に認められます。セロトニンの働きが関係していると考えられています。

ま た、不眠がみられることがあります。セロトニンは眠りを浅くしてしまいます。さらにノルアドレナリンは意欲や気力を高める作用があるので、覚醒に働きま す。ですから、この2つの効果が合わさって不眠の副作用がみられます。ただ、SSRIでは睡眠の質も悪くなってしまうのに対して、SNRIではそこまで睡眠の質には影響がありません。

 

これらの副作用が見られた場合、何とかなるならばガマンしてください。次第に慣れていくことがほとんどです。生活上での支障が大きくなるようなら対策を考えます。

①薬を減薬する
②他の薬にかえる
③副作用を和らげる薬を使う

から考えていきます。サインバルタで副作用が強くて続けていくのが難しいときは、同じSSRIの中でも副作用の少ないレクサプロやジェイゾロフトに切り替えることを検討します。

詳しく知りたい方は、
サインバルタカプセルの副作用
サインバルタの吐き気と5つの対策
サインバルタの不眠と7つの対策
サインバルタの眠気と7つの対策
サインバルタは太るの?体重増加と4つの対策
サインバルタで痩せる3つのケース
サインバルタの性欲低下・性機能障害と5つの対策
サインバルタの頭痛や痛みに効くの?
をお読みください。

 

3.サインバルタの半減期と離脱症状

薬の半減期とは、薬を飲んでから血中濃度が半分になるまでの時間のことです。これがわかると、

などがわかります。薬の効果や副作用がイメージしやすくなるのです。

サインバルタの半減期は、10.6時間です。7~8時間で吸収されて、半日かけて半分になっていくようなお薬です。ですから、1日1回でも服用が可能ですが、できれば2回にしたほうが血中濃度が安定します。薬が身体から抜けていくのが早いので、サインバルタは離脱症状がみられやすいです。

離脱症状とは、薬が身体から急になくなることで起きる症状です。薬を減らしてから1~3日ほどで認められることが多いです。めまい・頭痛・吐き気・ だるさ・しびれ・耳鳴り・イライラ・不安・不眠・ソワソワ感・シャンビリ感などの症状がみられます。セロトニンが関係しているといわれています。

詳しく知りたい方は、
サインバルタの半減期からわかること
サインバルタの減薬・断薬の方法
サインバルタの離脱症状と4つの対策
をお読みください。

 

まとめ

販売者名 イーライリリー株式会社
分類 SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)
剤形 カプセル(20mg・30mg)
薬価 錠剤(173.5円・235.3円)
ジェネリック なし
成分(一般名) デュロキセチン
半減期  10.6時間
用法 1日1回~2回 最大60mgまで

スポンサーリンク

スポンサーリンク