リスパダールコンスタの効果と副作用

アイコン 2015.10.30 リスパダール

第二世代抗精神病薬(非定型抗精神病薬)のリスパダールには、持続性注射剤のリスパダールコンスタが発売されています。1回注射をすると、しばらく効果が持続してくれるお薬です。

リスパダールコンスタは、2週間に1回の注射で効果が持続します。お薬の飲み忘れが防げるだけでなく、副作用も軽減されています。そこまで注射に抵抗がなければ、服薬の手間も省けて安定した効果が期待できます。

ここでは、リスパダールコンスタの効果と副作用を中心に、メリットとデメリットに分けて特徴をお伝えしていきたいと思います。

 

1.持続性注射剤(LAI)とは?

お尻か肩に筋肉注射をすることで、効果がしばらく持続します。

持続性注射剤とは、その名の通り、効果の持続する注射剤です。Long Acting Injectionの頭文字をとって、LAIとも呼ばれています。

お尻(腰の近く)か肩に筋肉注射をすることで、徐々に身体の中でお薬が溶け出していきます。このため、効果が2~4週間ほど持続していきます。

定型抗精神病薬としては、現在も2つのお薬が使われています。

定型抗精神病薬としては、3つのお薬が発売されています。

定型抗精神病薬の持続注射剤は、1か月に1回の注射となっています。

リスパダールコンスタは2週間に1回、ゼプリオンは1か月に1回、エビリファイ持続性水懸筋注用では1か月に1回、臀部ないしは肩に筋肉注射します。ゼプリオンは注射の針自体は小さいのですが、注射時に痛みがあるので臀部になることが多いです。

 

2.リスパダールコンスタの特徴

リスパダールコンスタは、リスパダールの効果が持続するように作られた注射製剤です。効果や副作用のおおまかな特徴は同じなのですが、違いは大きいです。内服薬のリスパダールと比べたリスパダールコンスタの特徴を、メリットとデメリットに分けてまとめてみます。

リスパダールの効果について詳しく知りたい方は、「リスパダール錠の効果と特徴」をお読みください。

 

2-1.リスパダールコンスタのメリット

リスパダールコンスタなどの持続性注射剤での一番のメリットは、飲み忘れがなくなることです。ついお薬を忘れてしまうことは、誰しもよくあります。飲み薬ですと、飲み忘れを無くすこと自体が難しいのです。しっかり服薬指導をしていても、7~8割きっちり服用してくれていたらいい方です。

統合失調症の治療では、お薬をきっちりと飲み続けていくことが何よりも大切です。再発の一番のリスクは服薬中断なのです。リスパダールコンスタの最大のメリットは、飲み忘れがなくなることによって再発を防ぐことができる点にあります。

 

また、持続性注射剤では、血中濃度が飲み薬よりも安定します。というのは、注射によって直接静脈にお薬を注入しているので、お薬はダイレクトに脳に届きます。飲み薬では、小腸から吸収されて肝臓を通り、そこで代謝をうけてから脳に運ばれます。肝臓の機能の影響を受けてしまうので、効果が不安定になってしまうのです。

このように、リスパダールコンスタでは血中濃度が安定するため、副作用が全体的に軽減されています。これによって効果もより安定します。リスパダールと比べると軽い印象があり、陰性症状の改善効果がより認められる印象があります。

また、減薬をする時もゆっくりと身体からお薬が抜けていくため、身体への負担が小さくてすみます。ですから、スムーズに減薬することができます。

 

2-2.リスパダールコンスタのデメリット

注射剤なので、痛みは避けることができません。それでも、リスパダールコンスタは痛みがかなり軽減されていて、注射部位が硬くもなりにくいです。そうはいっても、注射に対して抵抗が強い方も多いです。添付文章では臀部に注射することとなっていますが、痛みは少し強くなりますが肩にも注射することができます。

一度注射をしてしまうと、薬の効果はしばらく持続してしまいます。もし副作用が出てしまうと、身体からなかなか薬が抜けないので持続してしまいます。

また、リスパダールコンスタは2週間に1回の注射が必要になります。統合失調症の症状が落ち着いた方では、1か月に1回の通院となる方もいらっしゃいます。リスパダールコンスタを使う方では、2週間ごとの通院が欠かせなくなります。

そして大きな問題が、薬価の高さです。非常に高額なお薬ですので、リスパダールコンスタを使う方は、必ず自立支援医療制度を利用します。自己負担が1割にはなりますが、それでも1か月のお薬代が4838~7756円になってしまいます。

 

3.リスパダールコンスタの薬価

自己負担1割でも、1か月4838~7756円となります。

商品名 剤形 薬価
リスパダールコンスタ 25mg 24192円
リスパダールコンスタ 37.5mg 31883円
リスパダールコンスタ 50mg 38780円

リスパダールコンスタの薬価は非常に高いです。月に2回の注射をしなければいけませんので、自己負担1割だとしても1か月のお薬代が4838~7756円となってしまいます。

同じ系統のゼプリオン(リスパダールの活性代謝産物インヴェガの持続注射剤)では、同じ効果のある用量で薬価が6割ほどとなっています。

※2015年10月15日現在の薬価です。

 

4.リスパダールコンスタの使い方

まずはリスパダールの飲み薬からはじめて、副作用をみます。その後、1か月は飲み薬と注射を併用し、問題なければ飲み薬を減量していきます。

リスパダールコンスタをいきなり注射すると、お薬が身体から抜けるのに時間がかかるので、まずは安全性を飲み薬で確認します。リスパダール錠で₂mg以上使ってみて、目立った副作用がないことを確認します。

リスパダールコンスタは、注射をしてもいきなり血中濃度が立ち上がりません。3週間たったあたりから立ち上がり始め、4~5週間後(32.8~34.7日をピーク)が山となって、ゆっくりと減少していきます。

このようなお薬ですから、はじめの少なくとも3週間は飲み薬と並行して使っていきます。現実的には2週間間隔での通院となっていることが多いので、4週間となることが多いです。その後、症状に応じて飲み薬を減量していきます。

リスパダールコンスタの量は、10分の1をするとちょうどリスパダールの1日量となります。ですから、リスパダールコンスタ50mgでしたら、リスパダールを1日5mg服用しているのと同じ血中濃度となります。

 

例えば、リスパダール4mgを服用している方でしたら、はじめの1か月は錠剤を続けながら注射を打っていきます。リスパダールコンスタ37.5mgを2週間ごとに注射していきます。1か月たったら、飲み薬を減量していきます。まずは半分くらいにすることが多いです。リスパダールを₂mgに減量して、2週間様子を見ます。状態が落ち着いていれば、飲み薬の中止を検討します。

 

5.リスパダールコンスタが向いている人とは?

それではリスパダールコンスタはどのような方にむいているでしょうか?

服用を続けていくのが難しい方に向いているといえます。お薬の飲み忘れが多そうな方、服薬を煩わしいと感じている方、単身生活の方など、今後を見据えて、飲み忘れや服薬中断のリスクが高い方に向いているお薬と言えます。

また、症状が不安定な方や再発を繰り返している方にも向いています。このような方では、多くの場合が服薬が乱れています。お薬が抜けてしまうと調子が悪くなり、一線を超えてしまうと現実的な判断ができなくなります。リスパダールコンスタによって少しでもお薬が効いていれば、急激な悪化を防げることがあります。調子の底をつくってくれるような働きがあります。

リスパダールコンスタは血中濃度が安定しているので、副作用が少ないのも特徴です。リスパダールで効果がしっかりとしているけれども副作用がネックという方には、リスパダールコンスタに切り替えるのも一つの方法ではあります。

また、リスパダールコンスタは2週間に1回の通院が必要になってしまいます。どうしても通院できない場合は、その週だけ3週間にしても問題はないのですが、できるだけ2週間で通院する必要があります。このように定期的な通院が必要なので、リスパダールコンスタは病識がある方に使うお薬です。まったく病識がない方に、無理やり注射をするお薬ではありません。

 

まとめ

リスパダールコンスタのメリットは、

リスパダールコンスタのデメリットは、

リスパダールが向いている人とは、