アレグラの先発品・ジェネリック・市販薬の比較

アイコン 2016.3.25 アレグラ

アレグラは、花粉症治療薬としてよく使われているお薬です。第二世代抗ヒスタミン薬に分類されていて、アレルギー症状を抑えてくれる働きがあります。

アレグラは、錠剤としては30mgと60mgの2つ剤形が発売されています。それ以外にも、小児用にドライシロップやアレグラOD錠も発売されています。

アレグラは発売から年月もたっているので、フェキソフェナジン錠というジェネリック医薬品が2013年より発売となっています。さらにアレグラは、市販薬としてアレグラFXも発売されています。

ここでは、アレグラの先発品・ジェネリック・市販薬との違いについて、薬価や効果・副作用を比較していきたいと思います。

アレグラの効果について詳しく知りたい方は、「アレグラ錠(フェキソフェナジン塩酸塩)の効果と特徴」をお読みください。

 

1.アレグラの用量・用法

成人の場合は、アレグラ60mgを1日2回内服します。

アレグラが最もよく使われるのは、花粉症の治療薬としてでしょう。正確にいうと、花粉に対するアレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎です。

その他は蕁麻疹、湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症、アトピー性皮膚炎に伴うかゆみなどで使われることがあります。これらの皮膚の病気は、ヒスタミンが発生することでかゆみが認められます。これを抑える目的でアレグラが使われることがあります。

内服方法としては、

 

2.アレグラの薬価比較(先発品・ジェネリック・市販薬)

薬価としては、ジェネリックでは先発品の4割ほどになっています。3か月治療したとして診察料も含めた費用を比較すると、先発品と市販薬では同じ、ジェネリックでは2000円ほど安価になります。

まずはアレグラの薬価をみていきましょう。

<先発品>

商品名 剤形 薬価 3割負担
アレグラ錠 30mg 51.1円 15.3円
アレグラ錠 60mg 64.9円 19.5円
アレグラOD錠 60mg  64.9円 19.5円
アレグラドライシロップ  5% 122.1円/g 36.6円/g

<ジェネリック(後発品)>

商品名 剤形 薬価 3割負担
フェキソフェナジン錠 30mg 14.1~26.7円 4.2~8.0円
フェキソフェナジン錠 60mg 29.4~34.4円 8.8~10.3円

<OTC医薬品(市販薬)>

商品名 剤形 価格 1錠あたり
アレグラFX 60mg14錠 1314円 93.9円
アレグラFX 60mg28錠 1886円 67.4円

成人の場合、アレグラは60mgを1日2錠服用します。これをもとに、28日間の自己負担額で比較してみましょう。

このように計算してみると、圧倒的にジェネリック医薬品の負担が少ないですね。しかしながら病院でお薬をもらうとなると、初診料や処方箋料などが必要になります。自己負担額は初診では1010円、再診では570円になります。花粉症の治療を3か月行ったとすると、診察料で2150円となります。これを踏まえて比較してみましょう。

このようにして比較してみると、市販薬は先発品と同等になると思います。ジェネリックだと薬価が4~5割ほどになるので、全体的にみても2000円ほど安価になります。

※2016年4月時点での薬価です。

 

3.アレグラの効果と副作用の比較(先発品・ジェネリック・市販薬)

先発品・ジェネリック・市販薬の効果と副作用は、大きな違いはないと考えられます。

アレグラをジェネリックや市販薬にするか悩んでいる方は、効果や副作用が同じかどうかが気がかりだと思います。この点について考えていきたいと思います。

まずジェネリック医薬品ですが、有効成分は先発品とまったく同じものを使っています。ですから、効果や副作用の大まかな特徴は同じになります。先発品とジェネリック医薬品の違いは、薬を作るときの製造技術です。ジェネリック医薬品を作る時に求められるのは、薬の吸収・排泄と安定性の2つが先発品と同等であることです。

もちろん多少の誤差はありますが、実際に930のジェネリックと先発品を比較すると、最大血中濃度では4.61±3.41%の差しかなかったと報告されています。ほとんど同等といってよいかと思います。

アレグラは眠気などの副作用がとても少なく、そのかわりに効果もマイルドな抗ヒスタミン薬です。ジェネリックにすることでの差は、あまりないと思われます。

 

アレグラの市販薬は、正式に発売されているのはアレグラFXのみです。このお薬は、販売元は久光製薬です。嵐の大野さんのCMが盛んに流れていますので、アレグラFXは久光製薬の商品に見えるかと思います。実は製造元は、先発品と同じサノフィ株式会社になります。先発品と同成分・同効能と考えて問題ありません。

アレグラFXは第一類医薬品に指定されていて、市販薬の中では取り扱いが厳しい部類です。薬剤師が必ず説明しなければ販売ができないお薬となっています。

市販薬で気を付けていただきたいのは、海外のジェネリック医薬品を販売している通信販売業者です。海外のジェネリックは日本とは基準が異なることもあります。市販薬で購入するならば、アレグラFXにしてください。

 

4.アレグラの市販薬(アレグラFX)で大丈夫な方とは?

過去にアレグラを使っていても大丈夫だった方で、アレグラで症状をしっかりコントロールできている方は市販薬で大丈夫です。

ここまで、アレグラの先発品・ジェネリック・市販薬の比較をしてきました。

それでも、「ちょっと高くても病院に行く時間がないから市販薬がいい」という方もいらっしゃるかもしれません。医師としては病院にかかって治療を受けていただきたいのですが、市販薬でも大丈夫な方についてお伝えしていきたいと思います。

花粉症の治療で大切なことは、アレルギー症状をしっかりと抑えることです。アレルギー症状を中途半端に引き起こしてしまうと、少しずつアレルギーが酷くなってしまいます。ですから、症状をしっかりとコントロールをした方がよいのです。

アレグラが市販されているのは、眠気などの副作用が非常に少ないためです。安全性の高さから、アレグラは市販されているのです。そのかわり、効果に関しては抗ヒスタミン薬の中でもマイルドです。患者さんによっては、アレグラでは不十分という方がいらっしゃいます。

また、アレグラは副作用が少ないといっても、中には眠気などの副作用が認められる方もいらっしゃいます。はじめてアレグラを使う時は、医師と相談しながら身体に合うかどうかを確かめた方がよいです。

このことを踏まえると、アレグラの市販薬(アレグラFX)を使っても大丈夫な方とは、

になります。この2つがクリアできている方は、アレグラの市販薬で問題ないといえるでしょう。

 

5.アレグラの剤形比較(OD錠・ドライシロップ)

アレグラOD錠とドライシロップが発売されていますが、どちらも服用後しばらくしてからの苦味が難点です。

アレグラには、錠剤以外にも剤形があります。アレグラOD錠とアレグラドライシロップです。どちらも錠剤を飲みこむことが難しい方のために作られました。

アレグラOD錠とは、口の中で溶けるタイプの錠剤です。普通の錠剤と比べて、大きいです。アレグラOD錠ではバナナ味の味付けになっていますが、服用してしばらくすると苦味が出てきます。このため、あまり処方されることはありませんでした。

子供が飲みやすいようにと、2015年からドライシロップが発売されました。白い顆粒で、そのままなめるとストロベリーの味がします。残念ながら、こちらもしばらくすると苦味が出てくるので、水で飲みこんだ方がよいでしょう。それでもOD錠よりは、お子さんに飲ませやすいです。

 

まとめ

成人の場合はアレグラ60mgを、1日2回内服します。

薬価としては、ジェネリックでは先発品の4割ほどになっています。3か月治療したとして診察料も含めた費用を比較すると、先発品と市販薬では同じ、ジェネリックでは2000円ほど安価になります。

先発品・ジェネリック・市販薬の効果と副作用は、大きな違いはないと考えられます。

過去にアレグラを使っていても大丈夫だった方で、アレグラで症状をしっかりコントロールできている方は市販薬で大丈夫です。

アレグラOD錠とドライシロップが発売されていますが、どちらも服用後しばらくしてからの苦味が難点です。