月島の精神科・心療内科!月島のメンタルクリニックのご紹介

アイコン 2016.8.1 精神科・心療内科の病院
Pocket
LINEで送る

このページをお読みいただいている方は、

などの検索でたどり着かれたかと思います。

ですから、心に不調を感じてメンタルクリニックを探されている方が多いかと思います。

私は精神科医をしていますが、多くの患者さんがインターネットでクリニックを調べて受診されます。ですがホームページをみていても、なかなか判断がつきにくいかもしれません。

最近では病院の口コミサイトなども増えてきましたが、患者さんと医師の相性も人それぞれになります。また心の病気は目に見えないので、口コミだけでは判断もつきにくいです。 

ここではそんなメンタルクリニック選びに悩まれている患者さんにむけて、医師からみた「月島の精神科・心療内科」をご紹介していきたいと思います。

 

1.月島のメンタルクリニックページの見方

これから月島のメンタルクリニックをご紹介していきますが、はじめにこのご紹介ページの見方についてお伝えしたいと思います。

このページは、「ホームページやインターネットでわかる客観的な情報が中心」になります。公式ホームページの情報を引用させていただき、出典の明記は公式ホームページの紹介に代えさせていただきます。

これまでの院長の経歴やクリニックの方針などから、どのような特徴があるメンタルクリニックなのかをお伝えしていきます。いい先生だとわかっている場合はおすすめしたいのですが、受け止め方には個人差もあるので控えたいと思います。

その他注意点として、以下のことにお気を付けください。

 

2.月島の精神科・心療内科を受診する前に・・・

月島のメンタルクリニックを受診する前に、メンタルクリニックについての基礎知識を整理しておきましょう。

メンタルクリニックを選ぶにあたっては、以下を参考にしてください。

メンタルクリニックをはじめて受診される方は、以下を参考にしてください。

メンタルクリニックを転院する際は紹介状が必要なことが多いです。以下を参考にしてください。

メンタルクリニックは当日予約ができるところは非常に少ないです。近日では予約がとれないクリニックも少なくありません。早めに予約を取ることをお勧めします。

 

3.月島のメンタルクリニック(精神科・心療内科)

 

①医療法人社団惟心会 りんかい月島クリニック

<特徴>

院長先生は、精神科救急医療の礎となった千葉県精神科医療センターで院長をされていました。平成20年に、母体のりんかい豊洲クリニックを開業されました。おそらく奥様も精神科医をされていて、月島クリニックは平成21年に築地に開設。築地のクリニックを分院として、平成25年に移転しました。

フェアワーク・ソリューションズという会社を作られていて、産業保健活動にも力を入れられています。デイケアでは、うつ病リワークプログラムを実施しています。他院に通院中の患者さんも利用できるとのことです。

またクリニックでは光トポグラフィー検査を導入されていて、デイケア利用の方は無料で実施できるとのことです。一般の方は12,000円になります。

<医師>

吉田健一先生:院長

【経歴】

【資格】
精神保健指定医・医療観察法判定医・日本精神神経学会精神科専門医(指導医)・日本医師会認定産業医

【学会】
日本精神神経学会・日本心療内科学会、日本うつ病学会・日本老年精神医学会・日本産業精神保健学会・日本産業精神保健学会・日本産業衛生学会・多文化間精神医学会・うつ病リワーク研究会

<クリニック情報>

りんかい月島クリニックの診療時間 

 

まとめ

これまで、月島の精神科・心療内科についてみてきました。

ホームページやインターネットの情報だけでは不十分なところが多いですが、少しでも自分に合ったメンタルクリニック探しの一助になれば幸いです。

実際のところは、診察を受けてみないとわかりません。患者さんによって医師との相性もありますし、治療方針の相違もあります。当サイトでは、いかなる責任も負いかねますのでご了承ください。

もし記載事項に誤りがございましたら、ご連絡いただけますと幸いです。クリニックの関係者様で、「こういうところに力をいれている」「こんな特徴がある」ということがございましたら、ご連絡ください。

また、こちらに記載していない月島のクリニックの関係者様がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください。この記事に従って情報をまとめてくだされば、編集はしますが追記させていただきます。