元住吉の精神科・心療内科!元住吉のメンタルクリニックのご紹介

アイコン 2016.8.1 精神科・心療内科の病院
Pocket
LINEで送る

このページをお読みいただいている方は、

などの検索でたどり着かれたかと思います。

ですから、心に不調を感じてメンタルクリニックを探されている方が多いかと思います。

私たちは精神科医をしていますが、多くの患者さんがインターネットでクリニックを調べて受診されます。ですがホームページをみていても、なかなか判断がつきにくいかもしれません。

最近では病院の口コミサイトなども増えてきましたが、患者さんと医師の相性も人それぞれになります。また心の病気は目に見えないので、口コミや評判だけでは判断もつきにくいです。

ここではそんなメンタルクリニック選びに悩まれている患者さんに向けて、医師からみた「元住吉の精神科・心療内科」をご紹介していきたいと思います。

 

1.元住吉のメンタルクリニックページの見方

これから元住吉のメンタルクリニックをご紹介していきますが、はじめにこのご紹介ページの見方についてお伝えしたいと思います。

このページは、「ホームページやインターネットでわかる客観的な情報が中心」になります。公式ホームページの情報を引用させていただき、出典の明記は公式ホームページの紹介に代えさせていただきます。

これまでの院長の経歴やクリニックの方針などから、どのような特徴があるメンタルクリニックなのかをお伝えしていきます。いい先生だとわかっている場合はおすすめしたいのですが、受け止め方には個人差もあるので控えたいと思います。

その他注意点として、以下のことにお気を付けください。

 

2.元住吉の精神科・心療内科を受診する前に・・・

元住吉のメンタルクリニックを受診する前に、メンタルクリニックについての基礎知識を整理しておきましょう。

メンタルクリニックを選ぶにあたっては、以下を参考にしてください。

メンタルクリニックをはじめて受診される方は、以下を参考にしてください。

メンタルクリニックを転院する際は紹介状が必要なことが多いです。以下を参考にしてください。

カウンセリングをご検討の方は、以下を参考にしてください。

メンタルクリニックは当日予約ができるところは非常に少ないです。近日では予約がとれないクリニックも少なくありません。早めの予約をお勧めします。

 

3.元住吉のメンタルクリニック(精神科・心療内科)

 

①元住吉こころみクリニック(仮)

平成29年4月より、当サイトを運営しているメンバーが中心となり、元住吉にて内科・心療内科・精神科のクリニックを開業することとなりました。

ブレーメン通りを入ってすぐの医療モール3階になります。当院の特徴を簡潔にまとめたサイトを立ち上げましたので、よろしければご覧ください。

「元住吉こころみクリニック(仮)」ホームページ

忙しくしている方こそ心身の健康を保持していただきたいので、原則的に毎日、夜まで診療する予定でおります。待ち時間を少なくし、有意義にすごしていただけるように、ITの恩恵を積極的に取り入れていきます。そして業務を効率化することで、スタッフが患者さんのために尽くせるようにしていきたいと考えております。

院内のプライバシーは最大限に配慮しています。内科と同じ入口であることでの入りやすさを大事にしつつ、院内での空間・受診や会計の流れ、診察券やお薬手帳に至るまで、プライバシーを最大限に保つ工夫をしています。

 

診療は、「からだの外来(内科)」と「こころの外来(心療内科・精神科)」を1診ずつからはじめていきます。はじめから多くのことはできませんが、患者さんに育てていただきながら、より良い医療を作っていければと考えています。

からだの外来(内科)では、呼吸器内科医を中心に、血液内科、腎臓内科、糖尿病内科などの医師の参加を予定しています。院内で基本的な血液検査、レントゲン検査を迅速に行える体制を整え、最新の超音波検査(エコー)を熟練の技師のもと行ってまいります。

こころの外来(心療内科・精神科)では、薬物療法や精神療法はもちろんですが、社会生活や現実性を意識していく治療を大切にしていきたいと考えています。

「こころとからだの外来」では、それぞれの専門家が連携しながら、心身の両面からの治療や予防を作り上げていきます。睡眠・禁煙・漢方・生活習慣に対して、心身の両面からのアプローチを構築していきます。

 

私たちのクリニックでは、パーソナリティ障害・アルコールなどの嗜癖障害・体重減少が著明な摂食障害・切迫した希死念慮がある患者さん・衝動性が強く、暴力や自傷などが目立つ患者さんは、適切な治療ができるハードやスタッフ体制がありません。その場合は患者さんの治療のためにも、入院施設や専門外来での治療をお勧めさせていただきます。

<クリニック情報>

 

②元住吉えみ心療クリニック

<特徴>

武蔵中原にある「たかはし内科」の分院として、平成28年10月に開院したクリニック。

院長先生は皮膚科からはじめられ、病理の道を経て、心療内科にうつられたようです。女性医療クリニックでは、心身外来とホメオパシー外来をされていました。

ホメオパシーとは、ドイツ発祥の治療法です。レメディと呼ばれる超微量の植物や鉱物などを用いることで、体の自然治癒力を高めるとされる治療法です。西洋医学に対する代替医療の一つになります。現在の日本では、保険診療では認められていません。

クリニックでは、皮膚科の診察もされています。

<医師>

三枝恵美先生:院長

【経歴】

【資格】
記載なし

【学会】
記載なし

<クリニック情報>

元住吉えみ心療クリニックの診療時間について

 

③中島クリニック

<特徴>

もともとも心臓血管外科で長年大学病院で勤務されていた院長先生が、内科としてS58年に開業されたクリニックです。ご子息様が精神科医となられて、H14年から精神科も併設して診療されています。

クリニックの理念として、「西洋医学と東洋医学の利点を活かす」ことを掲げられていて、内科-精神科の院内連携によってカラダとココロを両面の切り口からトータルでみていかれているとのことです。

精神科のご担当されている副院長先生は、北里大学に入局されて、指定医や専門医などの一通りの資格と学位をとられています。そして認知症の専門医や大学病院での専門外来を長年続けられていますので、老年期の精神疾患にご専門をお持ちなのかと思われます。

認知症のデイケアも併設されていて、認知症をはじめとした老年期の精神障害の患者さんの専門性が高いクリニックかと思われます。

<医師>

中島啓介先生:副院長

【経歴】

【資格】
精神保健指定医・日本精神神経学会専門医・日本老年精神医学会専門医・医学博士

【学会】
日本精神神経学会・日本心身医学会・日本老年精神医学会・日本認知症学会

<クリニック情報>

中島クリニックの診療時間について。

 

④独立行政法人労働者健康安全機構 関東労災病院

<特徴>

昭和32年にできた関東労災病院に、平成2年から精神科が開設されました。関東労災病院は大きな病院ですが、精神科の病床はないため入院はできません。外来診療のみとなっています。

地域の中核医療機関のため、初診については完全紹介予約制となっています。他院から受診される際は紹介状が必要で、紹介状のない方は初診時保険外併用療養費として5,400円がかかります。

<医師>

金川英雄先生:精神科部長

【経歴】

【資格】
精神保健指定医・日本精神神経学会精神科専門医(指導医)

【学会】
未記載

<クリニック情報>

関東労災病院の診療時間

 

まとめ

これまで、元住吉の精神科・心療内科についてみてきました。

ホームページやインターネットの情報だけでは不十分なところが多いですが、少しでも自分に合ったメンタルクリニック探しの一助になれば幸いです。

実際のところは、診察を受けてみないとわかりません。患者さんによって医師との相性もありますし、治療方針の相違もあります。当サイトでは、いかなる責任も負いかねますのでご了承ください。

もし記載事項に誤りがございましたら、ご連絡いただけますと幸いです。クリニックの関係者様で、「こういうところに力をいれている」「こんな特徴がある」ということがございましたら、ご連絡ください。

また、こちらに記載していない元住吉のクリニックの関係者様がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください。この記事に従って情報をまとめてくだされば、編集はしますが追記させていただきます。