飯田橋の精神科・心療内科!飯田橋のメンタルクリニックのご紹介

アイコン 2016.8.1 精神科・心療内科の病院
Pocket
LINEで送る

このページをお読みいただいている方は、

などの検索でたどり着かれたかと思います。

ですから、心に不調を感じてメンタルクリニックを探されている方が多いかと思います。

私は精神科医をしていますが、多くの患者さんがインターネットでクリニックを調べて受診されます。ですがホームページをみていても、なかなか判断がつきにくいかもしれません。

最近では病院の口コミサイトなども増えてきましたが、患者さんと医師の相性も人それぞれになります。また心の病気は目に見えないので、口コミだけでは判断もつきにくいです。 

ここではそんなメンタルクリニック選びに悩まれている患者さんにむけて、医師からみた「飯田橋の精神科・心療内科」をご紹介していきたいと思います。

 

1.飯田橋のメンタルクリニックページの見方

これから飯田橋のメンタルクリニックをご紹介していきますが、はじめにこのご紹介ページの見方についてお伝えしたいと思います。

このページは、「ホームページやインターネットでわかる客観的な情報が中心」になります。公式ホームページの情報を引用させていただき、出典の明記は公式ホームページの紹介に代えさせていただきます。

これまでの院長の経歴やクリニックの方針などから、どのような特徴があるメンタルクリニックなのかをお伝えしていきます。いい先生だとわかっている場合はおすすめしたいのですが、受け止め方には個人差もあるので控えたいと思います。

その他注意点として、以下のことにお気を付けください。

 

2.飯田橋の精神科・心療内科を受診する前に・・・

飯田橋のメンタルクリニックを受診する前に、メンタルクリニックについての基礎知識を整理しておきましょう。

メンタルクリニックを選ぶにあたっては、以下を参考にしてください。

メンタルクリニックをはじめて受診される方は、以下を参考にしてください。

メンタルクリニックを転院する際は紹介状が必要なことが多いです。以下を参考にしてください。

メンタルクリニックは当日予約ができるところは非常に少ないです。近日では予約がとれないクリニックも少なくありません。早めに予約を取ることをお勧めします。

 

3.飯田橋のメンタルクリニック(精神科・心療内科)

 

①医療法人社団光洋会 飯田橋光洋クリニック

<特徴>

光洋クリニック御茶ノ水院が平成24年1月に飯田橋に移転し、飯田橋光洋クリニックとしてリニューアルしました。光が丘にも同じグループのクリニックがあります。

院長先生は、浜松医大の医局ののちに精神科単科病院で勤務され、平成8年からクリニックを開業されています。カウンセリングルームを併設していて、臨床心理士によるカウンセリングを行っています。

<医師>

市川光洋先生:院長

【経歴】

【資格】
精神保健指定医・日本精神神経学会精神科専門医

【学会】
日本森田療法学会(理事)など

<クリニック情報>

飯田橋光洋クリニックの診療時間

 

②医療法人社団明善会 飯田橋榎本クリニック

<特徴>

都内に5ヶ所(池袋・新大塚・飯田橋・御徒町・大森)にあるクリニックのひとつとして、平成23年に開院しました。

様々な疾患の患者さんを対象にしたデイケアを実施しています。うつ病などで休職された方のリワークのほか、各種依存症(アルコール・薬物・ギャンブル・性犯罪や性的問題行動)・発達障害などのプログラムがあります。

インターネットでクリニック名を検索すると、生活保護の患者さんに対するデイケアの在り方への問題提起がなされています。現在デイケアは2016年の診療報酬改定により、要件が厳しくなっています。

<医師>

古屋知子先生:院長

【経歴】

【資格】
未記載

【学会】
未記載

<クリニック情報>

飯田橋榎本クリニックの診療時間

 

③神楽坂ストレスクリニック

<特徴>

院長先生は広島大学の医局に入局され、関連病院でご勤務されていました。ご家庭の事情で上京され、埼玉の民間病院のサテライトクリニックの院長をされていました。同クリニックは平成21年に閉院していますが、その時期に一致してご開業されています。

漢方、鍼灸、リラクゼーションなどの代替療法を積極的に取り入れていらっしゃるそうです。

<医師>

上田容子先生:院長

【経歴】

【資格】
精神保健指定医・日本精神神経学会精神科専門医(指導医)・日本胎盤臨床医学会認定医(理事)・日本医師会認定産業医

【学会】
日本精神神経学会・日本心身医学会・日本統合医療学会・日本胎盤臨床医学会・日本うつ病学会

<クリニック情報>

神楽坂ストレスクリニックの診療時間

 

④南海クリニック

<特徴>

院長先生は東京医科歯科大学の医局に入局され、関連病院で臨床や研究をされてこられました。フランスにも留学され、帰国後は飯田橋にある東京警察病院に長らくご勤務されていました。

認知行動療法を中心としたカウンセリングも行っていますが、費用等詳細についてはわかりませんでした。

<医師>

南海昌博先生:院長

【経歴】

【資格】
医学博士・精神保健指定医・日本精神神経学会精神科専門医・日本医師会認定産業医

【学会】
未記載

【その他の常勤医】

<クリニック情報>

南海クリニックの診療時間

 

⑤外堀クリニック

<特徴>

院長先生は、順天堂大学の関連病院でご勤務されたのちに平成11年に開業されています。

「もしかしてわたしって「うつ」!?」「自分で出来るストレス・チェック」今、ストレスが゙危ない」などの著書があります。

<医師>

岩本典彦先生:院長

【経歴】

【資格】
医学博士・精神保健指定医・日本医師会認定産業医・日本精神神経学会精神科専門医

【学会】
未記載

<クリニック情報>

外堀クリニックの診療時間

 

⑥飯田橋メンタルクリニック

<特徴>

院長先生は東京慈恵医科大学の医局に入局され、関連病院でご勤務されてこられました。精神療法やカウンセリングを積極的に取りくまれているとのことで、森田療法や認知行動療法、箱庭療法などを行っています。

「わかりやすさにこだわった」という患者さん向けの精神医学の教科書をクリニックで配布されていて、薬物療法・森田療法・認知行動療法・箱庭療法・脳波検査を分かりやすく解説されているとのことです。(1冊100円)

<医師>

三宅永先生:院長

【経歴】

【資格】
医学博士・精神保健指定医・臨床心理士

【学会】
日本森田療法学会・日本箱庭療法学会・日本心理臨床学会

<クリニック情報>

飯田橋メンタルクリニックの診療時間

 

⑦飯田橋斎藤医院

<特徴>

残念ながら公式ホームページが見当たらず、詳細についてはわかりませんでした。

<医師>

齋藤隆亮先生:院長

【経歴】

【資格】
精神保健指定医・日本医師会認定産業医

【学会】
未記載

<クリニック情報>

飯田橋斎藤医院の診療時間

 

⑧独立行政法人地域医療機能推進機構 東京新宿メディカルセンター

<特徴>

昭和27年東京厚生年金病院として設立され、平成26年4月に現在の名称に変更しています。

精神科については20床の一般病床があり、修正型電気けいれん療法も可能とのことです。

他院からの紹介状がない場合は、選定療養費として3,000円必要になります。

<医師>

大坪天平先生:精神科主任部長

【経歴】

【資格】
日本精神神経学会専門医・日本臨床精神神経薬理学会専門医(指導医)・日本心身医学会認定医・精神保健指定医・日本医師会認定産業医

【学会】
未記載

<クリニック情報>

東京新宿メディカルセンターの診療時間

 

⑨東京逓信病院

<特徴>

精神科は昭和52年から開設されています。精神科の病棟は25床で開放病棟だそうですが、現在休止中のため入院はできないそうです。

リワークプログラムなどの精神科デイケアを行う東京逓信病院リワークセンターが併設されています。

他院からの紹介状がない場合は、選定療養費として3,000円必要になります。

<医師>

亀山知道先生:精神科部長

【経歴】

【資格】
精神保健指定医

【学会】
未記載

<クリニック情報>

東京逓信病院の診療時間

 

まとめ

これまで、飯田橋の精神科・心療内科についてみてきました。

ホームページやインターネットの情報だけでは不十分なところが多いですが、少しでも自分に合ったメンタルクリニック探しの一助になれば幸いです。

実際のところは、診察を受けてみないとわかりません。患者さんによって医師との相性もありますし、治療方針の相違もあります。当サイトでは、いかなる責任も負いかねますのでご了承ください。

もし記載事項に誤りがございましたら、ご連絡いただけますと幸いです。クリニックの関係者様で、「こういうところに力をいれている」「こんな特徴がある」ということがございましたら、ご連絡ください。

また、こちらに記載していない飯田橋のクリニックの関係者様がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください。この記事に従って情報をまとめてくだされば、編集はしますが追記させていただきます。