日吉の精神科・心療内科!日吉のメンタルクリニックのご紹介

アイコン 2016.8.1 精神科・心療内科の病院
Pocket
LINEで送る

このページをお読みいただいている方は、

などの検索でたどり着かれたかと思います。

ですから、心に不調を感じてメンタルクリニックを探されている方が多いかと思います。

私たちは精神科医をしていますが、多くの患者さんがインターネットでクリニックを調べて受診されます。ですがホームページをみていても、なかなか判断がつきにくいかもしれません。

最近では病院の口コミサイトなども増えてきましたが、患者さんと医師の相性も人それぞれになります。また心の病気は目に見えないので、口コミや評判だけでは判断もつきにくいです。

ここではそんなメンタルクリニック選びに悩まれている患者さんにむけて、医師からみた「日吉の精神科・心療内科」をご紹介していきたいと思います。

 

1.日吉のメンタルクリニックページの見方

これから日吉のメンタルクリニックをご紹介していきますが、はじめにこのご紹介ページの見方についてお伝えしたいと思います。

このページは、「ホームページやインターネットでわかる客観的な情報が中心」になります。公式ホームページの情報を引用させていただき、出典の明記は公式ホームページの紹介に代えさせていただきます。

これまでの院長の経歴やクリニックの方針などから、どのような特徴があるメンタルクリニックなのかをお伝えしていきます。いい先生だとわかっている場合はおすすめしたいのですが、受け止め方には個人差もあるので控えたいと思います。

その他注意点として、以下のことにお気を付けください。

 

2.日吉の精神科・心療内科を受診する前に・・・

日吉のメンタルクリニックを受診する前に、メンタルクリニックについての基礎知識を整理しておきましょう。

メンタルクリニックを選ぶにあたっては、以下を参考にしてください。

メンタルクリニックをはじめて受診される方は、以下を参考にしてください。

メンタルクリニックを転院する際は紹介状が必要なことが多いです。以下を参考にしてください。

カウンセリングをご検討の方は、以下を参考にしてください。

メンタルクリニックは当日予約ができるところは非常に少ないです。近日では予約がとれないクリニックも少なくありません。早めの予約をお勧めします。

 

3.日吉のメンタルクリニック(精神科・心療内科)

 

①医療法人新生会 洋和メンタルクリニック

<特徴>

旧めだかメンタルクリニック(平成11年開設→平成25年12月より改称)

「西洋医学(洋)と東洋医学・漢方医学(和)の融合」「治療方法を選べるクリニック」を謳い、患者の希望に応じて薬物療法や漢方療法を行なっているとのことです。詳細はわかりませんが、カウンセリングも行えるとのことです。

中国ご出身の先生なので、漢方医学(中医学)についてはお詳しいかと思います。おそらく東邦大学の医局に入られた先生で、精神科単科病院での勤務を中心にご勤務されています。指定医や専門医を取得されていて、専門医試験制度がはじまった第一回目(平成20年)に取得されているようです。

<医師>

石北博先生:院長

【経歴】

【資格】
精神保健指定医・精神科専門医

【学会】
日本精神神経学会

<クリニック情報>

洋和メンタルクリニックの診療時間

 

②ひよしの丘クリニック

<特徴>

港北地域で福祉保健センターや学校の嘱託医など務め、地元の医療事情に詳しかった院長が平成18年に開業したクリニックです。昔から地域の患者さんや役所関係とご縁があるのだと思います。

横浜市立大学に入局されていて神経科となっていますが、基本的には精神科で経験を積まれている先生かと思います。精神科単科病院を中心にご勤務歴があります。指定医や専門医といった資格をはじめ、認知症専門医も取得されています。

<医師>

川上博先生:院長

【経歴】

【資格】
精神保健指定医・精神科専門医(指導医)・日本老年精神医学会認定専門医・日本医師会認定産業医

【学会】
日本うつ病学会など

<クリニック情報>

ひよしの丘クリニックの診療時間

 

③日吉心のクリニック

<特徴>

平成4年に開業したクリニック。現在、武蔵小杉と新横浜にチェーン展開しているクリニックで、日吉はグループ院の先駆けになります。設立された先生は、新横浜の理事長・院長を務めています。

診療の内容としては、通常の精神科・心療内科外来。臨床心理士によるカウンセリングルームを併設しています。

<医師>

新開浩二先生:院長

【経歴】

【資格】
未記載

【学会】
未記載

<クリニック情報>

日吉心のクリニックの診療時間

 

④医療法人ディープインテンション 日吉病院

<特徴>

昭和33年、日本初の男女混合全開放の精神科単科病院としてスタートしました。現在の院長は三代目とのこと。院長先生は昭和大学の医局のご出身で、ご経歴にある烏山病院は発達障害の治療で有名な病院です。

入院での治療が中心になりますので、入院の可能性がある方はこの病院で相談されてもよいかもしれません。開放病棟ですので、入院でも症状が軽度の方が対象となります。

外来は、入院患者さんの退院後のフォローアップが中心かと思われます。訪問診療・訪問看護も行なっています。

リンクスメンタルクリニックを買収し、しんよこメンタルクリニックと業務連携をすることでサテライトクリニックとされるようです。横浜市北部地域での、入院と社会生活のはざまの患者さんを支えてくださる病院かと思います。

<医師>

熊田貴之先生:院長

【経歴】

【資格】
未記載

【学会】
未記載

【その他常勤医】

<クリニック情報>

日吉病院の診療時間

 

まとめ

これまで、日吉の精神科・心療内科についてみてきました。

ホームページやインターネットの情報だけでは不十分なところが多いですが、少しでも自分に合ったメンタルクリニック探しの一助になれば幸いです。

実際のところは、診察を受けてみないとわかりません。患者さんによって医師との相性もありますし、治療方針の相違もあります。当サイトでは、いかなる責任も負いかねますのでご了承ください。

もし記載事項に誤りがございましたら、ご連絡いただけますと幸いです。クリニックの関係者様で、「こういうところに力をいれている」「こんな特徴がある」ということがございましたら、ご連絡ください。

また、こちらに記載していない日吉のクリニックの関係者様がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください。この記事に従って情報をまとめてくだされば、編集はしますが追記させていただきます。