アモバン錠の効果と強さ

2016.12.25 アモバン

アモバンは、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬に分類される睡眠薬です。

従来の睡眠薬よりも睡眠作用に特化していて、ふらつきなどの副作用が少ないお薬になっています。依存性も軽減しており、とても有効なお薬です。

アモバンは、この系統として日本で初めて1989年に発売されたお薬になります。現在では、アモバンを改良したルネスタも発売されています。

ここでは、アモバンの効果と特徴について詳しくお伝えしていきたいと思います。


アモバンとアルコール(お酒)は大丈夫?

2015.9.1 アモバン

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

それでもアモバンなどの睡眠薬は、アルコールやお酒とは併用しないほうがよいです。どうしてもという時は、睡眠薬を我慢するようにしましょう。

それでは、どうしてアモバンとアルコールは避けなければいけないのでしょうか?ここでは、お酒がアモバンに及ぼす影響を考えていきましょう。


アモバン錠7.5mg・10mgの薬価と使い分け

2015.8.12 アモバン

アモバンは安全性が高いので、よく処方されている睡眠薬のひとつです。入眠障害で悩んでいる方には、しっかりとした効果も期待できます。中途覚醒にも効果が期待できます。

アモバンの錠剤としては7.5mgと10mgの2種類が発売されています。割線がついているので半分に割ることもできます。まずは7.5mgからはじめて、効果をみながら10mgまで増量するか検討します。ここでは、アモバン錠10mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

アモバンの効果について詳しく知りたい方は、
アモバン錠の効果と強さ
をお読みください。


スローハイム錠(ゾピクロン錠「アメル」)の効果と副作用

2015.8.12 アモバン

スローハイムは、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のアモバンのジェネリック医薬品です。アモバンは1989年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

スローハイムは、2013年からゾピクロン錠「アメル」という名称に変更されました。いろいろな名前のジェネリックがあると紛らわしくなってしまうために、一般名(成分名)のゾピクロンをジェネリックの処方として統一する流れをうけてです。

スローハイムはバランスの良い睡眠薬ですし、合う方にはとてもよい睡眠薬です。ここでは、スローハイムの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


ドパリール錠の効果と副作用

2015.8.12 アモバン

ドパリールは、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のアモバンのジェネリック医薬品です。アモバンは1989年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

ジェネリック医薬品も、昔はいろいろな製薬会社がそれぞれの商品名をつけて販売していました。ドパリールもそのひとつです。いろいろな商品があると紛らわしくなってしまったり、管理が大変になってしまいますね。最近では、一般名(成分名)の「ゾピクロン」をジェネリックとして処方することに統一されつつあります。

ドパリールはバランスの良い睡眠薬ですし、合う方にはとてもよい睡眠薬です。ここでは、ドパリールの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


アモバンテス錠の効果と副作用

2015.8.12 アモバン

アモバンテスは、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のアモバンのジェネリック医薬品です。アモバンは1989年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

ジェネリック医薬品も、昔はいろいろな製薬会社がそれぞれの商品名をつけて販売していました。アモバンテスもそのひとつです。いろいろな商品があると紛らわしくなってしまったり、管理が大変になってしまいますね。最近では、一般名(成分名)の「ゾピクロン」をジェネリックとして処方することに統一されつつあります。

アモバンテスはバランスの良い睡眠薬ですし、合う方にはとてもよい睡眠薬です。ここでは、アモバンテスの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


メトローム錠の効果と副作用

2015.8.12 アモバン

メトロームは、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のアモバンのジェネリック医薬品です。アモバンは1989年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

ジェネリック医薬品も、昔はいろいろな製薬会社がそれぞれの商品名をつけて販売していました。メトロームもそのひとつです。いろいろな商品があると紛らわしくなってしまったり、管理が大変になってしまいますね。最近では、一般名(成分名)の「ゾピクロン」をジェネリックとして処方することに統一されつつあります。

メトロームはバランスの良い睡眠薬ですし、合う方にはとてもよい睡眠薬です。ここでは、メトロームの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


ゾピクロン錠の効果と副作用

2015.8.11 アモバン

ゾピクロンは、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のアモバンの一般名(成分名)です。アモバンは1989年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

ジェネリック医薬品も、昔はいろいろな製薬会社がそれぞれの商品名をつけて販売していました。最近では紛らわしくなってしまったり、管理が大変になることから、一般名をジェネリックの商品名として統一されつつあります。ですから、アモバンのジェネリックとしては「ゾピクロン」が処方されることが多くなっています。

ゾピクロンはバランスの良い睡眠薬ですし、合う方にはとてもよい睡眠薬です。ここでは、ゾピクロンの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


アモバンとジェネリックの違いとは?

2015.8.11 アモバン

アモバンは発売されてから年月がたっていますので、ジェネリックが発売されています。

アモバンテス・メトローム・ドパリール・スローハイムなどのいろいろな種類のジェネリックが発売されていましたが、現在は一般名(成分名)でもある「ゾピクロン」に統一されつつあります。

先発品のアモバンとジェネリック(ゾピクロン)にはどのような違いがあるのでしょうか?詳しくお伝えしていきたいと思います。


アモバンの副作用(対策と比較)

2015.8.11 アモバン

アモバンは1989年に日本で初めて発売された非ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。従来のベンゾジアゼピン系睡眠薬に比べると、副作用は少なく安全性の高い睡眠薬として広く使われるようになりました。

ただ、アモバン特有の「苦味」があったりします。安全性の高いアモバンですが、どのようなことに注意していけばよいのでしょうか?

ここでは、アモバンの副作用について詳しく説明していきたいと思います。


アモバンの半減期からわかること

2015.8.11 アモバン

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。薬の半減期をみると、睡眠薬の効き方を予想することができます。また、気を付けなければいけない副作用も変わってきます。

アモバンの半減期は4時間と睡眠薬の中では短いです。このためアモバンは超短時間型睡眠薬と呼ばれていますが、ギリギリ中途覚醒にも効果が期待できる睡眠薬です。

ここでは、アモバンの半減期からどんなことがわかるのか、詳しく説明していきたいと思います。


アモバンの致死量とは?過量服薬するとどうなるの?

2015.8.11 アモバン

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

そんな時によく手にされるのが睡眠薬です。「睡眠薬を大量に飲めば楽に死ねる」といった誤解から、過量服薬される方がとても多いです。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず主治医に相談 してください。

ここでは、アモバンの致死量について正しく理解していただき、過量服薬(OD)の実情を知って、少しでも思いとどまる方がいてくだされば幸いです。


アモバンが苦いのはなぜ?苦味の対策とは?

2015.8.10 アモバン

アモバンを飲むと苦いと感じる方がいらっしゃいます。飲んだ時に苦いだけならば「良薬は口に苦し」ですみますが、この苦味は翌日も続いてしまうこともあります。

この苦味はアモバンに特有の副作用です。飲むときに苦いと感じたり、マズイと感じる薬はたくさんあります。ですが、服用してからも続くような味覚障害はあまりありません。

ここでは、アモバンが苦い理由とその対策について考えていきましょう。