ハルシオン錠の効果と強さ

2017.1.11 ハルシオン

ハルシオンは、寝つきを改善するためによく使われているベンゾジアゼピン系睡眠薬です。

1983年に発売されて以来、入眠効果と切れ味のよさから広く処方されるようになりました。現在でも、マイスリーと並んでもっともよく処方されている睡眠薬でしょう。

寝つきをよくするタイプの睡眠薬の中でも、効果の強さは最も強いといっても過言ではありません。しかしながら入眠作用の強さは、依存性の高さにもつながります。「ハルシオン遊び」と呼ばれるような乱用をされたり、ときには犯罪に使われることもあります。

入眠をよくする同じタイプの睡眠薬としては、比較的安全性の高いマイスリーやアモバンなどの非ベンゾジアゼピン系睡眠薬が発売されるようになりました。ですがハルシオンは古くからあり、その効果の良さから今でも処方されることが多いです。

ここでは、ハルシオンの効果について詳しくお伝えしていきたいと思います。


パルレオン錠(トリアゾラム錠「テバ」)の効果と副作用

2015.9.4 ハルシオン

パルレオンは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬ハルシオンのジェネリック医薬品(後発品)です。ハルシオンは1983年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

パルレオンは、2013年からトリアゾラム錠「テバ」という名称に変更されました。いろいろな名前のジェネリックがあると紛らわしくなってしまうために、一般名(成分名)のトリアゾラムをジェネリックの処方として統一する流れを踏まえてです。

パルレオンは、効果が強くて切れ味のよい睡眠薬です。入眠障害の患者さんにはとても有効ですが、副作用や依存性が問題になります。ここでは、パルレオンの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


ミンザイン錠(トリアゾラム錠「日医工」)の効果と副作用

2015.9.3 ハルシオン

ミンザインは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬ハルシオンのジェネリック医薬品(後発品)です。ハルシオンは1983年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

ミンザインは、2013年からトリアゾラム錠「日医工」という名称に変更されました。いろいろな名前のジェネリックがあると紛らわしくなってしまうために、一般名(成分名)のトリアゾラムをジェネリックの処方として統一する流れをうけてです。

ミンザインは、効果が強くて切れ味のよい睡眠薬です。入眠障害の患者さんにはとても有効ですが、副作用や依存性が問題になります。ここでは、ミンザインの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


ハルラック錠の効果と副作用

2015.9.2 ハルシオン

ハルラックは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬ハルシオンのジェネリック医薬品(後発品)です。ハルシオンは1983年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

ジェネリック医薬品も、昔はいろいろな製薬会社がそれぞれの商品名をつけて販売していました。ハルラックもそのひとつです。いろいろな商品があると紛ら わしくなってしまったり、管理が大変になってしまいますね。最近では、一般名(成分名)の「トリアゾラム」をジェネリックとして処方することに統一されつつ あります。ハルラックはまだ生き残っています。

ハルラックは、効果が強くて切れ味のよい睡眠薬です。入眠障害の患者さんにはとても有効ですが、副作用や依存性が問題になります。ここでは、ハルラックの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


アスコマーナ錠の効果と副作用

2015.8.13 ハルシオン

アスコマーナは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬ハルシオンのジェネリック医薬品(後発品)です。ハルシオンは1983年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

ジェネリック医薬品も、昔はいろいろな製薬会社がそれぞれの商品名をつけて販売していました。アスコマーナもそのひとつです。いろいろな商品があると紛ら わしくなってしまったり、管理が大変になってしまいますね。最近では、一般名(成分名)の「トリアゾラム」をジェネリックとして処方することに統一されつつ あります。アスコマーナはまだ生き残っています。

アスコマーナは、効果が強くて切れ味のよい睡眠薬です。入眠障害の患者さんにはとても有効ですが、副作用や依存性が問題になります。ここでは、アスコマーナの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


トリアゾラム錠の効果と副作用

2015.8.13 ハルシオン

トリアゾラムは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬のハルシオンの一般名(成分名)です。ハルシオンは1983年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

ジェネリック医薬品も、昔はいろいろな製薬会社がそれぞれの商品名をつけて販売していました。最近では紛らわしくなってしまったり、管理が大変になることから、一般名をジェネリックの商品名として統一されつつあります。ですから、ハルシオンのジェネリックとしては「トリアゾラム」が処方されることが多くなっています。

トリアゾラムは、効果が強くて切れ味のよい睡眠薬です。入眠障害の患者さんにはとても有効ですが、副作用や依存性が問題になります。ここでは、トリアゾラムの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


ハルシオン錠とジェネリックの違いとは?

2015.8.13 ハルシオン

ハルシオンは発売されてから年月がたっていますので、ジェネリックが発売されています。

ハルラック、アスコマーナ、ミンザイン、パルレオン、トリアゾラムなどのいろいろな種類のジェネリックが発売されていました。紛らわしさをなくすために、現在は一般名(成分名)でもある「トリアゾラム」に統一されつつあり、ミンザインやパルレオンは名称変更されています。

先発品のハルシオンとジェネリック(トリアゾラム)にはどのような違いがあるのでしょうか?詳しくお伝えしていきたいと思います。


ハルシオンの致死量とは?過量服薬するとどうなるの?

2015.8.13 ハルシオン

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

そんな時によく手にされるのが睡眠薬です。「睡眠薬を大量に飲めば楽に死ねる」といった誤解から、過量服薬される方がとても多いです。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず主治医に相談 してください。

ここでは、ハルシオンの致死量について正しく理解していただき、過量服薬(OD)の実情を知って、少しでも思いとどまる方がいてくだされば幸いです。


ハルシオンの半減期からわかること

2015.8.13 ハルシオン

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。薬の半減期をみると、睡眠薬の効き方を予想することができます。また、気を付けなければいけない副作用も変わってきます。

ハルシオンの半減期は2.9時間と、睡眠薬の中でも最も短いです。このため、ハルシオンは超短時間型睡眠薬ともよばれています。

ここでは、ハルシオンの半減期からどんなことがわかるのか、詳しく説明していきたいと思います。


ハルシオンとアルコール(お酒)は大丈夫?

2015.8.13 ハルシオン

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

それでもハルシオンなどの睡眠薬は、アルコールやお酒とは併用しないほうがよいです。どうしてもという時は、睡眠薬を我慢するようにしましょう。

どうしてハルシオンとアルコールは避けなければいけないのでしょうか?ここでは、お酒がハルシオンに及ぼす影響を考えていきましょう。


ハルシオンの副作用(対策と比較)

2015.8.13 ハルシオン

ハルシオンは、1983年に発売されたベンゾジアゼピン系睡眠薬です。

作用時間が短いですが効果が強く、切れ味のよい睡眠薬です。その一方で、ハルシオンはふらつき・健忘などの副作用や依存性の高さなどが問題となっています。

このように切れ味のよいお薬で睡眠薬でも非常によく処方されていたおくすりでしたが、依存や乱用の問題から最近は処方されることが減ってきています。

ここでは、ハルシオンの副作用について詳しく説明していきたいと思います。


ハルシオンの依存性とは?

2015.8.13 ハルシオン

ハルシオンは、切れ味のよい睡眠薬として広く処方されています。作用時間が短く、効果もしっかりとしたものがあります。このため、「効いた」という実感も強いものがあり、依存性も高い睡眠薬です。やめようとしても反跳性不眠や離脱症状が出てしまってやめれなくなる方もいらっしゃいます。

ここでは、ハルシオンの依存性について詳しく説明し、依存にならないための対策をお伝えしていきたいと思います。


ハルシオンの離脱症状や反跳性不眠とは?

2015.8.12 ハルシオン

ハルシオンを長く飲んでいると、身体にあるのがあたり前になっていきます。その状態で急にハルシオンが減ると、身体がびっくりして不調をきたすことがあります。不眠が悪化することを反跳性不眠、他にもいろいろ症状がでてくることを離脱症状といったりします。

このように、ハルシオンの減薬・断薬をしていくと反跳性不眠がみられることが多いです。やめようとすると不眠がひどくなってしまうので、怖くてやめられなくなってしまいます。ここでは、ハルシオンによる反跳性不眠や離脱症状について、詳しく見ていきたいと思います。