自立支援医療の精神通院のポイント

2015.2.22 自立支援医療

心療内科や精神科の治療は、長く通院を続けていくことで少しづつよくなっていきます。状態が悪い患者さんの方が通院をこまめにしていただく必要があります。そのような場合、多くが社会生活に支障があり、収入も十分でない場合も多いです。

しっかりと治療を行っていただくために、継続的な通院が必要な方は、自立支援医療制度が利用できる場合があります。この制度を利用すると、医療費が1割となり、場合によっては月の上限が設けられます。この制度の概要をまとめたいと思います。