精神障害者保健福祉手帳の診断書の実情とは?

2016.5.19 障害者手帳・療育手帳

精神障害者保健福祉手帳(精神障害者手帳)とは、精神疾患の治療を半年以上行っていてもなかなか治らず、生活への支障が大きい方に対して交付されます。

その最大のメリットは、障害者雇用にあります。障害者雇用促進法によって障害者の社会復帰促進がすすめられていて、将来的には精神障害者にさらなる追い風となる方針となっています。

精神障害者福祉手帳を申請するには、医師の診断書が必要となります。私も多くの患者さんに診断書を書いてきました。

ここでは、精神障害者福祉手帳の診断書の実情をお伝えしていきたいと思います。


精神障害者保健福祉手帳(精神障害者手帳)のメリットとは?

2016.5.18 障害者手帳・療育手帳

精神障害者保健福祉手帳とは、精神疾患の患者さんの障害者手帳のことです

精神疾患のために長期にわたって生活に支障がある方に対して、その生活をサポートするための制度です。精神疾患の程度に応じて等級が決められていて、その等級に応じて優遇があります。

精神障害者手帳は社会参加の促進を目的としていて、手帳を取得する一番のメリットは障害者雇用にあります。障害者雇用促進法によって従業員が100人を超える事業所では、民間企業では2%の雇用が義務付けられています。

経済的なメリットももちろんありますが、就労の時に障害者手帳を申請することが多いです。ここでは、精神障害者保健福祉手帳(精神障害者手帳)について概要をお伝えしていきます。