精神安定剤・抗不安薬の選び方(効果と強さの比較)

2016.3.1 抗不安薬のまとめ

不安は非常につらい症状です。ストレスも強くかかり、身体の自律神経のバランスも崩れてしまいます。精神安定剤は、不安で苦しんでいる方に非常に有用です。精神安定剤は一般的に、抗不安薬を意味しています。

日本で使われている抗不安薬のほとんどはベンゾジアゼピン系に属しますので、漫然と使っていると依存してしまうこともあります。精神安定剤について正しく理解して、用法を守って使っていく必要があります。

今日では、さまざまな精神安定剤が発売されています。医師はそれぞれの患者さんの不安の状態に合わせて精神安定剤を使い分けています。

ここでは、精神安定剤の効果や強さを比較しながら、精神安定剤の選び方を考えていきたいと思います。ぜひ、ご自身の使っている精神安定剤・安定剤に関する理解を深めてください。


精神安定剤・抗不安薬の妊娠への影響とは?

2015.9.30 抗不安薬のまとめ

女性の方は妊娠への薬の影響を心配をされる方は多いと思います。精神安定剤を服用しているのに予想外の妊娠がわかって、慌てている方もいらっしゃるかもしれません。

精神安定剤は妊娠に影響がないでしょうか?
飲みながら妊娠しても大丈夫でしょうか?

ここでは、精神安定剤・抗不安薬の妊娠への影響について考えていきたいと思います。


精神安定剤・抗不安薬とアルコール(お酒)は大丈夫?

2015.9.30 抗不安薬のまとめ

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

それでも精神安定剤は、アルコールやお酒とは併用しないほうがよいです。どうしてもお酒を飲まなければいけない時は、精神安定剤を我慢しましょう。

どうして精神安定剤とアルコールは避けなければいけないのでしょうか?ここでは、お酒が精神安定剤・抗不安薬に及ぼす影響を考えていきましょう。


精神安定剤・抗不安薬の依存性と8つの対策

2015.9.30 抗不安薬のまとめ

精神安定剤は一般的に、ベンゾジアゼピン系抗不安薬のことをいいます。

精神安定剤でが即効性が期待できるものが多く、「効いた」という実感も得やすいお薬です。このため、精神安定剤には依存性があります。精神安定剤に依存してしまうと、お薬が身体から抜けてしまうと離脱症状が出てしまいます。これがつらくて、精神安定剤をやめれなくなる方もいらっしゃいます。

ここでは、精神安定剤・抗不安薬の依存性について詳しく説明し、依存にならないための対策をお伝えしていきたいと思います。


精神安定剤・抗不安薬の注意すべき3つの副作用

2015.9.29 抗不安薬のまとめ

不安が強い方は、「精神安定剤は怖いから使いたくない」とおっしゃる方も多いです。

「薬を使ったらやめられなくなってしまう」
「精神安定剤は脳に作用するから危険な薬だ」

といったように、誤解されている方が多いです。不安が強いと物事がうまくいかなくなってしまいます。すると、自信がなくなってしまってますます不安になってしまいます。不安はこのように、悪循環におちいりやすいです

精神安定剤を使っていくことで、この悪循環を止めることができます。精神安定剤とは一般的に抗不安薬を指しますが、ちゃんと用法どおりに使っていれば安全性は高くなっています。

ここでは、精神安定剤・抗不安薬のデメリットである副作用を正しく理解して、納得して精神安定剤を使っていただく手助けができれば幸いです。


精神安定剤・抗不安薬の眠気と5つの対策

2015.9.29 抗不安薬のまとめ

精神安定剤は一般的に、ベンゾジアゼピン系抗不安薬のことをいいます。

抗不安薬は不安や緊張を和らげる働きがありますが、リラックスするので眠気に繋がってしまうことがあります。眠気が日常生活に影響しないように注意しなければいけません。

ここでは、精神安定剤の眠気について詳しくお伝えし、その対策を考えていきたいと思います。


精神安定剤・抗不安薬の離脱症状とは?

2015.9.29 抗不安薬のまとめ

精神安定剤は一般的に、ベンゾジアゼピン系抗不安薬のことをいいます。

精神安定剤は効果の実感がある薬なので、どうしても頼ってしまいます。精神安定剤を長く服用していると、身体にあるのがあたり前になっていきます。その状態で急に精神安定剤が減ると、身体がびっくりして様々な不調をきたすことがあります。

このような症状を離脱症状といいます。ここでは、精神安定剤・抗不安薬による離脱症状の対策とやめ方について、詳しく見ていきたいと思います。


精神安定剤・抗不安薬の種類とは?

2015.9.28 抗不安薬のまとめ

精神安定剤とは、一般的には抗不安薬のことを意味します。脳の機能を抑えることで気持ちを落ち着かせるお薬で、そのほとんどがベンゾジアゼピン系に属します。

今日では、さまざまな精神安定剤が開発されています。患者さんの不安の状態にあわせて、医師は精神安定剤を選んで処方しています。現在の精神安定剤は安全性が高くなってはいますが、もちろん副作用もあります。漫然と使っていると依存してしまうこともあるので、注意が必要です。

精神安定剤にはどのような種類があるのでしょうか?
ご自身が飲まれている精神安定剤はどのようななお薬なのでしょうか?

正しく理解して、精神安定剤を適切に使っていくことが大切です。ここでは、精神安定剤にはどのような種類があるのか、特徴をふまえてご紹介していきたいと思います。


ベンゾジアゼピン系抗不安薬とは?効果と副作用の比較

2015.9.9 抗不安薬のまとめ

抗不安薬は、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。抗不安薬として使われているお薬は、ほとんどすべてベンゾジアゼピン系に分類されます。

ベンゾジアゼピン系は、抗不安薬としてだけでなく睡眠薬としても使われます。不安を和らげる効果が強いものは抗不安薬、催眠効果が強いものは睡眠薬として使われています。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬は即効性も期待できて、しっかりと効果があるお薬です。そうはいっても、眠気やふらつきといった副作用や、耐性(薬が慣れて効かなくなること)や依存性などに注意が必要です。

ここでは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果と副作用について詳しくみていきたいと思います。また、ベンゾジアゼピン系抗不安薬の中での違いを比較してみましょう。