ラメルテオン(ロゼレム)の効果と副作用

2015.8.31 ロゼレム

ラメルテオンは、2010年に発売された新しい睡眠薬ロゼレムの成分名(一般名)です。従来の睡眠薬とは異なる作用機序で、メラトニン受容体作動薬と呼ばれています。2014年に発売されたばかりの睡眠薬ですので、しばらくはジェネリックは発売されないでしょう。ジェネリックが発売されたら、 「ラメルテオン」という名前になるかと思います。

服用続けていくことで、少しずつ睡眠が全体的に改善していきます。生理的なメカニズムを利用するので、自然に近い眠りを導く睡眠薬です。副作用が少なく、依存性もないと考えられています。

ここでは、ラメルテオンの効果の特徴について、詳しくお伝えしていきたいと思います。


ロゼレム錠8mgの薬価と実際の使い方

2015.8.31 ロゼレム

ロゼレムは新しい作用機序の睡眠薬で、メラトニン受容体作動薬といわれています。

ロゼレムの錠剤としては8mgの1種類しか発売されていません。即効性は期待できず、少なくとも2週間ほど飲み続けていきながら効果をみていく睡眠薬です。

ここでは、ロゼレム錠8mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ロゼレムの効果について詳しく知りたい方は、
ロゼレム錠の効果と特徴
をお読みください。


ロゼレムの半減期と作用時間とは?

2015.8.31 ロゼレム

ロゼレムは、全体的な睡眠の改善が期待できる睡眠薬です。生理的な睡眠のメカニズムに作用する新しいタイプの睡眠薬で、自然な眠気を導いてくれます。このため副作用も少なく、依存性がない睡眠薬です。

ロゼレムの作用時間はどれくらいでしょうか?どのような効き方をするのでしょうか?

ロゼレムは、その血中濃度の変化だけでは効果の出方を説明ができない睡眠薬です。ロゼレムは最高血中濃度到達時間が0.75時間、半減期が0.94時間です。

ここでは、ロゼレムの作用時間と半減期について詳しく見ていきたいと思います。


ロゼレムの副作用(対策と比較)

2015.8.31 ロゼレム

ロゼレムは、これまでの薬とは異なる新しいタイプの睡眠薬です。体内時計のリズムを調整するメラトニンというホルモンに働きかけて、自然な眠りを強くしてくれる睡眠薬です。

このようにロゼレムは、睡眠の生理的なメカニズムを利用しているので、副作用が少なく安全性が高いです。とはいっても、ロゼレムでも副作用がでてくることはあります。

ここでは、ロゼレムの副作用について、その対処法についてもお伝えしていきたいと思います。


ロゼレム錠の効果と特徴

2015.8.30 ロゼレム

ロゼレム錠は、2010年に発売された新しいタイプの睡眠薬です。

ロゼレム錠の特徴は、従来の睡眠薬とは違って強引に眠らせるのではなく、自然な眠気を強くしてくれる睡眠薬です。服用を続けていくことで、少しずつ効果の実感がでてくるような睡眠薬です。

体内時計のリズムをつくるメラトニンに作用する睡眠薬で、生理的なホルモンに作用するロゼレムは安全性が高く、依存性もありません。ここでは、ロゼレム錠の効果の特徴について、詳しくお伝えしていきたいと思います。