セロクエルの認知症へのメリット・デメリット

2015.12.7 セロクエル

セロクエルは比較的新しい抗精神病薬になります。

おもに統合失調症や双極性障害の治療に使われますが、興奮を落ち着かせる鎮静作用があるので、いろいろな病気で使われています。催眠作用もあるので、睡眠薬として使われることもあります。

セロクエルは、高齢者には比較的使いやすいお薬なので、認知症の患者さんで興奮が強いときに使われることがあります。ここでは、セロクエルの認知症への効果と副作用についてみていきたいと思います。


クエチアピンの副作用(対策と比較)

2015.12.6 セロクエル

クエチアピンは、2001年に発売された第二世代の抗精神病薬(非定型抗精神病薬)セロクエルのジェネリックです。おもに統合失調症や双極性障害の治療に使われています。

クエチアピンは、いろいろな受容体に穏やかに作用するお薬です。抗精神病薬で多い錐体外路症状や高プロラクチン血症が極めて少ないお薬です。一方で、鎮静作用による眠気やふらつき、体重増加には注意が必要です。

ここでは、クエチアピンの副作用について詳しくお伝えしていきます。他の抗精神病薬とも比較しながら、対策を考えていきましょう。


クエチアピン錠の効果と特徴

2015.12.6 セロクエル

クエチアピン錠は、2001年に発売された第二世代の抗精神病薬(非定型抗精神病薬)セロクエル錠のジェネリックです。いろいろな受容体に作用するので、MARTA(多元受容体標的化抗精神病薬)と呼ばれています。

統合失調症の治療薬としては、陰性症状や認知機能の改善効果に優れています。作用がとても穏やかなので、全体的に副作用も少ないです。

おもに統合失調症の治療に使われますが、興奮を落ち着かせる鎮静作用があるので、双極性障害や認知症などでも使われているお薬です。催眠作用があるので、睡眠薬として使われることもあります。

ここでは、クエチアピン錠の効果と特徴を詳しくお伝えしていきたいと思います。他の抗精神病薬とも比較しながら、どのような方に向いているのかを考えていきましょう。


セロクエル錠25mg・100mg・200mgの薬価と使い方

2015.12.5 セロクエル

セロクエルは、2001年に発売された第二世代抗精神病薬(非定型抗精神病薬)です。発売から年月が経っているので、既にジェネリックも発売されています。

セロクエルの錠剤としては、25mg・100mg・200mgの3つの規格が発売されています。ここでは、セロクエル錠25mg・100mg・200mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

セロクエルの効果について詳しく知りたい方は、
セロクエル錠の効果と特徴
をお読みください。


セロクエルの「うつ」への効果

2015.12.5 セロクエル

非定型抗精神病薬のセロクエルは、おもに統合失調症の治療に使われるお薬です。

それだけでなくセロクエルは、うつ病やうつ状態の患者さんにも使われることがあります。セロクエルが処方されたからといって、統合失調症というわけではないのです。海外ではセロクエルは、双極性障害(躁うつ病)の第一選択薬のひとつとなっています。躁症状にもうつ症状にも効果が認められています。

セロクエルはどうして抗うつ効果が期待できるのでしょうか?
セロクエルが使われるのはどのようなケースでしょうか?

ここでは、セロクエルのうつ病やうつ状態への効果について、詳しくお伝えしていきたいと思います。


セロクエルの致死量とは?過量服薬(OD)したらどうなるの?

2015.12.4 セロクエル

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

そんな時によく手にされるのが、精神科のお薬です。「精神科のお薬を大量に飲めば楽に死ねる」といった誤解から、過量服薬される方がとても多いです。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず主治医に相談 してください。

ここでは、セロクエルの致死量について正しく理解していただければと思います。過量服薬(OD)の実情を知って、少しでも思いとどまる方がいてくだされば幸いです。


セロクエルの離脱症状と対処法

2015.12.4 セロクエル

離脱症状とは、お薬を急にやめた時に生じる様々な症状のことです。

精神科のお薬では、抗うつ剤や抗不安薬などで離脱症状がよくみられます。セロクエルなどの抗精神病薬では、よほど無理な減薬をしなければ離脱症状の心配はありません。セロクエルは作用が非常におだやかなお薬です。このため、抗精神病薬の中でも離脱症状は起こりにくいです。

セロクエルを減薬していく時は本当に減薬しても大丈夫なのか、主治医に必ず相談してください。セロクエルは、症状の安定のために重要なことが多いです。離脱症状が起こりにくいとはいえ、医師の指示を守りながら減薬していきましょう。

ここでは、セロクエルによる離脱症状の特徴について詳しくご説明し、離脱症状が認められたらどうすればよいのか考えていきましょう。


セロクエルが糖尿病に禁忌な理由とは?

2015.12.3 セロクエル

セロクエルは、MARTAと呼ばれる第二世代(非定型)抗精神病薬です。2001年2月に発売されましたが、高血糖による死亡例が認められたため、糖尿病の患者さんには禁忌となりました。

セロクエルは統合失調症や双極性障害によく使われていて、非常に有効なお薬です。一番のネックが、体重増加の副作用となっています。食欲増加だけでなく、代謝も悪化してしまいます。

ここでは、セロクエルではどうして糖尿病が禁忌となったのか、その経緯をお伝えします。どのようなことに注意をすればよいのか、みていきましょう。


セロクエルの副作用(対策と比較)

2015.12.3 セロクエル

セロクエルは、2001年に発売された第二世代の抗精神病薬(非定型抗精神病薬)です。おもに統合失調症や双極性障害の治療に使われています。

セロクエルは、いろいろな受容体に穏やかに作用するお薬です。抗精神病薬で多い錐体外路症状や高プロラクチン血症が極めて少ないお薬です。一方で、鎮静作用による眠気やふらつき、体重増加には注意が必要です。

ここでは、セロクエルの副作用について詳しくお伝えしていきます。他の抗精神病薬とも比較しながら、対策を考えていきましょう。


セロクエルの眠気と6つの対策

2015.12.2 セロクエル

精神科のお薬は眠くなるものが多いです。気持ちを落ち着かせるお薬が多いので、どうしてもリラックスして眠気につながってしまいます。日常生活を過ごしていかなければならない中で、眠気が強く出てしまうと困ってしまいますね。

セロクエルは、第二世代の抗精神病薬に分類されています。抗精神病薬には気持ちを落ち着かせる鎮静作用がありますが、その強さにはお薬によって差があります。セロクエルは鎮静作用が強いお薬なので、眠気も多いお薬です。

ここでは、セロクエルの副作用による眠気とその対策について、他の抗精神病薬とも比較しながら詳しくみていきましょう。


セロクエルは太るの?体重増加への5つの対策

2015.12.2 セロクエル

「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。精神科の薬はどうしても太る薬が多いのですが、抗精神病薬は特に太りやすいお薬が多いです。

セロクエルをはじめとしたMARTAとよばれる抗精神病薬では、体重増加が非常によく認められます。セロクエルを服用する際は、あらかじめ太りやすいことを意識しておいた方がよいです。くれぐれも、太ってきたことを理由に自己判断でお薬を止めてしまうことだけはやめてください。

ここでは、セロクエルがなぜ太るのかを考えていきましょう。また、どのような方で太りやすいのかもご紹介していきます。他剤とも比較しながら、どのような対策があるのかを詳しくお伝えしていきます。


セロクエルの半減期と効果時間とは?

2015.12.1 セロクエル

セロクエルは、第二世代抗精神病薬(非定型抗精神病薬)に分類されます。おもに統合失調症の治療薬として使われています。

セロクエルの効果時間は、半減期から考えることができます。セロクエルは最高血中濃度到達時間1.3~1.4時間・半減期3.3~3.5時間です。セロクエルは効果時間が非常に短いので、服用方法に工夫が必要です。

ここでは、セロクエルの半減期と効果時間について、詳しくみていきたいと思います。


セロクエル錠の効果と特徴

2015.12.1 セロクエル

セロクエル錠は、2001年に発売された第二世代の抗精神病薬(非定型抗精神病薬)です。いろいろな受容体に作用するので、MARTA(多元受容体標的化抗精神病薬)と呼ばれています。

統合失調症の治療薬としては、陰性症状や認知機能の改善効果に優れています。作用がとても穏やかなので、全体的に副作用も少ないです。

おもに統合失調症の治療に使われますが、興奮を落ち着かせる鎮静作用があるので、双極性障害や認知症などでも使われているお薬です。催眠作用があるので、睡眠薬として使われることもあります。

ここでは、セロクエル錠の効果と特徴を詳しくお伝えしていきたいと思います。他の抗精神病薬とも比較しながら、どのような方に向いているのかを考えていきましょう。