プレドニゾロン錠の効果と副作用

2017.2.22 プレドニン

プレドニゾロン錠は、プレドニンのジェネリック医薬品として使用されるステロイドの内服薬です。

実はステロイドは、体の中で作られているホルモンです。一日の中でも分泌量は変化していて、朝に多く分泌されて夜に低下していくホルモンです。このステロイドの効果として、以下の作用が期待できます。

このため、アレルギーやリウマチなどの自己免疫疾患、さらには癌領域や感染症領域にも広く使用されているお薬です。今やプレドニゾロンを使用しない領域はないのではと思うくらい、広く使われるお薬です。

一方でプレドニゾロンは、様々な副作用があります。そのためプレドニゾロンは、「背に腹は代えられない」ような本当に使わなければならない時にだけ使用します。

ここでは、プレドニゾロン錠の効果と特徴についてみていきましょう。


水溶性プレドニン点滴の効果と副作用

2016.9.29 プレドニン

水溶性プレドニン(一般名:プレドニゾロン)は、1961年に塩野義製薬が発売した注射薬のステロイド薬になります。ステロイドの内服薬で最もよく使われるプレドニンの、点滴バージョンともいえます。

このステロイドの効果として、

を期待して、アレルギーやリウマチなどの自己免疫疾患、さらには癌領域や感染症領域にも広く使用されているお薬です。今や水溶性プレドニンを使用しない領域はないのではないかと思うくらい、多く使われるお薬です。

一方で水溶性プレドニンは、様々な副作用があります。そのため水溶性プレドニンは「背に腹は代えられない」ような、本当に使わなければならない時にだけ使用します。

ここでは、水溶性プレドニン(プレドニゾロン)の効果と特徴についてみていきましょう。


プレドニン(プレドニゾロン)の安全性は?

2016.9.12 プレドニン

プレドニン(一般名プレドニゾロン)は、抗炎症・抗免疫作用のあるお薬です。効果が強い分、副作用も非常に多彩です。そのため、決して安全だとは言い切れないお薬です。その一方で、プレドニンを使用する時は病気が非常に重篤な時です。

そのため基本的には、「背に腹は代えられぬ」時に使用します。ですから、背に腹は代えられぬ時かを正しく見極める必要があります。ステロイドで使用しなくても良い病態で無理にプレドニンを内服して、副作用がひどくなってしまっては目も当てられません。

当然医師が気を付け、患者さんにも情報として伝える必要があります。ですが実際には、患者さんにうまく伝わっていないことも多々あります。ご自身でも、プレドニンの安全性について確認しておきましょう。


プレドニン(プレドニゾロン)の副作用と対処法

2016.9.3 プレドニン

プレドニン(一般名:プレドニゾロン)は、抗炎症作用・免疫抑制作用のあるステロイドの経口薬です。

ステロイドと効くと気になるのが、副作用だと思います。ステロイドは非常に有用なお薬である一方で、様々な副作用があるのは事実です。

これは、プレドニンを処方している医師は承知のうえで処方しています。プレドニンを処方する場合は多くの場合、「背に腹は代えられない」ほどの治りづらい、もしくは急いで治さないと危ない病気になります。そのため副作用に関しては、ある程度リスクを背負わざるをえません。

とはいってもプレドニンを内服している間、できる対策はあります。ここでは、プレドニンの副作用と対処法について書いていきます。プレドニンを飲んでいる方は、どんなことに気を付ければ良いか確認してみましょう。


プレドニンを自己中断してはいけない理由、ステロイド離脱症状とは?

2016.8.28 プレドニン

プレドニンは、ステロイドの経口薬として様々な疾患に使用するお薬です。ステロイドの作用のうち、

を期待してプレドニンは処方されています。一方でステロイドは、これ以外にも様々な副作用があります。普段何気なく飲んでたプレドニンの副作用を知ったら、怖くなってしまう方もいるかと思います。

しかしながら医師の判断なしに、プレドニンは勝手にやめてはいけないお薬です。プレドニンを勝手にやめてしまうと、ステロイドの離脱症状が出現します。最悪の場合は副腎不全を起こして命にかかわる状態になってしまいます。

ここでは、プレドニンを勝手に中止した場合どうなるかをお伝えしていきたいと思います。


プレドニン錠(プレドニゾロン)の効果と特徴

2016.8.25 プレドニン

プレドニン(一般名:プレドニゾロン)は、1955年に塩野義製薬が発売した内服薬のステロイド薬になります。

実はステロイドは、体の中で作られているホルモンです。一日の中でも分泌量は変化していて、朝に多く分泌されて夜に低下していくホルモンです。このステロイドの効果として、

を期待して、アレルギーやリウマチなどの自己免疫疾患、さらには癌領域や感染症領域にも広く使用されているお薬です。今やプレドニンを使用しない領域はないんじゃないかと思うくらい多く使われるお薬です。

一方でプレドニンは、様々な副作用があります。そのためプレドニンは「背に腹は代えられない」ような、本当に使わなければならない時にだけ使用します。

ここでは、プレドニン(プレドニゾロン)の効果と特徴についてみていきましょう。