水溶性ハイドロコートンの効果と副作用

2016.10.16 コートリル(コルチゾール)

水溶性ハイドロコートン(一般名:ヒドロコルチゾンリン酸エステルナト リウム)は、2008年に日医工株式会社が発売した注射薬のステロイド薬になります。ステロイド内服薬のコートリルの点滴バージョンともいえます。

このステロイドの効果として、

を期待して、急性循環不全などの救急疾患か気管支喘息に適応があるお薬です。

特に水溶性ハイドロコートンの特徴としては、リン酸エステル化されているためアスピリン喘息でも使用できる点があげられます。即効性のあるステロイドでは唯一、水溶性ハイドロコートンがアスピリン喘息に適応があります。

ここでは、水溶性ハイドロコートン(ヒドロコルチゾン)の効果と特徴についてみていきましょう。


サクシゾンの効果と副作用

2016.10.10 コートリル(コルチゾール)

サクシゾン(一般名:ヒドロコルチゾンコハク酸エステルナトリウム)は、2008年に武田工業株式会社が発売した注射薬のステロイド薬になります。

ステロイド内服薬のコートリルの点滴バージョンともいえます。同じ主成分であるヒドロコルチゾンで、先発品の注射薬としてソル・コーテフがあります。サクシゾンは、ソル・コーテフのジェネリック医薬品という位置づけされることが多いです。

このステロイドの効果として、

を期待して多くの疾患に適応があるお薬です。一方でサクシゾンはこれらの炎症作用の他に、硬質コルチコイドの作用が強いお薬です。

硬質コルチコイドは、水分や塩分を体内に取り込む副作用があります。そのためサクシゾンは、様々な副作用があります。サクシゾンは「背に腹は代えられない」ような、本当に使わなければならない時にだけ使用します。

ここでは、サクシゾン(ヒドロコルチゾン)の効果と特徴についてみていきましょう。


ソル・コーテフの効果と副作用

2016.10.8 コートリル(コルチゾール)

ソル・コーテフ(一般名:ヒドロコルチゾンコハク酸エステルナトリウム)は、2008年にイーファーマ製薬会社が発売した注射薬のステロイド薬になります。ステロイド内服薬のコートリルの点滴バージョンともいえます。

このステロイドの効果として、

を期待して、急性循環不全などの救急疾患か気管支喘息に適応があるお薬です。一方でソル・コーテフはこれらの炎症作用の他に、硬質コルチコイドの作用が強いお薬です。

硬質コルチコイドは、水分や塩分を体内に取り込む副作用があります。そのためソル・コーテフは、様々な副作用があります。そのためソル・コーテフは「背に腹は代えられない」ような、本当に使わなければならない時にだけ使用します。

ここでは、ソル・コーテフ(ヒドロコルチゾン)の効果と特徴についてみていきましょう。


コートリル(コルチゾール)の副作用と安全性

2016.9.14 コートリル(コルチゾール)

コートリル(一般名:コルチゾール)は、主にステロイドホルモンが作られなくなるアジソン病で使用されるステロイドの経口薬です。

ステロイドと効くと気になるのが、副作用や安全性だと思います。ステロイドは非常に有用なお薬である一方で、様々な副作用があるのは事実です。

これは、コートリルを処方している医師は承知のうえで処方しています。コートリルを処方する場合は多くの場合、「背に腹は代えられない」ほどの治りづらい、もしくは急いで治さないと危ない病気になります。そのため副作用や安全性に関しては、ある程度リスクを背負わざるをえません。

ここではコートリルの副作用や安全性に関して一度確認してみましょう。


コートリル錠(ヒドロコルチゾン)の効果と特徴

2016.9.13 コートリル(コルチゾール)

コートリル(一般名:ヒドロコルチゾン)は、2008年にファイザー製薬会社が発売した内服薬のステロイド薬になります。

実はコートリルは、体の中で作られているホルモンです。体内ではコルチゾールと呼ばれています。一日の中でも分泌量は変化していて、朝に多く分泌されて夜に低下していくホルモンです。このステロイドの効果として、

を期待して、アレルギーやリウマチなどの自己免疫疾患、さらには癌領域や感染症領域にも広く使用されているお薬です。一方でコートリルはこれらの炎症作用の他に硬質コルチコイドの作用が強いお薬です。

硬質コルチコイドは水分や塩分を体内に取り込む副作用があります。そのためコートリルが使用される場面は、硬質コルチコイドの補充が必要な場面です。主に副腎皮質のホルモンがでなくなるアジソン病が挙げられます。

コートリルは、硬質コルチコイドの作用以外にも様々な副作用があります。

ここでは、コートリル(コルチゾール)の効果と特徴についてみていきましょう。