マイスリー錠の効果と強さ

2016.12.23 マイスリー

マイスリーは、寝つきを改善するお薬として非常に多くの患者さんが使われている睡眠薬です。

マイスリーの特徴は、その効果の早さと持続時間の短さにあります。従来の睡眠薬で多かったふらつきや翌朝への眠気の持越しなどの副作用がとても少なく、依存などのリスクも少ないといわれています。

このため非常に切れ味がよく、寝つきをよくする安全性の高い睡眠薬として定評があります。

2000年に発売されて以来、一斉に処方されていきました。現在はハルシオンと並んで、もっとも多く処方されている睡眠薬になっています。

ここでは、マイスリーにはどのような効果の特徴があるのかを詳しくお伝えしていきたいと思います。


ゾルピデムの致死量とは?過量服薬するとどうなるの?

2015.8.28 マイスリー

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。そんな時に、楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

そんな時によく手にされるのが睡眠薬です。「睡眠薬を大量に飲めば楽に死ねる」といった誤解から、過量服薬される方がとても多いです。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず我々精神科医に相談 してください。

ここでは、ゾルピデムの致死量について正しく理解していただき、過量服薬(OD)の実情を知って少しでも思いとどまる方がいてくだされば幸いです。


ゾルピデム錠10mgの実際の使い方

2015.8.27 マイスリー

ゾルピデムはマイスリーのジェネリックです。ゾルピデムは安全性が高いので、よく処方されている睡眠薬のひとつです。入眠障害で悩んでいる方には、しっかりとした効果も期待できます。

ゾルピデムの錠剤としては5mgと10mgの2種類が発売されています。まずは5mgからはじめて、効果が不十分な時は10mgに増量します。先発品のマイスリー錠10mgとも比較しながら、ジェネリックのゾルピデム錠10mgについてご紹介していきます。

ゾルピデムの効果について詳しく知りたい方は、
ゾルピデム酒石酸塩錠の効果と強さ
をお読みください。


ゾルピデム錠5mgの薬価と実際の使い方

2015.8.26 マイスリー

ゾルピデムはマイスリーのジェネリックです。ゾルピデムは安全性が高いので、よく処方されている睡眠薬のひとつです。入眠障害で悩んでいる方には、しっかりとした効果も期待できます。

ゾルピデムは5mgと10mgの2種類の錠剤と、OD錠(水なしで溶ける薬)やフィルム、内用液などが発売されています。先発品のマイスリー錠5mgとも比較しながら、ゾルピデム錠5mgについてご紹介していきます。

ゾルピデムの効果について詳しく知りたい方は、
ゾルピデム酒石酸塩錠の効果と特徴とは?
をお読みください。


マイスリーの授乳への影響とは?

2015.8.25 マイスリー

出産という一大イベントを終えると、待ったなしにお母さんの役目がはじまります。お薬を飲まれていると、母乳で育ててよいのか心配される方も多いかと思います。

マイスリーを飲みながら授乳はできるのでしょうか?
他の睡眠薬と比較して安全なのでしょうか?

ここでは、マイスリーの授乳への影響を考えていきたいと思います。


ゾルピデムとお酒・アルコール

2015.8.24 マイスリー

ゾルピデムは、マイスリーのジェネリックです。薬価が5割ほどになっているので、とても使いやすくなりました。

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

そうはいってもゾルピデムなどの睡眠薬は、アルコールやお酒とは併用しないほうがよいです。どうしてもという時は、睡眠薬を我慢するようにしましょう。どうして避けなければいけないのでしょうか?ここでは、お酒がゾルピデムに及ぼす影響を考えていきましょう。


マイスリーとレンドルミンにはどのような違いがあるか

2015.8.15 マイスリー

マイスリーとレンドルミンは、どちらもよく処方される睡眠薬です。

マイスリーは超短時間型の非ベンゾジアゼピン系睡眠薬、レンドルミンは短時間型のベンゾジアゼピン系睡眠薬です。

マイスリーとレンドルミンは睡眠薬としてのタイプが異なり、さらに作用時間が違います。患者さんの不眠の状態によって使い分けるのですが、そのためには違いを詳しく知る必要があります。

ここでは、日本で処方される代表的な睡眠薬であるマイスリーとレンドルミンの違いをみていき、その位置づけを考えていきたいと思います。


マイスリーとハルシオンにはどのような違いがあるのか

2015.8.13 マイスリー

マイスリーとハルシオンは、どちらも寝つきを改善する睡眠薬です。同じような睡眠薬として認識されている方が多いと思います。

確かに、作用時間や効果の特徴などは似ている部分が多いです。ですがハルシオンの方が効果が強い代わりに、副作用や依存性も高い睡眠薬です。

ここでは、日本で処方される睡眠薬の1位、2位を争っているマイスリーとハルシオンの違いをみていき、その位置づけを考えていきたいと思います。


マリスリーの離脱症状や反跳性不眠とは?

2015.8.12 マイスリー

マイスリーを長く飲んでいると、身体にあるのがあたり前になっていきます。その状態で急にマイスリーが減ると、身体がびっくりして不調をきたすことがあります。不眠が悪化することを反跳性不眠、他にもいろいろ症状がでてくることを離脱症状といったりします。

このように、マイスリーの減薬・断薬をしていくと反跳性不眠がみられることが多いです。やめようとすると不眠がひどくなってしまうので、怖くてやめられなくなってしまいます。ここでは、マイスリーによる反跳性不眠や離脱症状について、詳しく見ていきたいと思います。


マイスリーの作用時間とは?

2015.8.10 マイスリー

マイスリーは、寝つきを改善する睡眠薬としてよくつかわれています。マイスリーの半減期をみると、薬の作用時間や効き方を予想することができます。

マイスリーは半減期が2時間と非常に短い睡眠薬です。作用時間が短く、とても切れ味のよい睡眠薬です。

ここでは、マイスリーの作用時間について詳しく見ていきたいと思います。


マイスリーの依存性とは?

2015.8.9 マイスリー

マイスリーは、バランスのよい睡眠薬としてよく使われています。依存性も少ないと考えられていますが、処方数が多いためか乱用されることも多い睡眠薬です。

ちゃんと主治医の指示を守って用法どおりに使っていれば、まず依存してしまう心配はありません。ここでは、マイスリーの依存性について詳しく説明し、依存にならないための対策をお伝えしていきたいと思います。


マイスリーの致死量とは?過量服薬するとどうなるの?

2015.8.7 マイスリー

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

そんな時によく手にされるのが睡眠薬です。「睡眠薬を大量に飲めば楽に死ねる」といった誤解から、過量服薬される方がとても多いです。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず主治医に相談 してください。

ここでは、マイスリーの致死量について正しく理解していただき、過量服薬(OD)の実情を知って、少しでも思いとどまる方がいてくだされば幸いです。


マイスリー錠10mgの実際の使い方

2015.8.7 マイスリー

マイスリーは安全性が高いので、よく処方されている睡眠薬のひとつです。入眠障害で悩んでいる方には、しっかりとした効果も期待できます。

マイスリーの錠剤としては5mgと10mgの2種類が発売されています。まずは5mgからはじめて、効果が不十分な時は10mgに増量します。

ここでは、ジェネリックのゾルピデムとも比較しながら、マイスリー錠10mgについてご紹介していきます。

マイスリーの効果について詳しく知りたい方は、
マイスリー錠の効果と強さ
をお読みください。


マイスリー錠5mgの薬価と実際の使い方

2015.8.7 マイスリー

マイスリーは安全性が高いので、よく処方されている睡眠薬のひとつです。入眠障害で悩んでいる方には、しっかりとした効果も期待できます。

マイスリーの錠剤としては5mgと10mgの2種類が発売されています。まずは5mg錠からはじめて、効果をみながら増減させていきます。ジェネリックのゾルピデムとも比較しながら、マイスリー錠5mgについてご紹介していきます。

マイスリーの効果について詳しく知りたい方は、
マイスリー錠の効果と強さ
をお読みください。


マイスリーの妊娠への影響とは?

2015.8.6 マイスリー

女性の方は妊娠への薬の影響を心配をされる方は多いと思います。マイスリーを服用しているのに予想外の妊娠がわかって、慌てている方もいらっしゃるかもしれません。

マイスリーは妊娠に影響がないでしょうか?
飲みながら妊娠しても大丈夫でしょうか?

ここでは、マイスリーの妊娠への影響について考えていきたいと思います。


マイスリーとジェネリックの違いとは?

2015.8.6 マイスリー

マイスリーは発売されてから年月がたっていますので、ジェネリックが発売されています。ゾルピデムとして発売されています。

先発品のマイスリーとジェネリックのゾルピデムがまったく同じかというと、そうではありません。マイスリーとジェネリック(ゾルピデム)にはどのような違いがあるのでしょうか?

ジェネリック医薬品を使う時の注意点もふまえて、マイスリーとジェネリック(ゾルピデム)について詳しくお伝えしていきたいと思います。


ゾルピデム酒石酸塩錠の副作用(対策と比較)

2015.8.5 マイスリー

ゾルピデム酒石酸塩錠は、マイスリーのジェネリックです。マイスリーに比べると薬価が5割ほどとなっていて、お手頃になっています。

ゾルピデムは、従来の睡眠薬よりも副作用が少なく、安全性が高いといわれています。このため、睡眠薬として広く処方されています。安全性が高いとはいっても、副作用はどうしても免れません。ゾルピデムではどのようなことに注意していけばよいのでしょうか?

ここでは、ゾルピデム酒石酸塩錠の副作用について詳しく説明していきたいと思います。


ゾルピデム酒石酸塩錠の効果と強さ

2015.8.5 マイスリー

ゾルピデム酒石酸塩錠は、マイスリー錠のジェネリックです。ジェネリックが発売されたことによって、薬価が5割くらいになっています。

寝つきを改善するお薬としてよく使われている睡眠薬です。従来の睡眠薬に見られたふらつきや翌朝への持越しなどの副作用がとても少なく、安全性の高いお薬です。ハルシオンと並んで、たくさん処方されている睡眠薬です。

ここでは、ゾルピデム酒石酸塩錠にはどのような効果の特徴があるのかを詳しくお伝えしていきたいと思います。


マイスリーのやめ方(減薬・断薬の方法)

2015.8.5 マイスリー

マイスリーは寝つきが悪くて困っていた方には、とてもよく効く睡眠薬です。だからこそ、マイスリーをやめられなくなってしまいます。「飲んでて眠れるならばまぁいいや・・・」と漫然と飲み続けてしまう方も多いです。

マイスリーにも依存性はあるため、ある程度落ち着いてきたら少しずつ減薬していかなければなりません。マイスリーを減らしていくには、どのようにすればリスクが少ないでしょうか?

ここでは、マイスリーの減薬から断薬につなげていくにはどのようにすればよいのか、詳しくお伝えしていきたいと思います。


マイスリーの半減期からわかること

2015.8.5 マイスリー

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。薬の半減期をみると、睡眠薬の効き方を予想することができます。また、気を付けなければいけない副作用も変わってきます。

マイスリーの半減期は2時間と、睡眠薬の中でも最も短いです。このため、マイスリーは超短時間型睡眠薬ともよばれています。

ここでは、マイスリーの半減期からどんなことがわかるのか、詳しく説明していきたいと思います。


マイスリーとアルコール(お酒)は大丈夫?

2015.8.4 マイスリー

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

それでもマイスリーなどの睡眠薬は、アルコールやお酒とは併用しないほうがよいです。どうしてもという時は、睡眠薬を我慢するようにしましょう。

それでは、どうしてマイスリーとアルコールは避けなければいけないのでしょうか?ここでは、お酒がマイスリーに及ぼす影響を考えていきましょう。


マイスリーの副作用(対策と比較)

2015.8.3 マイスリー

マイスリーは、従来の睡眠薬よりも副作用が少なく、安全性が高いといわれています。このため、睡眠薬として広く処方されています。

マイスリーの安全性が高いとはいっても、副作用はどうしても免れません。マイスリーではどのようなことに注意していけばよいのでしょうか?

ここでは、マイスリーの副作用について詳しく説明していきたいと思います。