ニフランの副作用と安全性

2016.11.4 二フラン
Pocket
LINEで送る

ニフラン(一般名:プラノプロフェン)は、解熱鎮痛剤として多くの人に使用されています。主にニフランは痛風発作の際に処方されるかと思います。

ただしニフランは、NSAIDsとして胃腸障害や腎機能障害が出現しやすいお薬です。さらにニフランは、妊娠後期の方には使用できないなどの制限もあります。

ニフランを正しく使用するために、ここではニフランにどのような副作用があり、どのような方が使えないのかみていきましょう。


ニフラン錠・シロップ(プラノプロフェン)の効果と特徴

2016.11.3 二フラン
Pocket
LINEで送る

ニフラン(一般名:プラノプロフェン)は、1988年に田辺三菱製薬で発売された解熱鎮痛薬です。

ニフランは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイド)の中の「プロピオン酸系」に含まれます。この「プロピオン酸系」と同じ種類のお薬としては、ロキソニンなどが挙げられます。

ニフランは解熱鎮痛剤として広く使われているお薬です。特にニフランは、痛風発作に対して使用されることが多いと思います。

ただし注意が必要なのは、解熱・鎮痛薬は症状をあくまで一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないので注意が必要です。

ここでは、ニフランの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。