グランダキシン錠の効果・効能

2016.12.16 グランダキシン

グランダキシンは、1986年に発売された自律神経調整薬です。

作用機序はベンゾジアゼピン系抗不安薬と同じなのですが、良くも悪くも非常に穏やかに作用するお薬です。このため、抗不安薬というよりは自律神経症状を整えるために使われることが多いので、自律神経調整薬といわれています。

このため、心療内科や精神科よりも、内科や産婦人科などで処方されることの方が多い薬かもしれません。効果としては物足りなさを感じてしまうことも多いお薬ですが、副作用や依存の心配がほとんどありません。

ここでは、グランダキシンの効果と効能について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にグランダキシンが向いているのかを考えていきましょう。


グランパム錠の効果と副作用

2015.9.24 グランダキシン

グランパム錠は、1986年に発売された自律神経調整薬グランダキシンのジェネリックです。

作用機序はベンゾジアゼピン系抗不安薬と同じなのですが、良くも悪くも非常に穏やかに作用するお薬です。このため、抗不安薬というよりは自律神経症状を整えるために使われることが多いので自律神経調整薬といわれています。このため、心療内科や精神科よりも、内科や産婦人科などで処方されることの方が多い薬かもしれません。

効果としては物足りなさを感じてしまうことも多いお薬ですが、副作用や依存の心配がほとんどありません。

ここでは、グランパムの効果と効能について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にグランパムが向いているのかを考えていきましょう。


トフィス錠(トフィソパム錠「サワイ」)の効果と副作用

2015.9.24 グランダキシン

トフィス錠は、1986年に発売された自律神経調整薬グランダキシンのジェネリックです。2015年6月から、トフィソパム錠「サワイ」に名称変更されました。

作用機序はベンゾジアゼピン系抗不安薬と同じなのですが、良くも悪くも非常に穏やかに作用するお薬です。このため、抗不安薬というよりは自律神経症状を整えるために使われることが多いので自律神経調整薬といわれています。このため、心療内科や精神科よりも、内科や産婦人科などで処方されることの方が多い薬かもしれません。

効果としては物足りなさを感じてしまうことも多いお薬ですが、副作用や依存の心配がほとんどありません。

ここでは、トフィスの効果と効能について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にトフィスが向いているのかを考えていきましょう。


トフィソパム錠の効果と副作用

2015.9.24 グランダキシン

トフィソパム錠は、1986年に発売された自律神経調整薬グランダキシンのジェネリックです。

作用機序はベンゾジアゼピン系抗不安薬と同じなのですが、良くも悪くも非常に穏やかに作用するお薬です。このため、抗不安薬というよりは自律神経症状を整えるために使われることが多いので自律神経調整薬といわれています。このため、心療内科や精神科よりも、内科や産婦人科などで処方されることの方が多い薬かもしれません。

効果としては物足りなさを感じてしまうことも多いお薬ですが、副作用や依存の心配がほとんどありません。

ここでは、トフィソパムの効果と効能について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にトフィソパムが向いているのかを考えていきましょう。


グランダキシンの副作用(対策と比較)

2015.9.24 グランダキシン

自律神経調整薬と呼ばれているグランダキシンですが、効果が非常に穏やかなベンゾジアゼピン系抗不安薬になります。

良くも悪くも作用が弱いので、効果としては物足りないかも知れませんが、副作用や依存性は非常に少ないお薬です。とても安全性の高いお薬といえます。

ここでは、グランダキシンで注意すべき副作用を詳しくお伝えし、他の抗不安薬とも比較していきたいと思います。


グランダキシン錠50mgの薬価と実際の使い方

2015.9.24 グランダキシン

グランダキシンは、自律神経調整薬と呼ばれるお薬です。その実態は、非常に効果の穏やかなベンゾジアゼピン系抗不安薬です。良くも悪くも作用が優しいので、副作用や依存性は非常に少ないですが、効果が物足りなく感じることが多いお薬です。

グランダキシンの錠剤としては、50mgの規格のみの発売となっています。グランダキシンは頓服として使われることはまれで、常用薬として使われることがほとんどです。ここでは、グランダキシン錠50mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

グランダキシンの効果について詳しく知りたい方は、
グランダキシン錠の効果・効能
をお読みください。


グランダキシンに依存性はあるのか?

2015.9.24 グランダキシン

グランダキシンは、非常に効果の優しいベンゾジアゼピン系抗不安薬で、自律神経調整薬と呼ばれています。

ベンゾジアゼピン系ですので、依存がないわけではありません。ですが良くも悪くも作用が穏やかなので、「効いた」という実感はほとんどないお薬です。このため、抗不安薬の中ではグランダキシンの依存性は「とても低い」です。まず依存の心配はしなくても大丈夫です。とはいっても、まったく依存しないわけではありません。

ここでは、グランダキシンの依存性について詳しく説明し、抗不安薬の依存性について考えていきたいと思います。


グランダキシンのめまいへの効果

2015.9.24 グランダキシン

グランダキシンは、自律神経調整薬と呼ばれるお薬です。非常に穏やかに作用するベンゾジアゼピン系抗不安薬で、自律神経症状を改善する目的に使われています。

自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、グランダキシンはそのバランスを整える働きがあります。このため、自律神経症状としてよく認められる「めまい」に効果が期待できます。

とはいっても、すべてのめまいに効果があるわけではありません。いろいろな原因でめまいが生じますが、グランダキシンの効果が期待できるめまいはどのようなものでしょうか?ここでは、グランダキシンのめまいへの効果についてお伝えしていきたいと思います。