メイラックス錠の効果・効き目の強さ

2016.12.8 メイラックス

メイラックスは、作用時間の長い抗不安薬としてよく使われているお薬です。1989年に発売され、ベンゾジアゼピン系抗不安薬の中では最も新しいお薬になります。

ソラナックス・ワイパックス・デパスといった切れ味のよい抗不安薬が発売されていく中で、これらの依存性の強さが問題となっていきました。作用時間の長いお薬は依存性が少ないため、メイラックスが開発されました。

メイラックスは作用時間が非常に長く、それでいて効果と副作用のバランスのとれた抗不安薬です。作用時間が長いので、1日1回の服用で効果が持続します。このため依存性も低いのですが、眠気などが残ってしまうリスクがあります。

ここでは、メイラックスの効果と効き目について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にメイラックスが向いているのかを考えていきましょう。


メイラックスとジェネリックの違いとは?

2015.10.14 メイラックス

メイラックスは1989年に発売されたので、30年近くの年月がたっています。このため、既にジェネリックが発売されています。

メイラックスのジェネリックは、以前は「ロンラックス」「メデタックス」など様々な商品名のお薬がありました。現在は「ロフラゼプ酸エチル」という一般名(成分名)に統一されつつあります。ロフラゼプ酸エチル「SN」、ロフラゼプ酸エチル「サワイ」などが発売されています。

それでは、先発品のメイラックスとジェネリック(ロフラゼプ酸エチル)にはどのような違いがあるのでしょうか?詳しくお伝えしていきたいと思います。


メイラックスの妊娠への影響とは?

2015.10.13 メイラックス

女性の方は妊娠への薬の影響を心配をされる方は多いと思います。メイラックスを服用しているのに予想外の妊娠がわかって、慌てている方もいらっしゃるかもしれません。

メイラックスは妊娠に影響がないでしょうか?
飲みながら妊娠しても大丈夫でしょうか?

ここでは、メイラックスの妊娠への影響について考えていきたいと思います。


メイラックスのやめ方(減薬・断薬)

2015.10.12 メイラックス

メイラックスは、作用時間が非常に長いベンゾジアゼピン系抗不安薬です。このため依存性が低く、離脱症状もほとんど認められません。それでも、ときにメイラックスをやめられなくなってしまいます。「飲んでて安心できるならばいいか・・・」と漫然と飲み続けてしまう方も多いです。

どうしてメイラックスをやめられないのでしょうか?ここでは、メイラックスの減薬から断薬につなげていくにはどのようにすればよいのか、詳しくお伝えしていきたいと思います。


メイラックスの半減期と効果時間

2015.9.24 メイラックス

メイラックスは、ベンゾジアゼピン系の中ではもっとも新しい抗不安薬です。効果がしっかりとしているわりに副作用が少なく、使い勝手のよいお薬です。メイラックスの作用時間や効き目は、半減期から考えることができます。

メイラックスは最高血中濃度到達時間が0.8時間、半減期が122時間です。メイラックスは即効性が期待でき、作用時間も非常に長いです。このため、1日1回の服用で効果がしっかりと持続します。

ここでは、メイラックスの半減期と効果時間について詳しく見ていきたいと思います。


ジメトックス錠の効果と副作用

2015.9.23 メイラックス

ジメトックス、抗不安薬メイラックスのジェネリックとして長らく発売されてきました。

ジメトックスは作用時間が非常に長く、それでいて効果と副作用のバランスのとれた抗不安薬です。作用時間が長いので、1日1回の服用で効果が持続します。このため、依存性も低いのが大きな特徴です。

ここでは、ジメトックス錠の効果と副作用について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にジメトックスが向いているのかを考えていきましょう。


メデタックス錠(ロフラゼプ酸エチル錠「サワイ」)の効果と副作用

2015.9.23 メイラックス

メデタックス、抗不安薬メイラックスのジェネリックとして長らく発売されてきました。2013年6月より名称変更して、メデタックスからロフラゼプ酸エチル「サワイ」となっています。

メデタックスは作用時間が非常に長く、それでいて効果と副作用のバランスのとれた抗不安薬です。作用時間が長いので、1日1回の服用で効果が持続します。このため、依存性も低いのが大きな特徴です。

ここでは、メデタックス錠の効果と副作用について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にメデタックスが向いているのかを考えていきましょう。


ロフラゼプ酸エチルの副作用(対策と比較)

2015.9.23 メイラックス

ロフラゼプ酸エチルは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬メイラックスのジェネリックです。効果のわりに副作用の少ない抗不安薬で、使いやすいお薬です。

とはいっても、筋弛緩作用や催眠作用があるので、眠気やふらつきといった副作用には注意をしなければいけません。ロフラゼプ酸エチルは作用時間がとても長いので、副作用が起こってしまうと長引くことがあります。また、少しずつ薬が身体に蓄積していって副作用が出てくることもあります。

ここでは、ロフラゼプ酸エチルで注意すべき副作用を詳しくお伝えし、他の抗不安薬とも比較していきたいと思います。


ロンラックス錠(ロフラゼプ酸エチル錠「SN」)の効果と副作用

2015.9.23 メイラックス

ロンラックス、抗不安薬メイラックスのジェネリックとして長らく発売されてきました。2014年12月より名称変更して、ロンラックスからロフラゼプ酸エチル「SN」となっています。

ロンラックスは作用時間が非常に長く、それでいて効果と副作用のバランスのとれた抗不安薬です。作用時間が長いので、1日1回の服用で効果が持続します。このため、依存性も低いのが大きな特徴です。

ここでは、ロンラックス錠の効果と副作用について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にロンラックスが向いているのかを考えていきましょう。


ロフラゼプ酸エチル錠1mg・2mgの薬価と使い分け

2015.9.23 メイラックス

ロフラゼプ酸エチルは、作用時間が非常に長い抗不安薬メイラックスのジェネリックです。効果がしっかりとしているわりに副作用が少なく、使いやすいお薬です。

ロフラゼプ酸エチルの錠剤としては、1mgと2mgの規格が発売されています。ロフラゼプ酸エチルは頓服として使われることはまれで、常用薬として使われることがほとんどです。ここでは、ロフラゼプ酸エチル錠1mgと2mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ロフラゼプ酸エチルの効果について詳しく知りたい方は、
ロフラゼプ酸エチル錠の効果と効き目の強さ
をお読みください。


ロフラゼプ酸エチル錠の効果・効き目の強さ

2015.9.23 メイラックス

ロフラゼプ酸エチルは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬メイラックスのジェネリックです。1989年に発売され、抗不安薬の中では最も新しいお薬です。ソラナックス・ワイパックス・デパスといった切れ味のよい安定剤がたくさん発売されていく中、依存性の強さが問題になりました。これを解決するお薬として、作用時間の長いロフラゼプ酸エチルが作られました。

ロフラゼプ酸エチルは作用時間が非常に長く、それでいて効果と副作用のバランスのとれた抗不安薬です。作用時間が長いので、1日1回の服用で効果が持続します。このため、依存性も低いのが大きな特徴です。

ここでは、ロフラゼプ酸エチルの効果と効き目について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にロフラゼプ酸エチルが向いているのかを考えていきましょう。


メイラックス錠1mg・2mgの薬価と使い分け

2015.9.23 メイラックス

メイラックスは、作用時間が非常に長い抗不安薬です。効果がしっかりとしているわりに副作用が少なく、使いやすいお薬です。

メイラックスの錠剤としては、1mgと2mgの規格が発売されています。メイラックスは頓服として使われることはまれで、常用薬として使われることがほとんどです。ここでは、メイラックス錠1mgと2mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

メイラックスの効果について詳しく知りたい方は、
メイラックス錠の効果と効き目の強さ
をお読みください。


メイラックスは頓服として使えるのか?

2015.9.23 メイラックス

メイラックスは抗不安薬や安定剤とよばれていて、不安や緊張を和らげる効果があります。

メイラックスは即効性があるので、症状が出てきたときに服用するという飲み方ができなくはないです。このような飲み方を「頓服」といいますが、メイラックスは作用時間が長いので、あまりこのような使い方はしません。

ここでは、メイラックスの頓服について考えていきたいと思います。


メイラックスとアルコール(お酒)は大丈夫?

2015.9.23 メイラックス

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

それでもメイラックスなどの抗不安薬は、アルコールやお酒とは併用しないほうがよいです。どうしてもお酒を飲まなければいけない時は、メイラックスを我慢しましょう。

どうしてメイラックスとアルコールは避けなければいけないのでしょうか?ここでは、お酒がメイラックスに及ぼす影響を考えていきましょう。


メイラックスの副作用(対策と比較)

2015.9.23 メイラックス

メイラックスは、効果のわりに副作用の少ないベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

とはいっても、筋弛緩作用や催眠作用があるので、眠気やふらつきといった副作用には注意をしなければいけません。メイラックスは作用時間がとても長いので、副作用が起こってしまうと長引くことがあります。また、少しずつ薬が身体に蓄積していって副作用が出てくることもあります。

ここでは、メイラックスで注意すべき副作用を詳しくお伝えし、他の抗不安薬とも比較していきたいと思います。


メイラックスの眠気と4つの対策

2015.9.23 メイラックス

メイラックスは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬に分類されます。

抗不安薬は不安や緊張を和らげる働きがありますが、リラックスするので眠気に繋がってしまうことがあります。メイラックスは効果のわりには眠気の副作用は少ないです。しかしながら作用時間が長いので、眠気がでてしまうと長く続いてしまうこともあります。

ここでは、メイラックスの眠気について詳しくお伝えし、その対策を考えていきたいと思います。


メイラックスの依存性とは?

2015.9.23 メイラックス

メイラックスは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬に分類されます。

ソラナックス・ワイパックス・デパスといった切れ味のよい抗不安薬がたくさん発売されていく中、依存性や離脱症状が問題となりました。これを解決するお薬として、メイラックスが作られました。

ですから、メイラックスでは依存性が低いのですが、それはどうしてでしょうか?メイラックスは依存性が低いために、他のお薬を止める時のクッションとして使われることもあります。

ここでは、メイラックスの依存性について詳しく説明し、抗不安薬依存におけるメイラックスの役割をお伝えしていきたいと思います。


メイラックスは離脱症状が少ないって本当?

2015.9.23 メイラックス

メイラックスは、1989年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。ソラナックス・ワイパックス・デパスといった切れ味のよい安定剤がたくさん発売されていく中、依存性や離脱症状が問題となりました。これを解決するお薬として、メイラックスが作られました。

抗不安作用もそれなりにあって、作用時間が長いお薬です。身体からはゆっくりと抜けていくので、離脱症状はとても少ないです。ですから、他の抗不安薬で離脱症状のために減薬できなくなった時に、ひとまずメイラックスに置き換えられることがあります。メイラックスにしてから少しずつ減薬すれば、スムーズにやめられることが多いのです。

ここでは、離脱症状がどのようなものか詳しくご説明し、メイラックスでの離脱症状の考え方をお伝えしていきたいと思います。