お薬を牛乳やコーヒーで服用するとどうなる?お薬と清涼飲料水との飲み合わせ

2016.11.1 薬の飲み合わせについて

お薬を飲むときには、皆さんは何で服用されていますでしょうか?

通常はお水で服用されるかと思います。お薬を製造する過程では、水で服用したときのデータをもとに用法用量が決められています。ですから、水で服用するのが理想です。

ですが飲みかけの牛乳やコーヒーがあった時に、それで飲んでしまったことがある方もいらっしゃるでしょう。このようなときに、お薬の効果や副作用にはどのような影響があるのでしょうか。

アルコール分の含まない飲み物のことを、清涼飲料水といいます。清涼飲料水とお薬には、どのような相互作用があるのでしょうか。

ここでは、お薬を牛乳やコーヒーで飲むとどのようになるのかをはじめ、清涼飲料水との飲み合わせについて考えていきたいと思います。


食前薬や食後薬は守らなきゃダメ?お薬と食事の関係

2016.10.31 薬の飲み合わせについて

お薬を病院で処方されると、「食前薬」や「食後薬」などといったように、食事の前か後に服用するように指定されているかと思います。なかには、食間に服用するお薬もあります。

食後ならまだしも、食前薬や食間薬は忘れてしまいやすいです。食後でも別に同じではないかと思われるかもしれませんが、お薬によっては食事の影響を大きく受けるものもあります。

ですから、お薬は用法通りに使っていくことが大切です。お薬によっては、用法を間違えてしまうと著しく効果が落ちてしまうものもあります。

ここでは、食事がどのようにお薬に影響していくのかをお伝えしていきたいと思います。これを通して、食前薬や食後薬などをどうして守らないのか、考えていきましょう。


グレープフルーツジュースの薬への影響とは?

2015.12.7 薬の飲み合わせについて

薬を処方された時、「グレープフルーツジュースは服用しないでください」と注意されることがあります。これは、グレープフルーツの成分が薬と相互作用を引き起こすからです。

グレープフルーツに含まれる成分と薬が相互作用することで、薬が効きすぎてしまうことがあるのです。どうしてグレープフルーツジュースでこのような相互作用が起こるのでしょうか?具体的にどのように注意すればよいでしょうか?

ここでは、グレープフルーツの薬への影響について詳しくみていきたいと思います。