「アメル」「サワイ」「トーワ」ってなに?

2016.3.4 薬の基礎知識

「どんなお薬を飲まれていますか?」

と患者さんに質問すると、「アメル」「サワイ」「トーワ」といった答えが返ってくることが時々あります。実はこれは、ジェネリック医薬品を作っている会社の略称になるのですが、お薬の名前と勘違いしてしまっている患者さんがけっこういるのです。

病院でお薬をもらうと、○○○錠「サワイ」とか△△△錠「アメル」とか□□□錠「トーワ」などと書いてあることがあります。どうしても「 」のついている部分が印象に残ってしまいます。

ここでは、アメルやサワイ、トーワといったことがどんなことを意味しているのか、詳しくみていきたいと思います。


頓服とは何だろう?頓服薬の意味

2015.9.23 薬の基礎知識

「頓服」とは、医療関係者は当たり前のように使っている言葉ですが、なかなか一般の方には馴染みのない言葉です。処方箋に頓服と書かれていて、「どういう意味だろう?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

頓服とは、調子が悪いときに一時しのぎに使うお薬のことです。いろいろな症状に対して、頓服薬が使われています。

ここでは、頓服薬に求められる条件と、その治療の中での意味について考えていきたいと思います。


抗コリン作用とは?抗コリン薬・コリン作動薬のすべて

2015.8.14 薬の基礎知識

薬の作用や副作用を考えていくときに、「抗コリン作用」を理解することは重要です。

「コリン」とはアセチルコリンのことを意味していますが、アセチルコリンは身体の様々なところで活躍しています。神経と神経の橋渡しをし、さまざまな臓器に作用しています。

このように身体に大きな影響を与える作用ですので薬としても利用されていますが、副作用としてデメリットになることもあります。

ここではアセチルコリンの働きについてみていき、コリン作用と抗コリン作用について詳しくみていきたいと思います。それぞれどのように薬として活用され、どのような副作用につながるのかをお伝えしていきます。


抗ヒスタミン作用とは?

2015.4.5 薬の基礎知識

花粉症などのアレルギーの薬や風邪薬などで眠くなったことはありませんか?これは抗ヒスタミン作用による眠気なのです。薬の作用や副作用を考えていく時に、抗ヒスタミン作用は重要です。

ここでは、抗ヒスタミン作用について考えていきたいと思います。


抗アドレナリン(α1)作用とは?

2015.4.3 薬の基礎知識

「アドレナリンが出る」などというように、アドレナリンという言葉は日常生活に使われています。アドレナリンとは交感神経に関係する脳内の神経伝達物質です。薬の影響をうけると、身体にもいろいろな影響を及ぼします。

ここでは、アドレナリンのうちα1受容体への影響を見ていきたいと思います。


セロトニン受容体作用とは?

2015.4.2 薬の基礎知識

セロトニンは精神を安定させる物質として、ご存知の方も多いと思います。

セロトニンは、脳内の神経伝達物質として様々な働きがあります。その作用は精神だけでなく、血管や胃腸にも関係していると考えられています。いろいろなタイプのセロトニン受容体という受け皿があり、セロトニンを受け取る場所によって作用がかわってきます。

ここでは、それぞれのセロトニン受容体による効果の違いをふまえて、セロトニンの効果と副作用について考えていきたいと思います。


ジェネリック医薬品で気をつけるべき問題点とは?ジェネリックの効果と副作用

2015.3.23 薬の基礎知識

ジェネリック医薬品は、国がその使用を進めていることもあって、かなり浸透してきました。患者さんから、「ジェネリックありますか?」と聞かれることもあります。

「ジェネリック医薬品は同じ効果だけれどお薬が安くなる」と思われている方も多いですが、果たしてそうなのでしょうか?ジェネリック医薬品ではどのようなことを気を付ければよいのでしょうか?ここでは、ジェネリック医薬品の問題点について考えていきたいと思います。