ルジオミール錠とマプロチリン錠の違いとは?

2015.7.19 ルジオミール

ルジオミール錠は、1981年に発売された昔からあるお薬です。すでに発売から年月もたっていますので、ジェネリック医薬品としてのマプロチリン錠やクロンモリン錠も発売されています。

それでは、ルジオミール錠とジェネリック(マプロチリン錠)にはどのような違いがあるのでしょうか?お伝えしていきたいと思います。


ルジオミールの離脱症状と4つの対策

2015.7.19 ルジオミール

抗うつ薬が急に身体からなくなると、調子が悪くなることがあります。薬を飲まなかったせいで病気が悪化したと勘違いされる方が多いですが、そうとも限りません。身体に慣れていた薬が急になくなることによる離脱症状、これが原因であることも多いです。

離脱症状は、古い薬よりむしろSSRIをはじめとした新しい抗うつ薬でよくみられます。ルジオミールは、離脱症状が起こりにくい薬です。ですが薬を自己中断してしまったりすると、離脱症状が認められることもあります。

ここでは、ルジオミールの離脱症状について、詳しく説明していきます。


ルジオミールは太るの?体重増加と5つの対策

2015.7.18 ルジオミール

精神科でお薬を処方するときに、患者さんから「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。

精神科の薬はどうしても太る薬が多く、抗うつ剤も例外ではありません。昔からある三環系抗うつ薬よりは副作用が軽減していますが、ルジオミールも太りやすい薬といえます。

ここでは、ルジオミールが太る理由からその対処法まで考えていきたいと思います。


ルジオミールの眠気と5つの対策

2015.7.18 ルジオミール

精神科のお薬は眠くなるものが多いです。抗うつ剤も例外ではなく、眠気が強いものが多いです。日常生活を過ごしていかなければならない中で、眠気が強く出てしまうと困ってしまいますね。

ルジオミールは、抗うつ剤の中でも眠気の強いお薬です。効果の持続が長いので、眠気が出でしまうとなかなか抜けません。

ここでは、ルジオミールの眠気の原因や対処法などを考えていきたいと思います。


ルジオミールの副作用(対策と比較)

2015.7.18 ルジオミール

ルジオミールは、かつては三環系抗うつ薬よりも副作用の少ない薬としてよく使われていました。近年は、SSRIやSNRIといった新しい抗うつ剤に主役の座を奪われてしまっています。

ルジオミールの副作用は全体的に少なく、新しい抗うつ薬にはない睡眠効果がみられます。ルジオミールが合う方には、今でも使われているお薬です。それでは、ルジオミールではどのようなところに注意していけばよいのでしょうか?

ここでは、ルジオミールの副作用について見ていきたいと思います。


ルジオミール錠の効果と特徴

2015.7.17 ルジオミール

ルジオミールは、1981年に発売された四環系抗うつ薬です。これまでの三環系抗うつ薬に比べると、副作用が少なくなって使いやすくなりましたが、効果では劣ってしまいました。

ですが同じ種類の薬の中では強いお薬でしたので、よく使われていました。現在は、SSRIやSNRIといった新しい抗うつ剤に主役の座を奪われていますが、今でも使っていらっしゃる方はいらっしゃいます。

ルジオミールにはどのような効果や特徴があるのでしょうか?どんな方に向いているのでしょうか?ここでは、他の抗うつ剤とも比較しながらお伝えしていきたいと思います。