サインバルタカプセルの効果と特徴

2017.2.10 サインバルタ

サインバルタは、2010年に発売された新しい抗うつ剤のSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)になります。

セロトニンだけでなくてノルアドレナリンへの効果も併せ持っていてるため、SNRIと呼ばれています。抑うつや不安といったセロトニンによる症状だけでなく、意欲低下や気力低下といったノルアドレナリンによる症状の改善が期待できます。

日本では発売が遅れましたが、海外では2004年から使われているお薬です。効果のわりに副作用が少なく、世界では一番処方されている抗うつ剤です。精神症状だけでなく痛みにも効果があるので、心療内科や精神科だけでなく内科や整形外科などでも処方されることもあります。

ここでは、サインバルタの効果を中心に、他の抗うつ剤と比較しながらお伝えしていきたいと思います。


ドグマチール錠の効果と特徴

2016.12.4 ドグマチール

ドグマチールほど、いろいろな精神科の病気に幅広く使われるお薬はありません。ドグマチールは、1973年に胃薬として発売されました。使われていくうちに、

「少ない量ではうつに効果がある」
「量を多くすると統合失調症に効果がある」

ということがわかり、様々な疾患に広く使われるようになりました。現在では、主に抗うつ剤として使われることが多いです。ドグマチールは胃の働きをよくしながら気持ちを持ち上げてくれるため、効果を実感しやすい抗うつ剤になります。

ここでは、ドグマチールの効果と特徴について、お伝えしていきたいと思います。


ノリトレン錠(ノリトリプチリン)の効果と特徴

2016.11.27 ノリトレン

ノリトレン錠(一般名:ノリトリプチリン塩酸塩)は販売開始1971年と、非常に長い実績のある抗うつ薬です。三環系抗うつ薬に分類されています。

すべての抗うつ剤の中で効果が最も強いトリプタノールを改良する形で、ノリトレンは開発されました。トリプタノールに比べると副作用が少ないですが、効果もマイルドになっています。

最近では、さらに副作用の少ないSSRI・SNRI・NaSSAといった新しい抗うつ剤がメインに使われるようになっています。ですが三環系抗うつ薬は、副作用が多いですが効果も期待できるお薬です。新しい抗うつ剤と比較すると、ハイリスク・ハイリターンといえます。

このため、うまく使うと非常に有用ですので、現在でもよく用いられています。ノリトレンは、三環系抗うつ薬の中では効果も副作用もマイルドなお薬になります。

ここでは、ノリトレン錠の効果を中心に、詳しくお伝えしていきたいと思います。


アモキサンカプセルの効果と特徴

2016.11.26 アモキサン

アモキサンは販売開始1981年と古くから発売されていて、非常に長い実績のある抗うつ薬です。三環系抗うつ薬に分類されています。

このタイプのお薬の中では比較的新しく、副作用である抗コリン作用を弱めたもので、第二世代と呼ばれたりもします。

最近では、さらに副作用の少ないSSRI・SNRI・NaSSAといった新しい抗うつ薬がメインに使われるようになっています。ですが三環系抗うつ薬は、副作用が多いですが効果も大きいです。新しい抗うつ剤と比較すると、ハイリスク・ハイリターンといえます。このため、うまく使うと非常に有用ですので、現在でもよく使われています。

ここでは、アモキサンの効果を中心に、わかりやすく紹介していきたいと思います。


トフラニール錠の効果と特徴

2016.11.23 トフラニール

トフラニールは世界で初めて開発された三環系抗うつ薬です。

販売開始1959年と、非常に長い実績のある抗うつ薬です。歴史的にも重要なお薬で、この薬が開発されたことで精神疾患にお薬が効果的であることが分かり、その後に薬物療法が発展していく礎となりました。

過去の遺物のように感じてしまうかもしれませんが、今でもまだまだ現役のお薬です。確かに最近では、副作用の少ないSSRI・SNRI・NaSSAといった新しい抗うつ薬が優先して使われるようになっています。

ですがトフラニールなどの三環系抗うつ薬は、副作用が多いですが効果も期待できます。ですから効果不十分なケースを中心に、今でもよく使われています。

ここでは、トフラニールの効果を中心に、詳しくお伝えしていきたいと思います。


トリプタノール錠の効果と特徴

2016.11.22 トリプタノール

トリプタノールは販売開始1961年と、非常に長い実績のある抗うつ薬です。三環系抗うつ薬に分類されています。昔からある三環系抗うつ薬の中でも古くから使われていて、第一世代と呼ばれたりもします。

最近では、トリプタノールが治療の初めから使われることはとても少なくなりました。まずは副作用の少ないSSRI・SNRI・NaSSAといった新しい抗うつ剤が使われることが一般的です。

ですが三環系抗うつ薬は、副作用が多いですが効果も大きいです。その中でもトリプタノールは、最強の抗うつ剤といっても過言ではありません。またトリプタノールは抗うつ効果を期待してだけではなく、悪夢の軽減や疼痛のコントロールに使われることもあります。

ここではトリプタノールの効果を中心に、その使い方や適応疾患、向いている方などをお伝えしていきたいと思います。


ルボックス錠の効果と特徴

2016.11.21 ルボックス・デプロメール

ルボックス錠は、1999年に日本で初めて発売されたSSRIです。共同開発していたMeiji Seikaファルマ社から、デプロメール錠としてまったく同じ成分で発売されています。

SSRIとは選択的セロトニン再取り込み阻害薬と呼ばれるお薬で、セロトニンだけを増加させるように作られたお薬になります。このため従来の抗うつ剤と比べて、副作用が大きく減りました。

それまでは三環系・四環系抗うつ薬といった副作用が多い抗うつ薬しかなかったので、とても画期的なお薬でした。現在でもルボックスは有効なお薬で、様々な疾患で使われています。

ルボックスにはどのような効果や特徴があるのでしょうか?
どんな方に向いているのでしょうか?

ここでは他の抗うつ剤とも比較しながら、お伝えしていきたいと思います。


アナフラニール錠(クロミプラミン)の効果と特徴

2016.11.19 アナフラニール

アナフラニール(一般名:クロミプラミン)は、1973年に発売された非常に長い実績のある三環系抗うつ薬です。

最近では、副作用の少ないSSRI・SNRI・NaSSAといった新しい抗うつ剤が登場し、従来の三環系抗うつ薬が使われる機会は減りました。

しかしながら三環系抗うつ薬は、副作用が多い代わりに効果も強いお薬です。新しい抗うつ剤の効果が不十分なケースを中心に、現在でも使われています。

三環系抗うつ薬の中でも、セロトニンを優位に増加させるのはアナフラニールくらいになります。このためアナフラニールは、三環系抗うつ薬の中でもよく使われているお薬になります。

ここでは、アナフラニールの効果を中心に、わかりやすく紹介していきたいと思います。


リフレックス錠(ミルタザピン)の効果と特徴

2016.11.16 レメロン・リフレックス

リフレックス(一般名:ミルタザピン)は、2009年に発売された新しいお薬になります。海外では1994年から使われています。

新しいメカニズムでセロトニンとノルアドレナリンを増加させるお薬で、NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)と呼ばれています。

新しい抗うつ剤の中でも効果はしっかりとしているのですが、眠気と食欲が問題になってしまうことが多いお薬です。副作用も逆手にとれることもあるので、うまく使えると非常に有効なお薬です。

ここでは、リフレックスの効果や特徴を中心に、他の抗うつ薬と比較しながらお伝えしていきたいと思います。


トレドミン錠の効果と特徴

2016.11.12 トレドミン

トレドミンは、2000年に発売された日本で初めてのSNRIです。

SNRIとはセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬のことで、落ち込みや不安に効果のある「セロトニン」だけでなく、意欲や気力に効果がある「ノルアドレナリン」にも効果のあるお薬です。

とはいっても効果の強さはマイルドで、その分副作用も少ないお薬です。トレドミンと同じタイプのSNRIは、現時点で3剤発売されています。その効果のマイルドさから、使われる機会は少なくなってきています。

ですがトレドミンは、しっかりと効けば優しくてよいお薬になります。トレドミンは、どのような方に向いているでしょうか?

ここでは、トレドミンの効果を中心に、他の抗うつ薬と比較してお伝えしていきたいと思います。


イフェクサーSRカプセル(ベンラファキシン)の効果と特徴

2016.11.11 イフェクサー

海外ではメジャーな抗うつ剤として発売されているエフェクサーが、日本でも2015年12月8日に発売となりました。日本では、イフェクサーSRカプセルと名前を変えて発売されています。

イフェクサー(一般名:ベンラファキシン)はSNRIと呼ばれているお薬で、セロトニンだけでなくノルアドレナリンを増加させる抗うつ剤です。同じタイプの抗うつ剤としては、すでにサインバルタやトレドミンが発売されています。

これまでSNRIは選択肢が少なく、しっかりとした効果が期待できるイフェクサーが加わったことで治療の選択肢が広がります。

ここでは、イフェクサーSRカプセルの効果や特徴についてお伝えしていきたいと思います。他の抗うつ剤と比較しながら、どのような方に向いているのか考えていきましょう。


デプロメール錠の効果と特徴

2016.11.9 ルボックス・デプロメール

デプロメールは、1999年に日本で初めて発売されたSSRIです。共同開発していたアッビィ合同会社から、ルボックス錠としてまったく同じ成分で発売されています。

SSRIは選択的セロトニン再取り込み阻害薬と呼ばれるお薬のことで、セロトニンだけを増加させるように作られたお薬になります。このため、従来の抗うつ剤と比べて、副作用が大きく減りました。

それまでは三環系・四環系抗うつ薬といった抗うつ剤が使われていましたが、副作用が多いことがネックになっていました。このためデプロメールは、とても画期的なお薬でした。現在でもデプロメールは有効なお薬で、様々な疾患で使われています。

現在ではデプロメール以外にも、様々な新しい抗うつ剤が発売されています。その中でも、あえてデプロメールを使っていくこともあります。デプロメールには、どのような特徴があるのでしょうか。ここでは、他の抗うつ剤とも比較しながら、お伝えしていきたいと思います。


パキシル錠の効果と特徴

2016.11.8 パキシル

パキシル錠は、セロトニンを選択的に増加させるSSRIに分類される抗うつ剤です。SSRIが日本で初めて発売されたのが1999年のデプロメール/ルボックスになります。続けてパキシルが、2000年に発売となりました。

従来の抗うつ剤に比べて効果のわりに副作用が少なく、「うつは心の風邪」というキャッチコピーとともに発売されました。

当時のSSRIはこの2種類しかなく、比較するとパキシルの方が効果がしっかりしていました。このためパキシルは多くの患者さんに処方されていき、日本で1番処方される抗うつ剤となりました。

その後に発売されたジェイゾロフトやレクサプロと並んで、現在でもよく使われている抗うつ剤です。

パキシルは中止していく時に離脱症状が出やすいという難点がありますが、効果はしっかりとしたものが期待できます。ここでは、パキシル錠の効果について詳しくお伝えしていきたいと思います。


ジェイゾロフト錠の効果と特徴

2016.11.7 ジェイゾロフト

ジェイゾロフトは、2006年に発売されたSSRIと呼ばれる抗うつ剤です。

SSRIとは選択的セロトニン再取り込み阻害薬のことで、セロトニンにしぼって増加させる働きのある抗うつ剤になります。日本では比較的新しいお薬ですが、イギリスで1990年から使われ始め、全世界に広まっていきました。

ジェイゾロフトは、抗うつ剤の中でも効果と安全性のバランスが非常によいと定評があり、2015年12月からジェネリックが発売されたこともあり、お財布にもやさしくなりました。

副作用が少ないため、心療内科や精神科だけでなく内科などでも処方されることがあります。うつ病だけでなく、さまざまな不安障害でも使われています。

ここでは、ジェイゾロフトの効果を中心に、他の抗うつ薬と比較しながらお伝えしていきたいと思います。


レクサプロ錠(エスシタロプラム)の効果と特徴

2016.11.5 レクサプロ

レクサプロ(一般名:エスシタロプラム)は、2011年に発売されたSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と呼ばれる抗うつ剤です。セロトニンだけを増加させることで不安や落ち込みを改善する作用のあるお薬です。

日本では新しいお薬になりますが、海外では2001年から使われています。日本でも10年遅れて、ようやく抗うつ剤として発売されました。

新しい抗うつ剤の中でも、効果と安全性のバランスのよさに非常に定評があり、処方数は年々増加しているお薬です。これまではうつ病だけの適応でしたが社交不安障害の適応も認められ、不安障害にも幅広く使われています。

このようにレクサプロは使いやすいお薬のため、心療内科や精神科だけでなく内科などでも処方されるようになってきています。

ここでは、レクサプロの効果を中心に、他の抗うつ薬と比較しながらお伝えしていきたいと思います。


抗うつ剤を飲み忘れたときの対処法とは?

2016.5.17 抗うつ薬のまとめ

決められた通りにきっちり薬を飲むのはとても難しいです。私自身も薬を飲み忘れてしまうことはしばしばあります。

ですが抗うつ剤は、毎日薬をきっちり服用することで効果が出てきます。そして薬を飲み続けていると、抗うつ剤が少しずつ身体に慣れていきます。そんな時に飲み忘れが続いてしまうと、身体がビックリしてしまって離脱症状が出てくることもあります。

もし、抗うつ剤を飲み忘れてしまったら、どのようにすればよいでしょうか?
どのようにすれば、抗うつ剤をしっかりと服用できるでしょうか?

ここでは抗うつ剤を飲み忘れた時の対象法をお伝えしていきたいと思います。そして、抗うつ剤を用法どおりにしっかりと服用する対策を考えていきましょう。


レメロン錠15mg・30mgの薬価と使い方

2016.4.5 レメロン・リフレックス

レメロンは、効果のしっかりとした抗うつ剤(NaSSA)として2009年に発売されたお薬です。まだ発売から時間がたっていませんので、ジェネリックの発売はしばらく先でしょう。

レメロンの錠剤としては、15mgのみが発売となっておりましたが、2016年から30mg錠も製造承認されました。錠数を増やしたくないという患者さんには良いかと思いますし、大きい錠剤の方が安くなります。

まずはレメロン7.5~15mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、レメロン錠15mg・30mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

レメロンの効果について詳しく知りたい方は、
レメロン錠の効果と特徴
をお読みください。


麻酔薬ケタミンのうつ病・うつ状態への効果

2016.2.13 その他の抗うつ薬

麻酔薬として古くから使われているケタミン(商品名:ケタラール)、その抗うつ効果に注目が集まっています。

これまでのうつ病の治療薬は、うつ病で不足していると考えられているモノアミン(セロトニン・ノルアドレナリン・ドパミン)を補充することで効果を期待していました。しかしながら、効果が認められるまでに2~3週間は少なくともかかってしまうのが難点でした。

ケタミンは、おもにグルタミン酸受容体のNMDA受容体に作用するお薬です。抗うつ効果が期待できることが判明し、その効果は早くて持続することがわかってきました。これをうけて、新しいうつ病の治療薬として、NMDA受容体をターゲットとした新薬の開発がすすめられています。

ここでは、麻酔薬ケタミンのうつ病・うつ状態への効果についてまとめていきます。


イフェクサーの眠気と7つの対策

2016.1.21 イフェクサー

精神科のお薬は眠くなるものが多いです。抗うつ剤も例外ではなく、眠気が強いものが多いです。日常生活を過ごしていかなければならない中で、眠気が強く出てしまうと困ってしまいますね。

SNRIのイフェクサーは、抗うつ剤の中では眠気は少ない方ですが、時に眠気が強くなることがあります。

ここでは、イフェクサーの副作用としてみられる眠気について考えてみましょう。


セルトラリンの副作用(対策と比較)

2016.1.20 ジェイゾロフト

セルトラリンはジェイゾロフトのジェネリックとして、2015年12月から発売となりました。セルトラリンは新しい抗うつ剤のSSRIに分類され、その中でも効果と安全性のバランスが非常によいと定評があります。

確かにセルトラリンは副作用の少ないお薬ですが、ある程度は避けることができません。セルトラリンではどのようなことに気をつければよいのでしょうか?

ここでは、セルトラリンの副作用を中心に、他の抗うつ薬と比較しながらお伝えしていきたいと思います。


イフェクサーは太るの?体重増加と4つの対策

2016.1.19 イフェクサー

精神科ではお薬を処方するとき、患者さんから「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。

精神科の薬はどうしても太る薬が多く、抗うつ剤も例外ではありません。しかしながらイフェクサーは意欲や気力が高まる薬なので、太りにくい薬です。「太る」ことには、薬以外にもいろいろな理由があります。

イフェクサーは体重にはどのような影響を与えるのでしょうか?また、太ってしまった時のその対処法を考えていきたいと思います。


イフェクサーの吐き気・下痢と5つの対策

2016.1.18 イフェクサー

イフェクサーを飲み始めると、胃がムカムカしたり、気持ち悪くなることがあります。

これはSSRIやSNRIによくみられる副作用で、イフェクサーでもよく認められます。イフェクサーによる胃腸障害は薬の飲み始めに多く、次第に慣れていくことが多い副作用です。

イフェクサーでは胃腸障害が多いため、日本では少しでも和らげるためにSRカプセルという徐放製剤で発売されています。これによって吸収が穏やかになるので、吐き気や下痢といった副作用が軽減されています。

ここでは、イフェクサーによって吐き気や下痢が生じる原因と、その対策を考えていきたいと思います。


イフェクサーの離脱症状と4つの対策

2016.1.17 イフェクサー

抗うつ剤が急に身体からなくなると、調子が悪くなることがあります。薬を飲まなかったせいで病気が悪化したと勘違いされる方が多いですが、そうとも限りません。身体に慣れていた薬が急になくなることによる離脱症状、これが原因であることも多いです。

離脱症状は、古い薬よりSSRIやSNRIといった新しい抗うつ薬でよくみられます。SNRIのイフェクサーは発売されたばかりですが、すでに20年近く使われている海外では離脱症状はやや多いといわれています。

ここでは、イフェクサーの離脱症状について、詳しくお伝えしていきます。


イフェクサーSRカプセル37.5mg・75mgの薬価と使い分け

2016.1.16 イフェクサー

イフェクサーは、2015年12月に発売された新しい抗うつ剤です。SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)に分類されます。発売されて時間がたっていないので、ジェネリックの発売はまだまだ先になります。

イフェクサーのカプセルとしては、37.5mg・75mgの2つの規格が発売されています。まずは37.5mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、イフェクサーカプセル37.5mg・75mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

イフェクサーの効果について詳しく知りたい方は、
イフェクサーSRカプセルの効果と特徴
をお読みください。


セルトラリン錠の効果と特徴

2015.12.20 ジェイゾロフト

セルトラリンとは、SSRIのジェイゾロフトの一般名(成分名)です。

ジェイゾロフトは2006年に発売された新しいお薬ですが、イギリスで1990年から使われ始め、全世界に広まっていきました。海外ではすでに発売から年月がたっており、ジェネリックも発売されています。

ジェイゾロフトは、新しい抗うつ薬の中でも効果と安全性のバランスが非常によいと定評があります。副作用が少ないため、心療内科や精神科だけでなく内科などでも処方されることがあります。日本でも2015年12月11日にジェネリックのセルトラリン錠が発売されました。

ここでは、セルトラリン錠の効果を中心に、他の抗うつ薬と比較しながらお伝えしていきたいと思います。


アンデプレ(トラゾドン「アメル」)の効果と特徴

2015.11.3 デジレル・レスリン

抗うつ剤デジレル/レスリンのジェネリック医薬品として、アンデプレが1999年に発売されました。長らく使われてきましたが、名前が紛らわしいとのことで、2014年より一般名のトラゾドンに統一されています。

アンデプレは、抗うつ剤というよりは睡眠薬として使われることが多いです。鎮静系抗うつ薬といわれていて、睡眠を深くする効果があります。

ここでは、アンデプレの効果と特徴についてみていきましょう。


デジレル錠25mg・50mgの薬価と使い分け

2015.10.18 デジレル・レスリン

デジレルは、1991年に発売された抗うつ剤です。発売からしばらく経っており、ジェネリックも発売されています。

デジレルの錠剤としては、25mg・50mgの2つの規格が発売されています。デジレルは抗うつ剤というよりも、睡眠薬として使われることが多いです。まずは25mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、デジレル錠25mg・50mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

デジレルの効果について詳しく知りたい方は、
デジレル錠の効果と特徴
をお読みください。


レスリン錠25mg・50mgの薬価と使い分け

2015.10.17 デジレル・レスリン

レスリンは、1991年に発売された抗うつ剤です。発売からしばらく経っており、ジェネリックも発売されています。

レスリンの錠剤としては、25mg・50mgの2つの規格が発売されています。レスリンは抗うつ剤というよりも、睡眠薬として使われることが多いです。まずは25mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、レスリン錠25mg・50mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

レスリンの効果について詳しく知りたい方は、
レスリン錠の効果と特徴
をお読みください。


ドグマチール錠50mg・100mg・200mgの薬価と使い分け

2015.10.1 ドグマチール

ドグマチールは、1973年に発売されたお薬です。初めは胃薬として発売され、その後に統合失調症やうつ病にも効果があることがわかり、現在はもっぱら抗うつ剤として使われています。発売からしばらく経っており、ジェネリックも発売されています。

ドグマチールの錠剤としては、50mg・100mg・200mgの3つの規格が発売されています。まずは100~150mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、ドグマチール錠50mg・100mg・200mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ドグマチールの効果について詳しく知りたい方は、
ドグマチール錠の効果と特徴
をお読みください。


パキシル錠5mg・10mg・20mgの薬価と使い分け

2015.10.1 パキシル

パキシルは、1999年に発売された新しい抗うつ剤のSSRIです。発売からしばらく経っており、ジェネリックも発売されています。

パキシルの錠剤としては、5mg・10mg・20mgの3つの規格が発売されています。まずは25~10mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、パキシル錠5mg・10mg・20mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

パキシルの効果について詳しく知りたい方は、
パキシル錠の効果と特徴
をお読みください。


トリプタノール錠10mg・25mgの薬価と使い分け

2015.10.1 トリプタノール

トリプタノールは、1961年に発売された昔からある三環系抗うつ剤です。発売からかなりの年月が経っていますので、後発品も発売されています。

トリプタノールの錠剤としては、10mg・25mgの2つの規格が発売されています。まずは10~25mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、トリプタノール錠10mg・25mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

トリプタノールの効果について詳しく知りたい方は、
トリプタノール錠の効果と特徴
をお読みください。


リフレックス錠15mg・30mgの薬価と実際の使い方

2015.10.1 レメロン・リフレックス

リフレックスは、効果のしっかりとした抗うつ剤(NaSSA)として2009年に発売されたお薬です。まだ発売から時間がたっていませんので、ジェネリックの発売はしばらく先でしょう。

リフレックスの錠剤としては、15mgのみが発売となっていましたが、2016年5月から30mgも発売となりました。まずは7.5~15mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、リフレックス錠15mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

リフレックスの効果について詳しく知りたい方は、
リフレックス錠の効果と特徴
をお読みください。


サインバルタカプセル20mg・30mgの薬価と使い分け

2015.10.1 サインバルタ

サインバルタは、2010年に発売された新しい抗うつ剤のSNRIです。発売されてそこまで時間がたっていないので、未だジェネリックが発売されていません。数年後の発売となるでしょう。

サインバルタのカプセルとしては、20mg・30mgの2つの規格が発売されています。まずは20mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、サインバルタカプセル20mg・30mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

サインバルタの効果について詳しく知りたい方は、
サインバルタカプセルの効果と特徴
をお読みください。


デプロメール錠25mg・50mg・75mgの薬価と使い分け

2015.9.30 ルボックス・デプロメール

デプロメールは、1999年に発売されたSSRIと呼ばれる抗うつ剤です。発売からしばらく経っており、ジェネリックも発売されています。

デプロメールの錠剤としては、25mg・50mg・75mgの3つの規格が発売されています。まずは25~50mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、デプロメール錠25mg・50mg・75mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

デプロメールの効果について詳しく知りたい方は、
デプロメール錠の効果と特徴
をお読みください。


レクサプロ錠10mgの薬価と実際の使い方

2015.9.30 レクサプロ

レクサプロは、効果と副作用のバランスがよい抗うつ剤(SSRI)として2011年に発売されたお薬です。まだ発売から時間がたっていませんので、ジェネリックの発売はしばらく先でしょう。

レクサプロの錠剤としては、10mgのみが発売となっています。まずは5~10mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、レクサプロ錠10mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

レクサプロの効果について詳しく知りたい方は、
レクサプロ錠の効果と特徴
をお読みください。


イフェクサーの副作用と安全性

2015.9.30 イフェクサー

海外ではメジャーな抗うつ剤として発売されているエフェクサーが、ついに日本でも2015年12月8日に発売されました。日本では、イフェクサーSRカプセルとして発売されています。

イフェクサーはSNRIと呼ばれているお薬で、サインバルタやトレドミンと同じタイプの抗うつ剤です。セロトニンとノルアドレナリンを増加させることで効果を発揮するお薬です。

アメリカでは1994年から承認されて使われてきているお薬です。民族的な違いはありますが、イフェクサ―の副作用や安全性に関しては既にある程度わかっています。

ここでは、イフェクサーの副作用と安全性についてお伝えしていきたいと思います。


イミドール錠の効果と副作用

2015.9.23 トフラニール

イミドールとは、トフラニールという三環系抗うつ薬と同じです。イミドールはトフラニールのジェネリックとして発売されています。

イミドールは世界で初めて開発された三環系抗うつ薬です。この薬の登場をうけて、うつ病の薬物療法が発展していくきっかけとなりました。販売開始1959年と、非常に長い実績のある抗うつ薬です。

最近では、さらに副作用の少ないSSRI・SNRI・NaSSAといった新しい抗うつ薬が優先して使われるようになっています。ですが、三環系抗うつ薬は副作用が多いですが効果も大きいでので、今でもよく使われています。

ここでは、イミドールの効果を中心に、わかりやすく紹介していきたいと思います。


四環系抗うつ薬の効果と副作用

2015.9.20 抗うつ薬のまとめ

四環系抗うつ薬は、三環系抗うつ薬の副作用を軽減できないかと開発されました。残念ながら効果がかなり減弱してしまい、抗うつ剤としては力不足なものになってしまいました。

ですが、四環系抗うつ薬には睡眠を深くする効果があるので、これを利用して睡眠薬としてつかわれることが多いです。四環系抗うつ薬は一般的な睡眠薬と違って依存性もありません。

四環系抗うつ薬にはどのような効果や副作用があるのでしょうか?ここでは、他の抗うつ剤との比較もふまえてご紹介していきたいと思います。


三環系抗うつ薬の効果と副作用

2015.9.19 抗うつ薬のまとめ

三環系抗うつ薬は、もっとも古くからある三環系抗うつ薬です。この薬の登場をうけて、うつ病の薬物療法が発展していくきっかけとなりました。

最近では、さらに副作用の少ないSSRI・SNRI・NaSSAといった新しい抗うつ薬が優先して使われるようになっています。ですが、三環系抗うつ薬は副作用が多いですが効果も大きいでので、今でもよく使われています。

ここでは、三環系抗うつ薬の効果と副作用について、ほかの抗うつ剤とも比較しながらみていきましょう。


NaSSAの効果と副作用とは?NaSSAの抗うつ剤での位置づけ

2015.9.18 抗うつ薬のまとめ

NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)は、新しいメカニズムでセロトニンとノルアドレナリンを増加させるお薬です。

新しい抗うつ剤の中でも効果はしっかりとしているのですが、眠気と食欲が問題になってしまうことが多いお薬です。副作用も逆手にとれることもあるので、うまく使えると非常に有効なお薬です。

近年は痛みへの効果が注目されるようになり、慢性疼痛に対する治療薬としても使われることがあります。正式に適応は認められていませんが、SNRIがうまくいかなかった時の選択肢となっています。

NaSSAは1種類のみの発売となります。2社から発売されていて、リフレックスとレメロンという商品名で発売されています。


SNRIの副作用(対策と比較)

2015.9.17 抗うつ薬のまとめ

2000年に入ってから、SNRIが日本でも発売されるようになりました。従来の三環系・四環系抗うつ薬と比べると、明らかに副作用は軽減されています。

しかしながら、新しい抗うつ剤特有の副作用もみられます。SNRIの副作用について、どのように考えていけばよいでしょうか?

ここでは、SNRIの副作用の考え方とその対処法を考えていきたいと思います。また、日本で発売されている抗うつ剤の副作用を比較していきたいと思います。


SNRIの効果と特徴とは?SNRIの抗うつ剤での位置づけ

2015.9.16 抗うつ薬のまとめ

SNRI(セロトニンノルアドレナリン再取り込み阻害薬)は、よく使われている抗うつ剤です。

近年は痛みへの効果が注目されるようになり、慢性疼痛に対する治療薬としてもよく使われています。精神科や心療内科以外でもよく処方さえる抗うつ剤なのです。抗うつ剤としても、しっかりとした効果が期待できる一方で、副作用が少ないというバランスがとれた抗うつ剤です。

日本ではこれまで2種類のSNRIが発売されてきましたが、2015年12月にイフェクサーが発売されて3剤となりました。ここでは、SNRIの効果について、他の抗うつ剤とも比較しながらお伝えしていきたいと思います。


SSRIの副作用(対策と比較)

2015.9.5 抗うつ薬のまとめ

2000年ごろから、SSRIが日本でも発売されるようになりました。従来の三環系・四環系抗うつ薬と比べると、明らかに副作用は軽減されています。

しかしながら、新しい抗うつ剤特有の副作用もみられます。SSRIの副作用について、どのように考えていけばよいでしょうか?

ここでは、SSRIの副作用の考え方とその対処法を考えていきたいと思います。また、日本で発売されている抗うつ剤の副作用を比較していきたいと思います。


SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の効果と特徴

2015.9.4 抗うつ薬のまとめ

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)は、もっともよく使われている抗うつ剤です。

うつ病の治療では、まず最初に使われることが多いです。うつ病だけでなく、さまざまな不安障害、PMS(月経前緊張症)などでも使われています。しっかりとした効果が期待できる一方で、副作用が少ないというバランスがとれた抗うつ剤です。

日本では4種類のSSRIが発売されています。ここでは、SSRIの効果について、他の抗うつ剤とも比較しながらお伝えしていきたいと思います。


抗うつ剤の性欲低下・性機能障害と5つの対策

2015.9.1 抗うつ薬のまとめ

薬にはいろいろな副作用がありますが、恥ずかしくて言いづらいものとして、「性」の問題があります。なかなか診察で言うこともできずに我慢されている方が多いと思いますが、パートナーもあることなので大きな悩みです。

抗うつ剤のほとんどで性機能低下(性欲低下・勃起障害・生理不順など)があります。その中でもSSRIは、性の悩みが必発といってもよいお薬です。

ここでは、抗うつ剤の性に対する影響についてみていき、その対策を考えていきましょう。


ジェイゾロフト錠25mg・50mg・100mgの薬価と使い分け

2015.8.24 ジェイゾロフト

ジェイゾロフトは、効果と副作用のバランスがよい抗うつ剤として定評があります。2006年に発売されて10年近くが経っており、ジェネリックの発売も控えています。OD錠(口腔内崩壊錠)も発売されて治療の選択肢が広がって、今後もながく使われていく抗うつ剤でしょう。

ジェイゾロフトの錠剤としては、25mg・50mg・100mgの3つの規格が発売されています。まずは25mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、ジェイゾロフト錠25mg・50mg・100mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ジェイゾロフトの効果について詳しく知りたい方は、
ジェイゾロフト錠の効果と特徴
をお読みください。


ジェイゾロフトとジェネリックの違いとは?

2015.8.24 ジェイゾロフト

ジェイゾロフトは2006年に発売されたお薬です。発売直後は特許もあるのでジェネリックは作られませんでした。10年近くがたち、ようやくジェネリックが2015年12月、発売となりました。

ジェイゾロフトのジェネリックは、「セルトラリン錠」として発売されています。開発企業が多かったこともあり、薬価は5割になっているので非常に使いやすくなります。

ここでは、ジェイゾロフトとジェネリック(セルトラリン)にはどのような違いがあるのか、お伝えしていきたいと思います。


ドグマチールとジェネリックの違いとは?

2015.8.23 ドグマチール

ドグマチールは発売されてから年月がたっていますので、ジェネリックが発売されています。スルピリド・マーゲノールなどの名前で発売されています。

それでは、ドグマチールとジェネリック(スルピリド)にはどのような違いがあるのでしょうか?詳しくお伝えしていきたいと思います。


ドグマチールとアルコール(お酒)は大丈夫?

2015.8.22 ドグマチール

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

ここでは、お酒がドグマチールに及ぼす影響をみていきながら、何が問題なのかを考えていきましょう。その中で、現実的なお酒との付き合い方を考えていきましょう。


ドグマチールの生理・妊娠・授乳への影響とは?

2015.8.21 ドグマチール

女性の方は妊娠や授乳への薬の影響を心配をされる方は多いと思います。ドグマチールを服用しているのに予想外の妊娠がわかって、慌てている方もいらっしゃるかもしれません。

ドグマチールは、生理不順や乳汁分泌の副作用が有名です。妊娠や出産に対してどのような影響があるのでしょうか?

ここでは、そんなドグマチールの女性への影響について考えていきたいと思います。


ドグマチールの「うつ」への効果

2015.8.20 ドグマチール

ドグマチールは、「うつ」の治療によく使われているお薬です。即効性も期待できて副作用も少ないことから、とても使いやすいお薬です。抗うつ剤としては、SSRIやSNRIやNaSSAといった新しい抗うつ剤が使われることが多いですが、症状の程度が重くない時はドグマチールが使われることも多いです。

ここでは、ドグマチールの「うつ」への効果について、詳しくお伝えしていきたいと思います。

ドグマチールの効果について詳しく知りたい方は、
ドグマチール錠の効果と特徴
をお読みください。


ドグマチールは太るの?体重増加と5つの対策

2015.8.19 ドグマチール

精神科ではお薬を処方するときに、患者さんから「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。

精神科の薬はどうしても太る薬が多く、抗うつ剤も例外ではありません。ドグマチールでも、消化がよくなって食欲があがってしまいます。ですから、食欲にまかせていると太ってしまいます。ちゃんと自己管理の意識をもって生活していきましょう。

ここでは、ドグマチールがどうして太るのか、その理由と対処法まで詳しくお伝えしていきます。


ドグマチールの眠気と5つの対策

2015.8.18 ドグマチール

精神科のお薬は眠くなるものが多いです。抗うつ剤も例外ではなく、眠気が強いものが多いです。日常生活を過ごしていかなければならない中で、眠気が強く出てしまうと困ってしまいますね。

ドグマチールは、抗うつ剤の中では眠気は少ない方ですが、時に眠気が強くなることがあります。

ここでは、ドグマチールの副作用としてみられる眠気について考えてみましょう。


ベタマック錠(スルピリド錠「サワイ」)の効果と副作用

2015.8.17 ドグマチール

ベタマック錠は、ドグマチールのジェネリックです。ベタマックほどいろいろな精神科の病気に幅広く使われるお薬はありません。ベタマックは、1973年に胃薬として発売されました。使われていくうちに、

「少ない量ではうつに効果がある」
「量を多くすると統合失調症に効果がある」

ということがわかり、広く使われるようになりました。

ベタマック錠は、2012年12月よりスルピリド錠「サワイ」に名称変更されています。

ここでは、ベタマック錠の効果と特徴について、お伝えしていきたいと思います。


ジェイゾロフトOD錠の実際の使い方

2015.8.17 ジェイゾロフト

2014年12月、ジェイゾロフトにOD錠(口腔内崩壊錠)が追加で発売となりました。

ジェイゾロフトは効果と副作用のバランスのよい抗うつ剤として定評があります。そのジェイゾロフトにOD錠が加わったことで、患者さんのニーズにより答えられるようになります。ただ、ジェイゾロフトはジェネリックも近々発売されます。このため、ちゃんとメリットとデメリットを考えて使わないとお薬代が高くなってしまうだけになります。

ここでは、ジェイゾロフトOD錠について、薬価もふくめて詳しくお伝えしていきたいと思います。


アビリット錠の効果と副作用

2015.8.16 ドグマチール

アビリット錠は、ドグマチールのジェネリックと間違えられることが多いですが、同時に発売された先発品です。3社で共同開発したので、それぞれの会社で違う商品が発売されました。その中でドグマチールが有名になりました。

アビリットほどいろいろな精神科の病気に幅広く使われるお薬はありません。アビリットは、1973年に胃薬として発売されました。使われていくうちに、

「少ない量ではうつに効果がある」
「量を多くすると統合失調症に効果がある」

ということがわかり、広く使われるようになりました。

ここでは、アビリット錠の効果と特徴について、お伝えしていきたいと思います。


ドグマチールの半減期からわかること

2015.8.15 ドグマチール

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。この時間をみることで、薬の効き方や副作用の出方を考えていくことができます。

ここでは、ドグマチールの半減期について考えていきましょう。


ミラドール錠の効果と副作用

2015.8.14 ドグマチール

ミラドール錠は、ドグマチールのジェネリックと間違えられることが多いですが、同時に発売された先発品です。3社で共同開発したので、それぞれの会社で違う商品が発売されました。その中でドグマチールが有名になったのです。

ミラドールほどいろいろな精神科の病気に幅広く使われるお薬はありません。ミラドールは、1973年に胃薬として発売されました。使われていくうちに、

「少ない量ではうつに効果がある」
「量を多くすると統合失調症に効果がある」

ということがわかり、広く使われるようになりました。

ここでは、ミラドール錠の効果と特徴について、お伝えしていきたいと思います。


抗うつ剤の吐き気・下痢と5つの対策

2015.8.13 抗うつ薬のまとめ

抗うつ剤を飲み始めると、胃がムカムカしたり、気持ち悪くなることがあります。これは、セロトニンを増やす効果が強いSSRIやSNRIによくみられる副作用です。お薬の飲み始めに多く、次第に慣れていくことが多いです。

ここでは、抗うつ剤によって吐き気や下痢が生じる原因と、その対策を考えていきたいと思います。


抗うつ剤で痩せる3つのケース

2015.8.12 抗うつ薬のまとめ

「抗うつ剤はやせ薬」というウワサがあります。確かに、抗うつ剤を飲み始めたら体重が落ちる方はいらっしゃいます。ですがこれはお薬の影響ではありません。他の原因で体重が減少しているにすぎません。

ここでは、抗うつ剤で痩せたように感じるのはなぜなのか、お伝えしていきたいと思います。


デジレルの半減期からわかること

2015.8.11 デジレル・レスリン

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。この時間をみることで、薬の効き方や副作用の出方を考えていくことができます。デジレルの半減期は、およそ6~7時間です。

ここでは、デジレルの半減期について考えていきましょう。


デジレルの離脱症状と4つの対策

2015.8.10 デジレル・レスリン

抗うつ薬が急に身体からなくなると、調子が悪くなることがあります。薬を飲まなかったせいで病気が悪化したと勘違いされる方が多いですが、そうとも限りません。身体に慣れていた薬が急になくなることによる離脱症状、これが原因であることも多いです。

離脱症状は、古い薬よりむしろSSRIをはじめとした新しい抗うつ薬でよくみられます。デジレルは、離脱症状が起こりにくい薬です。ですが、薬を自己中断してしまったりすると、離脱症状が認められることもあります。

ここでは、デジレルで離脱症状が起きる原因や対処法について、詳しく説明していきます。


デジレルは太るの?体重増加と5つの対策

2015.8.9 デジレル・レスリン

精神科のお薬を処方するときに、患者さんから「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。

精神科の薬はどうしても太る薬が多く、抗うつ剤も例外ではありません。デジレルもはそこまで太りやすい薬ではありませんが、どちらかというと太る傾向にはあります。

ここでは、デジレルが太る理由からその対処法まで考えていきたいと思います。

デジレルの副作用について詳しく知りたい方は、
デジレルの副作用(対策と比較)
をお読みください。


デジレルの睡眠への効果と副作用

2015.8.8 デジレル・レスリン

デジレルは睡眠を深くする効果があるので、睡眠薬としても使われています。

一般的な睡眠薬では睡眠時間は長くなるものの、睡眠が浅くなってしまいます。急がなくてもよいならば、デジレルは睡眠薬として身体に優しいお薬です。

デジレルはどうして睡眠に効果があるのでしょうか?
デジレルの睡眠薬としての特徴はどのようなものでしょうか?

ここでは、デジレルの睡眠への効果と副作用について考えてみたいと思います。

デジレルの抗うつ剤としての効果について詳しく知りたい方は、
デジレル錠の効果と特徴
をお読みください。


デジレルの副作用(対策と比較)

2015.8.7 デジレル・レスリン

デジレルの抗うつ効果は弱めですが、睡眠効果が期待できるお薬です。このため、抗うつ剤というよりも睡眠薬として使われることの方が多いお薬です。

デジレルの副作用は全体的に少なく、とても安全なおくすりといえます。睡眠薬としてみた時も、依存性もなく優しいお薬です。とはいっても、デジレル特有の副作用があったりと、まったく副作用がないわけではありません。デジレルではどのようなところに注意していけばよいのでしょうか?

ここでは、デジレルの副作用について見ていきたいと思います。


デジレルの効果と特徴

2015.8.6 デジレル・レスリン

デジレルは、1991年に発売された新しいお薬です。

その後に発売された新しい抗うつ剤と比べると、抗うつ効果では劣ってしまいます。ですが、睡眠を深くする効果があるので鎮静系抗うつ薬といわれていて、睡眠薬としてよく使われています。

ここでは、デジレルの効果について考えていきたいと思います。


レメロンの半減期からわかること

2015.8.4 レメロン・リフレックス

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。この時間をみることで、薬の効き方や副作用の出方を考えていくことができます。レメロンの半減期は、およそ32時間です。

ここでは、レメロンの半減期について考えていきましょう。


レメロンの離脱症状と3つの対策

2015.8.3 レメロン・リフレックス

抗うつ薬が急に身体からなくなると、調子が悪くなることがあります。薬を飲まなかったせいで病気が悪化したと勘思われる方も多いですが、そうとも限りません。身体に慣れていた薬が急になくなることによる離脱症状、これが原因であることも多いです。

離脱症状は、SSRIやSNRIなどの新しい抗うつ剤でよくみられます。レメロンでは、いかがでしょうか?

ここでは、レメロンで離脱症状が起きる原因や対処法について、詳しく説明していきます。


レメロンの眠気と5つの対策

2015.8.2 レメロン・リフレックス

日常生活を過ごしていかなければならない中で、眠気が強く出てしまうと困ってしまいますね。

レメロンは、新しい抗うつ剤の中では有効性がもっとも高いと評価されたお薬です。ですが、眠気が非常に強いのがネックになります。薬の飲み始めに、日中も続く眠気がみられることが多いですが、次第に慣れていくことが多いです。ですから、いかにしてこの眠気とつきあっていくかが重要になります。

ここでは、レメロンの副作用としてみられる眠気との付き合い方を考えてみましょう。


レメロンは太るの?体重増加と5つの対策

2015.8.1 レメロン・リフレックス

精神科のお薬を処方するとき、患者さんから「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。

精神科の薬はどうしても太る薬が多く、抗うつ剤も例外ではありません。レメロンは、抗うつ剤の中でも太りやすい薬です。効果はしっかりと期待できるお薬ですので、付き合い方を見つけていきましょう。

ここでは、レメロンが太る理由からその対処法まで考えていきたいと思います。


レメロンの副作用(対策と比較)

2015.7.31 レメロン・リフレックス

レメロンは、新しい抗うつ剤としては効果がもっともしっかりしているお薬と言われています。睡眠を深くしたり食欲を上げる効果があるので、不眠や食欲不振で悩んでいる方には効果的です。その反面、副作用として眠気や体重増加がネックになってしまいます。

レメロンの副作用は、新しい抗うつ薬のSSRIやSNRIとは異なります。レメロンはどのようなところに気をつければよいのでしょうか?

ここでは、レメロンの副作用を中心に、他の抗うつ薬と比較しながらお伝えしていきたいと思います。


ドグマチールの副作用(対策と比較)

2015.7.30 ドグマチール

ドグマチールはいろいろな効果のある薬として広く使われてきました。現在はもっぱら、抗うつ剤として使われています。

全体的には副作用が少なく、即効性もあってとても良いお薬です。ですが、他の抗うつ剤ではみられない副作用に注意しなければいけません。高プロラクチン血症による乳汁分泌と生理不順、パーキンソン症状によるソワソワやふるえがみられることがあります。

ここでは、ドグマチールの副作用について詳しくみていきたいと思います。


ドグマチールの減薬・断薬の方法

2015.7.30 ドグマチール

ドグマチールをやめていく時には、注意しなければいけません。急に減薬をしてしまうと、離脱症状が出てしまうことがあります。無理をして薬を減らして調子が悪くなってしまうと、以前よりも薬の量が増えてしまう方もいらっしゃいます。ドグマチールを減らしたいと思われたら、必ず主治医に相談してください。

それでは、ドグマチールを減らしていくには、どのようにすればリスクが少ないでしょうか?
また、調子が悪くなってしまったら、どのようにすればよいでしょうか?

ここでは、ドグマチールの減薬や断薬の方法をお伝えしていきたいと思います。


ドグマチールの離脱症状とは?

2015.7.30 ドグマチール

抗うつ薬が急に身体からなくなると、調子が悪くなることがあります。薬を飲まなかったせいで病気が悪化したと勘思われる方も多いですが、そうとも限りません。身体に慣れていた薬が急になくなることによる離脱症状が原因であることも多いです。

離脱症状は、古い薬よりむしろSSRIをはじめとした新しい抗うつ薬でよくみられます。ドグマチールでは、離脱症状はめったに起こらない薬です。ですが、量を飲んでいる時にいきなり服薬を中止するとみられることがあります。

ここでは、ドグマチールで離脱症状の起きる原因や対処法について、詳しく説明していきます。


スルピリド錠の効果と特徴

2015.7.30 ドグマチール

スルピリドはドグマチールのジェネリックです。スルピリドほど、いろいろな精神科の病気に幅広く使われるお薬はありません。スルピリドは、1973年に胃薬として発売されました。使われいくうちに、

「少ない量ではうつに効果がある」
「量を多くすると統合失調症に効果がある」

ということがわかり、広く使われるようになりました。

ここでは、スルピリドの効果と特徴について、お伝えしていきたいと思います。


スルピリドの副作用(対策と比較)

2015.7.30 ドグマチール

スルピリドは、ドグマチールのジェネリックとして発売されています。スルピリドはいろいろな効果のある薬として広く使われてきました。現在はもっぱら、抗うつ剤として使われています。

全体的には副作用が少なく、即効性もあってとても良いお薬です。ですが、他の抗うつ剤ではみられない副作用に注意しなければいけません。高プロラクチン血症による乳汁分泌と生理不順、パーキンソン症状によるソワソワやふるえがみられることがあります。

ここでは、スルピリドの副作用について詳しくみていきたいと思います。


テトラミドの半減期からわかること

2015.7.30 テトラミド

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。この時間をみることで、薬の効き方や副作用の出方を考えていくことができます。テトラミドの半減期は、およそ18時間です。

ここでは、テトラミドの半減期について考えていきましょう。


サインバルタのまとめ

2015.7.29 サインバルタ

サインバルタは、セロトニンだけでなく、ノルアドレナリンを増加させるお薬です。このため、意欲や気力が出ない方に効果的です。効果が出てくるとしっかりとよくなる方が多い印象のお薬です。

サインバルタの効果や副作用といった特徴はどのようなものがあるでしょうか?ここでは、サインバルタに関する情報を整理してお伝えしたいと思います。


抗うつ剤の種類と特徴

2015.7.28 抗うつ薬のまとめ

薬物療法のはじまりは、1960年ごろに発売された三環系抗うつ薬です。三環系抗うつ薬は効果が強いものの、副作用も強いのが難点でした。

これを改良する薬として、1970年~1980年ごろから三環系抗うつ薬のアモキサンやノリトレン、四環系抗うつ薬などが発売されました。確かに副作用は減ったものの、その代償に効果も弱くなってしまいました。

2000年に入ると、SSRIやSNRIといった新しい抗うつ剤が発売されました。これらは、副作用を抑えつつも効果がしっかりと期待できます。NaSSAも含めて、現在ではこれらの新しい抗うつ剤が主役となっています。

そうはいっても、従来の抗うつ剤も目的に応じて使われています。現在使われている抗うつ剤にはどのようなものがあるでしょうか?それぞれの特徴も踏まえて、ご紹介していきたいと思います。


ルボックスの副作用(対策と比較)

2015.7.27 ルボックス・デプロメール

ルボックスは、全体的には副作用の少ないお薬ですが、ある程度は避けることができません。ルボックスではどのようなことに気をつければよいのでしょうか?

ここでは、ルボックスの副作用を中心に、私自身も試しに2か月服用したことがあるので、その実感もふまえてお伝えしていきたいと思います。


ルボックスの眠気と7つの対策

2015.7.26 ルボックス・デプロメール

精神科のお薬は眠くなるものが多いです。抗うつ剤も例外ではなく、眠気が強いものが多いです。日常生活を過ごしていかなければならない中で、眠気が強く出てしまうと困ってしまいますね。

ルボックスは、抗うつ剤の中では眠気は少ない方ですが、時に眠気が強くなることがあります。

ここでは、ルボックスの副作用としてみられる眠気について考えてみましょう。


ルボックスは太るの?体重増加と5つの対策

2015.7.25 ルボックス・デプロメール

精神科のお薬を処方するとき、患者さんから「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。

精神科の薬はどうしても太る薬が多く、抗うつ剤も例外ではありません。ルボックスは、どちらかというと太りやすくなる傾向がありますが、他の抗うつ剤と比べるとましです。ですから、ちゃんと自己管理の意識をもって生活していきましょう。

ここでは、ルボックスが太りやすい理由からその対処法まで考えていきたいと思います。


ルボックスの減薬・断薬の方法

2015.7.24 ルボックス・デプロメール

ルボックスをやめていく時には、注意しなければいけません。急に減薬をしてしまうと、離脱症状が出てしまうことがあります。無理をして薬を減らして調子が悪くなってしまうと、以前よりも薬の量が増えてしまう方もいらっしゃいます。ルボックスを減らしたいと思われたら、必ず主治医に相談してください。

それでは、ルボックスを減らしていくには、どのようにすればリスクが少ないでしょうか?
また、調子が悪くなってしまったら、どのようにすればよいでしょうか?

ここでは、ルボックスの減薬や断薬の方法をお伝えしていきたいと思います。


ルボックスの離脱症状と5つの対策

2015.7.23 ルボックス・デプロメール

抗うつ薬が急に身体からなくなると、調子が悪くなることがあります。薬を飲まなかったせいで病気が悪化したと勘思われる方も多いですが、そうとも限りません。身体に慣れていた薬が急になくなることによる離脱症状、これが原因であることも多いです。

離脱症状は、古い薬よりむしろSSRIをはじめとした新しい抗うつ薬でよくみられます。ルボックスは、SSRIの中でも離脱症状が起こりやすいので注意が必要です。

ここでは、ルボックスで離脱症状が起きる原因や対処法について、詳しく説明していきます。


抗うつ剤とアルコール(お酒)は大丈夫?

2015.7.23 抗うつ薬のまとめ

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

ここでは、お酒が抗うつ剤に及ぼす影響をみていきながら、何が問題なのかを考えていきましょう。その中で、現実的なお酒との付き合い方を考えていきましょう。


抗うつ剤の妊娠と授乳への影響とは?

2015.7.23 抗うつ薬のまとめ

抗うつ剤はすぐにやめることもできない薬ですので、女性の方は妊娠や授乳への影響を心配をされる方も多いと思います。予想外の妊娠がわかって慌てている方もいらっしゃるかもしれません。

抗うつ剤は妊娠に影響がないでしょうか?
飲みながら妊娠しても大丈夫でしょうか?
飲みながら授乳しても大丈夫でしょうか?

ここでは、そんな抗うつ剤の妊娠や授乳に対する疑問について考えていきたいと思います。


抗うつ剤の減薬・断薬の方法

2015.7.22 抗うつ薬のまとめ

抗うつ剤をやめていく時には、注意しなければいけません。急に減薬をしてしまうと、離脱症状が出てしまうことがあります。無理をして薬を減らして調子が悪くなってしまうと、以前よりも薬の量が増えてしまう方もいらっしゃいます。抗うつ剤を減らしたいと思われたら、必ず主治医に相談してください。

それでは、抗うつ剤を減らしていくには、どのようにすればリスクが少ないでしょうか?
また、調子が悪くなってしまったら、どのようにすればよいでしょうか?

ここでは、抗うつ剤の減薬や断薬の方法をお伝えしていきたいと思います。


抗うつ剤の眠気と7つの対策

2015.7.22 抗うつ薬のまとめ

精神科のお薬は眠くなるものが多いです。抗うつ剤も例外ではなく、眠気が強いものが多いです。日常生活を過ごしていかなければならない中で、眠気が強く出てしまうと困ってしまいますね。

抗うつ剤によって、眠気の出方も異なります。中には睡眠薬代わりに使われる抗うつ剤もあります。

ここでは、抗うつ剤の副作用としてみられる眠気とその対策について、それぞれの抗うつ剤を比較しながらみていきましょう。


抗うつ剤は太るの?体重増加と5つの対策

2015.7.22 抗うつ薬のまとめ

精神科のお薬を処方するときには、患者さんから「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。

精神科の薬はどうしても太る薬が多く、抗うつ剤も例外ではありません。抗うつ剤によって太りやすさには違いがありますが、多くの抗うつ剤では太りやすい方向に働きます。ですから、ちゃんと自己管理の意識をもって生活していきましょう。

ここでは、抗うつ剤が太りやすい理由からその対処法まで考えていきたいと思います。


リフレックスとアルコール(お酒)は大丈夫?

2015.7.22 レメロン・リフレックス

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

ここでは、お酒がリフレックスに及ぼす影響をみていきながら、何が問題なのかを考えていきましょう。その中で、現実的なお酒との付き合い方を考えていきましょう。


ルボックス/デプロメールとジェネリックの違いとは?

2015.7.21 ルボックス・デプロメール

ルボックス/デプロメールはSSRIが日本でも発売されるようになってすぐの1999年に発売されたお薬です。

すでに発売から年月もたっていますので、2010年からジェネリック医薬品としてのフルボキサミンも発売されました。

それでは、ルボックス/デプロメールとジェネリック(フルボキサミン)にはどのような違いがあるのでしょうか?お伝えしていきたいと思います。


レメロン錠の効果と特徴

2015.7.21 レメロン・リフレックス

レメロンは、2009年に発売された新しいお薬ですが、海外では1994年から使われています。新しいメカニズムでセロトニンとノルアドレナリンを増加させるお薬で、NaSSAと呼ばれています。

新しい抗うつ剤の中でも効果はしっかりとしているのですが、眠気と食欲が問題になってしまうことが多いお薬です。副作用も逆手にとれることもあるので、うまく使えると非常に有効なお薬です。

ここでは、レメロンの効果や特徴を中心に、他の抗うつ薬と比較しながらお伝えしていきたいと思います。


テトラミドの離脱症状と4つの対策

2015.7.20 テトラミド

抗うつ薬が急に身体からなくなると、調子が悪くなることがあります。薬を飲まなかったせいで病気が悪化したと勘違いされる方が多いですが、そうとも限りません。身体に慣れていた薬が急になくなることによる離脱症状、これが原因であることも多いです。

離脱症状は、古い薬よりむしろSSRIをはじめとした新しい抗うつ薬でよくみられます。テトラミドは、離脱症状が起こりにくい薬です。ですが薬を自己中断してしまったりすると、離脱症状が認められることもあります。

ここでは、テトラミドの離脱症状について、詳しく説明していきます。


抗うつ剤の使い方~効果と強さの比較~

2015.7.20 抗うつ薬のまとめ

1960年ごろから三環系抗うつ薬が発売されてから、うつの治療として薬物療法がどんどん発展していきました。三環系抗うつ薬は効果が強くてしっかりと効いたのですが、副作用も強いのが難点でした。

これを改良する薬として、1970年~1980年頃から三環系抗うつ薬のアモキサンやノリトレン、四環系抗うつ薬などが発売されました。確かに副作用は減ったものの、その代償に効果も弱くなってしまいました。

2000年に入ると、SSRIやSNRIといった新しい抗うつ剤が発売されました。これらは、副作用を抑えつつも効果がしっかりと期待できます。NaSSAも含めて、現在ではこれらの新しい抗うつ剤が主役となっています。

そうはいっても、従来の抗うつ剤も目的に応じて使われています。それぞれの抗うつ剤の効果や特徴はどのようなものがあるでしょうか?それぞれのお薬は、どんな方に向いているのでしょうか?抗うつ剤を比較しながら、お伝えしていきたいと思います。


フルボキサミンの副作用(対策と比較)

2015.7.20 ルボックス・デプロメール

ルボックス/デプロメールは、SSRIが日本でも発売されるようになってすぐの1999年に発売されたお薬です。すでに発売から年月もたっていますので、2010年からジェネリック医薬品としてのフルボキサミンも発売されました。

フルボキサミンは、SSRIの中ではマイルドなお薬ですので、比較的使いやすい薬です。吐き気や下痢の副作用は多いものの、薬を中止しなければならないほどのことは少ないです。

ここでは、フルボキサミンの副作用に関してお伝えしていきたいと思います。


フルボキサミン錠の効果と特徴

2015.7.19 ルボックス・デプロメール

フルボキサミンは、ルボックス/デプロメールとして発売されているSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の一般名(成分名)になります。

ルボックス/デプロメールは、1999年に発売されたお薬になります。すでに発売から年月もたっていますので、2010年からジェネリック医薬品としてフルボキサミン錠が発売となりました。

フルボキサミンはSSRIの中でもマイルドな働きをするので、上手に使うことで、とても有効なおくすりです。ここでは、フルボキサミン錠の効果と特徴について見ていきたいと思います。


テトラミドは太るの?体重増加と5つの対策

2015.7.19 テトラミド

「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。精神科の薬はどうしても太る薬が多く、抗うつ剤も例外ではありません。テトラミドはそこまで太りやすい薬ではありませんが、どちらかというと太る傾向にはあります。

ここでは、テトラミドが太る理由からその対処法まで考えていきたいと思います。


ノーマルン錠の効果と副作用

2015.7.19 トリプタノール

トリプタノール錠は1961年に発売されたお薬です。

すでに発売から年月もたっていますので、ジェネリック医薬品としてのアミトリプチリン錠やノーマルン錠も発売されています。

それでは、先発品のトリプタノール錠と後発品であるアミトリプチリン錠にはどのような違いがあるのでしょうか?お伝えしていきたいと思います。


トフラニール錠10mg・25mgの薬価とジェネリックとの違い

2015.7.19 トフラニール

トフラニール錠は1959年に発売されたお薬です。すでに発売から年月もたっていますので、後発品としてのイミプラミン錠やイミドール錠も発売されています。

それでは、トフラニール錠と後発品であるイミプラミン錠にはどのような違いがあるのでしょうか?お伝えしていきたいと思います。


ルジオミール錠とマプロチリン錠の違いとは?

2015.7.19 ルジオミール

ルジオミール錠は、1981年に発売された昔からあるお薬です。すでに発売から年月もたっていますので、ジェネリック医薬品としてのマプロチリン錠やクロンモリン錠も発売されています。

それでは、ルジオミール錠とジェネリック(マプロチリン錠)にはどのような違いがあるのでしょうか?お伝えしていきたいと思います。


ルジオミールの離脱症状と4つの対策

2015.7.19 ルジオミール

抗うつ薬が急に身体からなくなると、調子が悪くなることがあります。薬を飲まなかったせいで病気が悪化したと勘違いされる方が多いですが、そうとも限りません。身体に慣れていた薬が急になくなることによる離脱症状、これが原因であることも多いです。

離脱症状は、古い薬よりむしろSSRIをはじめとした新しい抗うつ薬でよくみられます。ルジオミールは、離脱症状が起こりにくい薬です。ですが薬を自己中断してしまったりすると、離脱症状が認められることもあります。

ここでは、ルジオミールの離脱症状について、詳しく説明していきます。


ルジオミールは太るの?体重増加と5つの対策

2015.7.18 ルジオミール

精神科でお薬を処方するときに、患者さんから「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。

精神科の薬はどうしても太る薬が多く、抗うつ剤も例外ではありません。昔からある三環系抗うつ薬よりは副作用が軽減していますが、ルジオミールも太りやすい薬といえます。

ここでは、ルジオミールが太る理由からその対処法まで考えていきたいと思います。


ルジオミールの眠気と5つの対策

2015.7.18 ルジオミール

精神科のお薬は眠くなるものが多いです。抗うつ剤も例外ではなく、眠気が強いものが多いです。日常生活を過ごしていかなければならない中で、眠気が強く出てしまうと困ってしまいますね。

ルジオミールは、抗うつ剤の中でも眠気の強いお薬です。効果の持続が長いので、眠気が出でしまうとなかなか抜けません。

ここでは、ルジオミールの眠気の原因や対処法などを考えていきたいと思います。


ルジオミールの副作用(対策と比較)

2015.7.18 ルジオミール

ルジオミールは、かつては三環系抗うつ薬よりも副作用の少ない薬としてよく使われていました。近年は、SSRIやSNRIといった新しい抗うつ剤に主役の座を奪われてしまっています。

ルジオミールの副作用は全体的に少なく、新しい抗うつ薬にはない睡眠効果がみられます。ルジオミールが合う方には、今でも使われているお薬です。それでは、ルジオミールではどのようなところに注意していけばよいのでしょうか?

ここでは、ルジオミールの副作用について見ていきたいと思います。


リフレックスは頭痛や痛みにどのような効果があるのか

2015.7.18 レメロン・リフレックス

抗うつ薬の中には痛みに効果があるものがあります。

慢性的に痛みが続くときに痛み止めを使い続けると、効果も乏しく身体に負担が大きいです。このような時には、リフレックスのような抗うつ薬が使われます。

ここでは、頭痛をはじめとした痛みに対して、リフレックスがどのように効くのか、他の薬とも比較しながらみていきたいと思います。


パキシルのまとめ

2015.7.18 パキシル

パキシルは、10年以上前から使われている薬ですので、すでにジェネリック医薬品も発売されています。効果はしっかりとしているものの、離脱症状でなかなか薬を止められないなどのデメリットもあります。

パキシルの効果や副作用といった特徴は、どのようなものがあるでしょうか?みていきましょう。


パキシルCR錠の効果と副作用

2015.7.17 パキシル

パキシルCR錠は、パキシルの改良版として2012年に発売されたお薬です。

パキシルは「うつは心の風邪」のフレーズと共に、広く処方された抗うつ剤です。効果はしっかりとしているのですが、離脱症状により減薬で苦労される方が多いというデメリットがありました。パキシルCR錠では、徐放剤とすることで血中濃度の安定を図ったお薬です。

ここでは、パキシルとの違いを見ていきながら、パキシルCR錠の効果と副作用についてお伝えしていきたいと思います。


ルジオミール錠の効果と特徴

2015.7.17 ルジオミール

ルジオミールは、1981年に発売された四環系抗うつ薬です。これまでの三環系抗うつ薬に比べると、副作用が少なくなって使いやすくなりましたが、効果では劣ってしまいました。

ですが同じ種類の薬の中では強いお薬でしたので、よく使われていました。現在は、SSRIやSNRIといった新しい抗うつ剤に主役の座を奪われていますが、今でも使っていらっしゃる方はいらっしゃいます。

ルジオミールにはどのような効果や特徴があるのでしょうか?どんな方に向いているのでしょうか?ここでは、他の抗うつ剤とも比較しながらお伝えしていきたいと思います。


リフレックスの減薬・断薬の方法

2015.7.17 レメロン・リフレックス

お薬を減らしていくには、どのようにすればリスクが少ないでしょうか?また、調子が悪くなってしまったら、どのようにすればよいでしょうか?

お薬を自己判断で減らして調子が悪くなってしまう方はたくさんいらっしゃいます。結果オーライの方もいらっしゃいますが、「薬をやめたい」と思ったら、正直に主治医に相談してください。

ここでは、リフレックスを減らしていくにはどのようにしていけばよいのか、お伝えしていきたいと思います。


テトラミドの睡眠への効果と副作用

2015.7.16 テトラミド

テトラミドは睡眠を深くする効果があるので、睡眠薬としても使われています。

一般的な睡眠薬では睡眠時間は長くなるものの、睡眠が浅くなってしまいます。急がなくてもよいならば、テトラミドは睡眠薬として身体に優しいお薬です。

テトラミドはどうして睡眠に効果があるのでしょうか?
テトラミドの睡眠薬としての特徴はどのようなものでしょうか?

ここでは、テトラミドの睡眠への効果と副作用について考えてみたいと思います。

テトラミドの抗うつ剤としての効果について知りたい方は、
テトラミド錠の効果と特徴
をお読みください。


テトラミドの副作用(対策と比較)

2015.7.16 テトラミド

テトラミドの抗うつ効果は弱めですが、睡眠効果が期待できるお薬です。このため、抗うつ剤というよりも睡眠薬として使われることも多いお薬です。

テトラミドの副作用は全体的に少なく、安全なおくすりといえます。睡眠薬としてみた時も、依存性もなく優しいお薬です。とはいっても、まったく副作用がないわけではありません。テトラミドではどのようなところに注意していけばよいのでしょうか?

ここでは、テトラミドの副作用について見ていきたいと思います。


パキシルとジェネリックの違いとは?

2015.7.16 パキシル

パキシルはSSRIが日本でも発売されるようになってすぐの2000年に発売されたお薬です。すでに発売から年月もたっていますので、2012年からジェネリック医薬品としてのパロキセチンも発売されました。

それでは、パキシルとジェネリック(パロキセチン)にはどのような違いがあるのでしょうか?お伝えしていきたいと思います。


ミルナシプラン錠の効果と副作用

2015.7.16 トレドミン

ミルナシプランとは、SNRIのトレドミンと同じです。ミルナシプランはミルナシプランのジェネリックになります。

ミルナシプランは日本で初めてのSNRIです。落ち込みや不安に効果のある「セロトニン」だけでなく、意欲や気力に効果がある「ノルアドレナリン」にも効果のあるお薬です。

とはいっても効果の強さはマイルドで、その分副作用も少ないお薬です。しっかりと効けば優しくてよいお薬なのですが、どのような方に向いているでしょうか?

ここでは、ミルナシプランの効果を中心に、他の抗うつ薬と比較してお伝えしていきたいと思います。


リフレックスの眠気と5つの対策

2015.7.16 レメロン・リフレックス

日常生活を過ごしていかなければならない中で、眠気が強く出てしまうと困ってしまいますね。

リフレックスは、新しい抗うつ剤の中では有効性がもっとも高いと評価されたお薬です。ですが、眠気が非常に強いのがネックになります。薬の飲み始めに、日中も続く眠気がみられることが多いですが、次第に慣れていくことが多いです。ですから、いかにしてこの眠気とつきあっていくかが重要になります。

ここでは、リフレックスの副作用としてみられる眠気との付き合い方を考えてみましょう。


テトラミド錠の効果と特徴

2015.7.16 テトラミド

テトラミド錠は、1983年に発売された四環系抗うつ薬です。これまでの三環系抗うつ薬に比べると副作用が少ないですが、効果がマイルドになっています。睡眠を深くする効果があるので、どちらかというと睡眠薬として使われることが多いです。一般的な睡眠薬と違って依存性もないので、とても有効なお薬です。

テトラミド錠にはどのような効果や特徴があるのでしょうか?どんな方に向いているのでしょうか?ここでは、他の抗うつ剤とも比較しながらお伝えしていきたいと思います。


トラゾドンの睡眠への効果と副作用

2015.7.15 デジレル・レスリン

トラゾドンは、デジレル/レスリンのジェネリック医薬品です。トラゾドンは睡眠を深くする効果があるので、睡眠薬としても使われています。

一般的な睡眠薬では睡眠時間は長くなるものの睡眠が浅くなってしまいます。急がなくてもよいならば、トラゾドンは睡眠薬として身体に優しいお薬です。

トラゾドンはどうして睡眠に効果があるのでしょうか?
トラゾドンの睡眠薬としての特徴はどのようなものでしょうか?

ここでは、トラゾドンの睡眠への効果と副作用に関して考えてみたいと思います。

トラゾドンの抗うつ剤としての効果について詳しく知りたい方は、
トラゾドンの効果と特徴
をお読みください。


トラゾドンの副作用(対策と比較)

2015.7.15 デジレル・レスリン

トラゾドン/レスリンのジェネリック医薬品として、アンデプレが1999年に発売されました。長らく使われてきましたが、名前が紛らわしいとのことで、2014年より一般名のトラゾドンに統一されました。

トラゾドンは、睡眠効果が大きいので睡眠薬として使われることの方が多い抗うつ剤です。全体的に副作用が少なく、使いやすい薬です。

ここでは、トラゾドンの副作用に関してお伝えしていきたいと思います。


トラゾドン錠の効果と特徴

2015.7.15 デジレル・レスリン

デジレル/レスリンのジェネリック医薬品として、アンデプレが1999年に発売されました。長らく使われてきましたが、名前が紛らわしいとのことで、2014年より一般名のトラゾドンに統一されました。

トラゾドンは、抗うつ剤というよりは睡眠薬として使われることが多いです。ここでは、トラゾドンの効果について見ていきたいと思います。


レスリンの半減期からわかること

2015.7.15 デジレル・レスリン

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。この時間をみることで、薬の効き方や副作用の出方を考えていくことができます。レスリンの半減期は、およそ6~7時間です。

ここでは、レスリンの半減期について考えていきましょう。


レスリンの離脱症状と4つの対策

2015.7.15 デジレル・レスリン

抗うつ薬が急に身体からなくなると、調子が悪くなることがあります。薬を飲まなかったせいで病気が悪化したと勘違いされる方が多いですが、そうとも限りません。身体に慣れていた薬が急になくなることによる離脱症状、これが原因であることも多いです。

離脱症状は、古い薬よりむしろSSRIをはじめとした新しい抗うつ薬でよくみられます。レスリンは、離脱症状が起こりにくい薬です。ですが、薬を自己中断してしまったりすると、離脱症状が認められることもあります。

ここでは、レスリンの離脱症状について、詳しく説明していきます。


パロキセチン錠の効果と特徴

2015.7.15 パキシル

パロキセチン錠は、セロトニンを選択的に増加させるSSRIに分類される抗うつ剤パキシルのジェネリック医薬品です。

SSRIが日本で発売されるようになってすぐの2000年に先発品であるパキシルが発売されました。すでに発売から年月もたっていますので、2012年にジェネリック医薬品としてのパロキセチンも発売されました。

パロキセチンは中止していく時に離脱症状が出やすいという難点がありますが、効果はしっかりとしたものが期待できます。ここでは、パロキセチン錠の効果について見ていきたいと思います。


トレドミンとジェネリックの違いとは?

2015.7.15 トレドミン

トレドミンはSSRIが日本でも発売されるようになってすぐの2000年に発売されたお薬です。

すでに発売から年月もたっていますので、ジェネリック医薬品としてのミルナシプランも発売されています。

それでは、トレドミンとジェネリック(ミルナシプラン)にはどのような違いがあるのでしょうか?お伝えしていきたいと思います。


パキシルの妊娠と授乳への影響とは?

2015.7.14 パキシル

パキシルはすぐにやめることもできない薬ですので、女性の方は妊娠や授乳への影響を心配をされる方も多いと思います。予想外の妊娠がわかって慌てている方もいらっしゃるかもしれません。

パキシルは妊娠に影響がないでしょうか?
飲みながら妊娠しても大丈夫でしょうか?
飲みながら授乳しても大丈夫でしょうか?

ここでは、そんなパキシルの妊娠や授乳に対する疑問について考えていきたいと思います。


リフレックスの半減期からわかること

2015.7.14 レメロン・リフレックス

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。この時間をみることで、薬の効き方や副作用の出方を考えていくことができます。リフレックスの半減期は、およそ32時間です。

ここでは、リフレックスの半減期について考えていきましょう。


トレドミンの減薬・断薬の方法

2015.7.14 トレドミン

トレドミンを急に減薬をしてしまうと、離脱症状が出てしまうことがあります。無理をして薬を減らして調子が悪くなってしまうと、以前よりも薬の量が増えてしまう方もいらっしゃいます。トレドミンを減らしたいと思われたら、必ず主治医に相談してください。

それでは、トレドミンを減らしていくには、どのようにすればリスクが少ないでしょうか?
また、調子が悪くなってしまったら、どのようにすればよいでしょうか?

ここでは、トレドミンの減薬や断薬の方法をお伝えしていきたいと思います。


トレドミンの半減期からわかること

2015.7.13 トレドミン

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。この時間をみることで、薬の効き方や副作用の出方を考えていくことができます。この半減期、トレドミンでは8.2時間です。

ここでは、SSRIであるトレドミンの半減期について考えていきましょう。


パキシルとアルコール(お酒)は大丈夫?

2015.7.13 パキシル

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

ここでは、お酒がパキシルに及ぼす影響をみていきながら、何が問題なのかを考えていきましょう。その中で、現実的なお酒との付き合い方を考えていきましょう。


リフレックスは太るの?体重増加と5つの対策

2015.7.13 レメロン・リフレックス

精神科のお薬を処方すると、患者さんから「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。

精神科の薬はどうしても太る薬が多く、抗うつ剤も例外ではありません。リフレックスは、抗うつ剤の中でも太りやすい薬です。効果はしっかりと期待できるお薬ですので、付き合い方を見つけていきましょう。

ここでは、リフレックスが太る理由からその対処法まで考えていきたいと思います。


レスリンは太るの?体重増加と5つの対策

2015.7.13 デジレル・レスリン

精神科のお薬を処方すると、患者さんから「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。

精神科の薬はどうしても太る薬が多く、抗うつ剤も例外ではありません。レスリンもそこまで太りやすい薬ではありませんが、どちらかというと太る傾向にはあります。

ここでは、レスリンが太る理由からその対処法まで考えていきたいと思います。


レスリンの睡眠への効果と副作用

2015.7.13 デジレル・レスリン

レスリンは睡眠を深くする効果があるので、睡眠薬としても使われています。

一般的な睡眠薬では睡眠時間は長くなるものの、睡眠が浅くなってしまいます。急がなくてもよいならば、レスリンは睡眠薬として身体に優しいお薬です。

レスリンはどうして睡眠に効果があるのでしょうか?
レスリンの睡眠薬としての特徴はどのようなものでしょうか?

ここでは、レスリンの睡眠への効果と副作用について考えてみたいと思います。

レスリンの抗うつ剤としての効果について詳しく知りたい方は、
レスリン錠の効果と特徴
をお読みください。


レスリンの副作用(対策と比較)

2015.7.13 デジレル・レスリン

レスリンの抗うつ効果は弱めですが、睡眠効果が期待できるお薬です。このため、抗うつ剤というよりも睡眠薬として使われることの方が多いお薬です。

レスリンの副作用は全体的に少なく、とても安全なおくすりといえます。睡眠薬としてみた時も、依存性もなく優しいお薬です。とはいっても、レスリン特有の副作用があったりと、まったく副作用がないわけではありません。レスリンではどのようなところに注意していけばよいのでしょうか?

ここでは、レスリンの副作用について見ていきたいと思います。


トレドミンの吐き気・下痢と5つの対策

2015.7.13 トレドミン

トレドミンを飲み始めると胃がムカムカしたり、気持ち悪くなることがあります。これはSSRIやSNRIによくみられる副作用で、トレドミンでもよく認められます。お薬の飲み始めに多く、次第に慣れていくことが多い副作用です。

ここでは、トレドミンによって吐き気や下痢が生じる原因と、その対策を考えていきたいと思います。


トレドミンの眠気と7つの対策

2015.7.12 トレドミン

精神科のお薬は眠くなるものが多いです。抗うつ剤も例外ではなく、眠気が強いものが多いです。日常生活を過ごしていかなければならない中で、眠気が強く出てしまうと困ってしまいますね。

トレドミンは、抗うつ剤の中では眠気は少ない方ですが、時に眠気が強くなることがあります。

ここでは、トレドミンの副作用としてみられる眠気について考えてみましょう。


パキシルの頭痛と5つの対策

2015.7.12 パキシル

いろいろなお薬で頭痛の副作用はみられますが、パキシルでも頭痛の副作用がみられます。

パキシルを飲まれた方の9.3%にみられたという報告があります。その一方で、片頭痛の予防薬として抗うつ薬が使われることもあります。

それでは、パキシルの頭痛への影響はどのように考えていけばよいでしょうか?ここでは、パキシルによる頭痛の対策も含めて考えていきたいと思います。


トレドミンの離脱症状と4つの対策

2015.7.12 トレドミン

抗うつ薬が急に身体からなくなると、調子が悪くなることがあります。薬を飲まなかったせいで病気が悪化したと勘違いされる方が多いですが、そうとも限りません。身体に慣れていた薬が急になくなることによる離脱症状、これが原因であることも多いです。

離脱症状は、古い薬よりSSRIやSNRIといった新しい抗うつ薬でよくみられます。SNRIのトレドミンではどうでしょうか?

ここでは、トレドミンの離脱症状について、詳しく説明していきます。


レスリン錠の効果と特徴

2015.7.12 デジレル・レスリン

レスリンは、1991年に発売された抗うつ剤です。その後に発売された新しい抗うつ剤と比べると、抗うつ効果では劣ってしまいます。ですが、睡眠を深くする効果があるので鎮静系抗うつ薬といわれていて、睡眠薬としてよく使われています。

ここでは、レスリンの効果について考えていきたいと思います。


トレドミンは太るの?体重増加と4つの対策

2015.7.11 トレドミン

精神科ではお薬を処方するときに、「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。

精神科の薬はどうしても太る薬が多く、抗うつ剤も例外ではありません。しかしながらトレドミンは、意欲や気力が高まる薬なので、太りにくい薬です。太ってしまうことには、薬以外にもいろいろな理由があります。

トレドミンは体重にはどのような影響を与えるのでしょうか?また、太ってしまった時のその対処法を考えていきたいと思います。


パキシルの減薬・断薬の方法

2015.7.11 パキシル

パキシルは、抗うつ剤の中でもやめにくいお薬です。急に減薬をしてしまうと、離脱症状が強く出てしまうためです。無理をして薬を減らして調子が悪くなってしまうと、以前よりも薬の量が増えてしまう方もいらっしゃいます。パキシルを減らしたいと思われたら、必ず主治医に相談してください。

それでは、パキシルを減らしていくには、どのようにすればリスクが少ないでしょうか?また、調子が悪くなってしまったら、どのようにすればよいでしょうか?

ここでは、パキシルを減らしていくにはどのようにしていけばよいのか、お伝えしていきたいと思います。


ルボックスとアルコール(お酒)は大丈夫?

2015.7.11 ルボックス・デプロメール

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

ここでは、お酒がルボックスに及ぼす影響をみていきながら、何が問題なのかを考えていきましょう。その中で、現実的なお酒との付き合い方を考えていきましょう。


サインバルタで痩せる3つのケース

2015.7.11 サインバルタ

サインバルタを服用していて痩せる方は確かにいらっしゃいます。サインバルタは太りにくいお薬ですし、活動的になることで体重が減少する方もいるのです。

ですが、「サインバルタを服用していて太ってしまった」という方もいらっしゃいます。このように、人によって差が出てしまうのはどうしてでしょうか?

ここでは、サインバルタでどうして痩せるのか、お伝えしていきたいと思います。


リフレックスの離脱症状と3つの対策

2015.7.11 レメロン・リフレックス

抗うつ薬が急に身体からなくなると、調子が悪くなることがあります。薬を飲まなかったせいで病気が悪化したと勘思われる方も多いですが、そうとも限りません。身体に慣れていた薬が急になくなることによる離脱症状、これが原因であることも多いです。

離脱症状は、SSRIやSNRIなどの新しい抗うつ剤でよくみられます。リフレックスでは、いかがでしょうか?

ここでは、リフレックスの離脱症状について、わかりやすく説明していきます。


サインバルタの不眠と8つの対策

2015.7.10 サインバルタ

抗うつ剤というと、心が落ち着くので「眠くなる」イメージがあるかもしれません。ですが、サインバルタをはじめとしたSNRIは意欲や気力を高める効果がある分、不眠傾向になることがあります。

うつや不安で苦しんでいる方は、不眠で苦しんでいることも多いです。さらに眠りが浅くなってしまったり、悪夢にうなされたりと、不眠はつらい症状です。

ここでは、サインバルタの不眠がなぜ生じるのか、その原因と対策を考えていきましょう。


パキシルの離脱症状と6つの対策

2015.7.10 パキシル

抗うつ薬が急に身体からなくなると、調子が悪くなることがあります。薬を飲まなかったせいで病気が悪化したと勘違いされる方が多いですが、そうとも限りません。身体に慣れていた薬が急になくなることによる離脱症状、これが原因であることも多いです。

離脱症状は古い薬より、むしろSSRIをはじめとした新しい抗うつ薬でよくみられます。パキシルはSSRIの中でも、最も離脱症状が起こりやすい薬です。このため、調子がよくなってもなかなか薬を止められない方もいらっしゃいます。

ここでは、パキシルの離脱症状について、詳しく説明していきます。


リフレックスの副作用(対策と比較)

2015.7.9 レメロン・リフレックス

リフレックスは、新しい抗うつ剤としては効果がもっともしっかりしているお薬と言われています。睡眠を深くしたり食欲を上げる効果があるので、不眠や食欲不振で悩んでいる方には効果的です。その反面、副作用として眠気や体重増加がネックになってしまいます。

リフレックスの副作用は、新しい抗うつ薬のSSRIやSNRIとは異なります。リフレックスはどのようなところに気をつければよいのでしょうか?

ここでは、リフレックスの副作用を中心に、他の抗うつ薬と比較しながらお伝えしていきたいと思います。


パキシルの半減期からわかること

2015.7.9 パキシル

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。この時間をみることで、薬の効き方や副作用の出方を考えていくことができます。この半減期、パキシルでは14時間です。

ここでは、SSRIであるパキシルの半減期について考えていきましょう。


サインバルタは頭痛や痛みにどのような効果があるのか

2015.7.9 サインバルタ

抗うつ薬の中には痛みに効果があるものがあります。

慢性的に痛みが続くときに痛み止めを使い続けると、効果も乏しく身体に負担が大きいです。このような時には、サインバルタのような抗うつ薬が使われます。

ここでは、頭痛をはじめとした痛みに対して、サインバルタがどのように効くのか、他の薬とも比較しながらみていきたいと思います。


トレドミンの副作用(対策と比較)

2015.7.8 トレドミン

トレドミンは副作用がとても少ないお薬で、他のお薬との飲み合わせも問題がありません。ですから、とても安全性の高いお薬です。

副作用は少ないとはいっても、トレドミンではどのようなことに気をつければよいのでしょうか?

ここでは、トレドミンの副作用を中心に、他の抗うつ剤と比較しながらお伝えしていきたいと思います。


サインバルタの吐き気・下痢と5つの対策

2015.7.8 サインバルタ

サインバルタを飲み始めると胃がムカムカしたり、気持ち悪くなることがあります。これはSSRIやSNRIによくみられる副作用で、サインバルタでもよく認められます。お薬の飲み始めに多く、次第に慣れていくことが多い副作用です。

ここでは、サインバルタによって吐き気や下痢が生じる原因と、その対策を考えていきたいと思います。


パキシルで痩せることはあるの?

2015.7.8 パキシル

「パキシルは太る」というウワサがたくさんありますが、パキシルが特別に太りやすい薬というわけではありません。

パキシルが太るといわれる一番の原因は、過食の発作がおきてしまうことです。これに気を付ければ、それほど急激に体重が増加してしまうこともありません。

むしろ、パキシルを飲んでいて痩せていく方もいらっしゃいます。痩せていくのは薬の影響というわけではありません。他の原因で体重が減少しているだけです。

ここでは、パキシルで痩せるのはどのような時なのか、お伝えしていきたいと思います。


デュロキセチン(サインバルタ)の効果と副作用

2015.7.8 サインバルタ

デュロキセチンとは、SNRIのサインバルタの一般名(成分名)です。ですから、効果と副作用はサインバルタと同じです。

デュロキセチンは、2010年に発売された新しいお薬ですが、海外では2004年から使われています。セロトニンだけでなくてノルアドレナリンへの効果も併せ持っていて、SNRIと呼ばれています。

副作用が少なく、世界では一番処方されている抗うつ剤です。精神症状だけでなく痛みにも効果があるので、心療内科や精神科だけでなく内科や整形外科などでも処方されるようになってきています。

ここでは、デュロキセチンの効果を中心に、他の抗うつ薬と比較しながらお伝えしていきたいと思います。


サインバルタの性欲低下・性機能障害と5つの対策

2015.7.8 サインバルタ

薬にはいろいろな副作用がありますが、恥ずかしくて言いづらいものとして、「性」の問題があります。なかなか診察で言うこともできずに我慢されている方が多いと思いますが、パートナーもあることなので大きな悩みです。

サインバルタを含めた抗うつ剤のほとんどで、性機能低下(性欲低下・勃起障害・生理不順など)があります。

ここでは、サインバルタの性に対する影響についてみていき、その対策を考えていきましょう。


サインバルタは太るの?体重増加と4つの対策

2015.7.7 サインバルタ

精神科ではお薬を処方するときに、「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。精神科の薬はどうしても太る薬が多く、抗うつ剤も例外ではありません。

しかしながらサインバルタは、意欲や気力が高まる薬なので、太りにくい薬です。太ることには、薬以外にもいろいろな理由があります。

サインバルタは体重にはどのような影響を与えるのでしょうか?また、太ってしまった時のその対処法を考えていきたいと思います。


抗うつ剤の副作用(対策と比較)

2015.7.7 抗うつ薬のまとめ

2000年をすぎてから、様々な新しい抗うつ剤が日本でも発売されました。従来の三環系・四環系抗うつ薬と比べると、明らかに副作用は軽減されています。

しかしながら、新しい抗うつ剤特有の副作用もみられます。抗うつ剤の副作用について、どのように考えていけばよいでしょうか?

ここでは、抗うつ剤の副作用の考え方とその対処法を考えていきたいと思います。また、日本で発売されている抗うつ剤の副作用を比較していきたいと思います。


サインバルタの減薬・断薬の方法

2015.7.7 サインバルタ

サインバルタをやめていく時には、注意しなければいけません。急に減薬をしてしまうと、離脱症状が出てしまうことがあります。無理をして薬を減らして調子が悪くなってしまうと、以前よりも薬の量が増えてしまう方もいらっしゃいます。サインバルタを減らしたいと思われたら、必ず主治医に相談してください。

それでは、サインバルタを減らしていくには、どのようにすればリスクが少ないでしょうか?
また、調子が悪くなってしまったら、どのようにすればよいでしょうか?

ここでは、サインバルタの減薬や断薬の方法をお伝えしていきたいと思います。


パキシルの眠気と7つの対策

2015.7.7 パキシル

精神科のお薬は眠くなるものが多いです。抗うつ剤も例外ではなく、眠気が強いものが多いです。日常生活を過ごしていかなければならない中で、眠気が強く出てしまうと困ってしまいますね。

パキシルは、抗うつ剤の中では眠気は少ない方ですが、時に眠気が強くなることがあります。

ここでは、パキシルの副作用としてみられる眠気について考えてみましょう。


サインバルタの副作用(対策と比較)

2015.7.6 サインバルタ

サインバルタは、効果のわりに副作用が少ないので使われる機会が増えています。痛みにも効果が期待できるので、心療内科や精神科だけでなく内科や整形外科などでも処方されることが多いです。

副作用は少ないとはいっても、サインバルタではどのようなことに気をつければよいのでしょうか?

ここでは、サインバルタの副作用を中心に、他の抗うつ薬と比較しながらお伝えしていきたいと思います。


サインバルタの半減期からわかること

2015.7.6 サインバルタ

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。この時間をみることで、薬の効き方や副作用の出方を考えていくことができます。この半減期、サインバルタでは10.6時間です。

ここでは、SNRIであるサインバルタの半減期について考えていきましょう。


サインバルタの眠気と7つの対策

2015.7.6 サインバルタ

精神科のお薬は眠くなるものが多いです。抗うつ剤も例外ではなく、眠気が強いものが多いです。日常生活を過ごしていかなければならない中で、眠気が強く出てしまうと困ってしまいますね。

サインバルタは、抗うつ剤の中では眠気は少ない方ですが、時に眠気が強くなることがあります。

ここでは、サインバルタの副作用としてみられる眠気について考えてみましょう。


パキシルは太るの?体重増加と6つの対策

2015.7.6 パキシル

精神科のお薬を処方すると、患者さんから「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。

精神科の薬はどうしても太る薬が多く、抗うつ剤も例外ではありません。パキシルは、過食が発作的におこることがあるので、太ってしまうことも多いです。ですが、食欲自体がどんどん増えるような薬ではありません。

パキシルで太らないようにするためには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか?ここでは、パキシルが太る理由からその対処法まで考えていきたいと思います。


サインバルタとアルコール(お酒)は大丈夫?

2015.7.5 サインバルタ

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

ここでは、お酒がサインバルタに及ぼす影響をみていきながら、何が問題なのかを考えていきましょう。その中で、現実的なお酒との付き合い方を考えていきましょう。


サインバルタの離脱症状と4つの対策

2015.7.5 サインバルタ

抗うつ薬が急に身体からなくなると、調子が悪くなることがあります。薬を飲まなかったせいで病気が悪化したと勘違いされる方が多いですが、そうとも限りません。身体に慣れていた薬が急になくなることによる離脱症状、これが原因であることも多いです。

離脱症状は、古い薬よりSSRIやSNRIといった新しい抗うつ薬でよくみられます。SNRIのサインバルタでもよくみられます。

ここでは、サインバルタで離脱症状が起きる原因や対処法について、詳しく説明していきます。


デプロメールの吐き気・下痢と4つの対策

2015.7.5 ルボックス・デプロメール

デプロメールを飲み始めると、胃がムカムカしたり、気持ち悪くなることがあります。これはセロトニンを増やす効果が強いSSRIによくみられる副作用で、特にデプロメールではよく認められます。お薬の飲み始めに多く、次第に慣れていくことが多いです。

ここでは、デプロメールによって吐き気や下痢が生じる原因と、その対策を考えていきたいと思います。


パキシルの吐き気・下痢と5つの対策

2015.7.5 パキシル

パキシルを飲み始めると、胃がムカムカしたり、気持ち悪くなることがあります。これはセロトニンを増やす効果が強いSSRIによくみられる副作用で、パキシルでもよく認められます。お薬の飲み始めに多く、次第に慣れていくことが多いです。

ここでは、パキシルによって吐き気や下痢が生じる原因と、その対策を考えていきたいと思います。


デプロメールの半減期からわかること

2015.7.5 ルボックス・デプロメール

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。この時間をみることで、薬の効き方や副作用の出方を考えていくことができます。この半減期、デプロメールでは8.9時間です。

ここでは、SSRIであるデプロメールの半減期について考えていきましょう。


デプロメールの妊娠と授乳への影響とは?

2015.7.5 ルボックス・デプロメール

デプロメールはすぐにやめることもできない薬ですので、女性の方は妊娠や授乳への影響を心配をされる方も多いと思います。予想外の妊娠がわかって慌てている方もいらっしゃるかもしれません。

デプロメールは妊娠に影響がないでしょうか?
飲みながら妊娠しても大丈夫でしょうか?
飲みながら授乳しても大丈夫でしょうか?

ここでは、そんなデプロメールの妊娠や授乳に対する疑問について考えていきたいと思います。


デプロメールとアルコール(お酒)は大丈夫?

2015.7.4 ルボックス・デプロメール

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

ここでは、お酒がデプロメールに及ぼす影響をみていきながら、何が問題なのかを考えていきましょう。その中で、現実的なお酒との付き合い方を考えていきましょう。


パキシルの副作用(対策と比較)

2015.7.4 パキシル

パキシルは、新しい抗うつ薬であるSSRIに分類されますので、副作用は従来の抗うつ薬に比べると少ないです。ですが、同じSSRIの中で比較するとデメリットが目立ってしまうので、インターネットで検索してみても「パキシルは怖い薬」という噂が書いてあります。ですが、効果はしっかりとしている薬ですし、パキシルが身体に合う方もたくさんいます。

それでは、パキシルのどのようなことに気をつければよいのでしょうか?ここでは、パキシルの副作用に関してお伝えしていきたいと思います。


デプロメールの減薬・断薬の方法

2015.7.4 ルボックス・デプロメール

デプロメールは、抗うつ剤の中では多少やめにくいお薬です。急に減薬をしてしまうと、離脱症状が出てしまうことがあります。無理をして薬を減らして調子が悪くなってしまうと、以前よりも薬の量が増えてしまう方もいらっしゃいます。デプロメールを減らしたいと思われたら、必ず主治医に相談してください。

それでは、デプロメールを減らしていくには、どのようにすればリスクが少ないでしょうか?また、調子が悪くなってしまったら、どのようにすればよいでしょうか?

ここでは、デプロメールの減薬や断薬の方法をお伝えしていきたいと思います。


デプロメールは太るの?体重増加と5つの対策

2015.7.4 ルボックス・デプロメール

精神科のお薬を処方すると、患者さんから「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。

精神科の薬はどうしても太る薬が多く、抗うつ剤も例外ではありません。デプロメールは、どちらかというと太りやすくなる傾向がありますが、他の抗うつ剤と比べるとましです。ですから、ちゃんと自己管理の意識をもって生活していきましょう。

ここでは、デプロメールが太りやすい理由からその対処法まで考えていきたいと思います。


デプロメールの眠気と7つの対策

2015.7.3 ルボックス・デプロメール

精神科のお薬は眠くなるものが多いです。抗うつ剤も例外ではなく、眠気が強いものが多いです。日常生活を過ごしていかなければならない中で、眠気が強く出てしまうと困ってしまいますね。

デプロメールは、抗うつ剤の中では眠気は少ない方ですが、時に眠気が強くなることがあります。

ここでは、デプロメールの副作用としてみられる眠気について考えてみましょう。


デプロメールの離脱症状と5つの対策

2015.7.3 ルボックス・デプロメール

抗うつ薬が急に身体からなくなると、調子が悪くなることがあります。薬を飲まなかったせいで病気が悪化したと勘違いされる方が多いですが、そうとも限りません。身体に慣れていた薬が急になくなることによる離脱症状、これが原因であることも多いです。

離脱症状は、古い薬よりむしろSSRIをはじめとした新しい抗うつ薬でよくみられます。デプロメールは、SSRIの中では離脱症状が起こりやすいです。薬を自己中断してしまったりすると、離脱症状が認められることもあります。

ここでは、デプロメールの離脱症状について、詳しくお伝えしていきます。


デプロメールの副作用(対策と比較)

2015.7.3 ルボックス・デプロメール

デプロメールは、全体的には副作用の少ないお薬ですが、ある程度は避けることができません。デプロメールではどのようなことに気をつければよいのでしょうか?

ここでは、デプロメールの副作用を中心に、私自身も試しに2か月服用したことがあるので、その実感もふまえてお伝えしていきたいと思います。


パキシルの性欲低下・性機能障害と5つの対策

2015.7.3 パキシル

薬にはいろいろな副作用がありますが、恥ずかしくて言いづらいものとして、「性」の問題があります。我慢されている方が多いと思いますが、パートナーもあることなので大きな悩みです。

抗うつ剤のほとんどで性機能低下(性欲低下・勃起障害・生理不順など)があります。その中でもパキシルは、性の悩みが必発といってもよいお薬です。

パキシルが性にどのような影響を与えるのでしょうか?ここでは、その対策も含めて考えていきたいと思います。


パキシルの不眠と7つの対策

2015.7.2 パキシル

抗うつ剤というと、心が落ち着くので「眠くなる」イメージがあるかもしれません。ですが、パキシルをはじめとしたSSRIやSNRIを服用すると、不眠傾向になることがあります。

うつや不安で苦しんでいる方は、不眠で苦しんでいることも多いです。眠りが浅くなってしまったり、悪夢にうなされたりと、不眠はつらい症状です。

ここでは、パキシルの不眠がなぜ生じるのか、その原因と対策を考えていきましょう。


パロキセチンの副作用

2015.7.1 パキシル

パロキセチンは、SSRIが日本でも発売されるようになってすぐの2000年に発売されたお薬です。すでに発売から年月もたっていますので、2012年からジェネリック医薬品としてのパロキセチンも発売されました。

パロキセチンは、同じSSRIの中で比較するとデメリットが目立ってしまうので、インターネットで検索してみても「パロキセチンは怖い薬」という噂が書いてあります。ですが、効果はしっかりとしている薬ですし、パロキセチンが身体に合う方もたくさんいます。

それでは、どのようなことに気をつければよいのでしょうか?ここでは、パロキセチンの副作用に関してお伝えしていきたいと思います。


ジェイゾロフトのまとめ

2015.6.27 ジェイゾロフト

ジェイゾロフトは、効果と安全性のバランスがとても良い薬といわれています。このため、抗うつ薬としてまず最初に使われることも多い薬です。ジェネリック医薬品もそろそろ発売になりますので、薬の価格が安くなることで、より使われることも増えてくるかと思います。

この薬の効果や副作用といった特徴はどのようなものがあるでしょうか?みていきましょう。


ジェイゾロフトとお酒(アルコール)は大丈夫?

2015.6.26 ジェイゾロフト

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

ここでは、お酒がジェイゾロフトに及ぼす影響をみていきながら、何が問題なのかを考えていきましょう。その中で、現実的なお酒との付き合い方を考えていきましょう。


レクサプロの妊娠と授乳への影響とは?

2015.6.25 レクサプロ

レクサプロはすぐにやめることもできない薬ですので、女性の方は妊娠や授乳への影響を心配をされる方も多いと思います。予想外の妊娠がわかって慌てている方もいらっしゃるかもしれません。

レクサプロは妊娠に影響がないでしょうか?
飲みながら妊娠しても大丈夫でしょうか?
飲みながら授乳しても大丈夫でしょうか?

ここでは、そんなレクサプロの妊娠や授乳に対する疑問について考えていきたいと思います。


ジェイゾロフトの授乳への影響とは?

2015.6.24 ジェイゾロフト

出産という一大イベントを終えると、待ったなしにお母さんの役目がはじまります。お薬を飲まれていると、母乳で育ててよいのか心配される方も多いかと思います。

ジェイゾロフトを飲みながら授乳はできるのでしょうか?
他の抗うつ薬と比較して安全なのでしょうか?

ここでは、ジェイゾロフトの授乳への影響を考えていきたいと思います。

妊娠に関して知りたい方は、
ジェイゾロフトの妊娠への影響とは?
をお読みください。


ジェイゾロフトの妊娠への影響とは?

2015.6.23 ジェイゾロフト

ジェイゾロフトは長期間にわたって服用するお薬ですので、女性の方は妊娠の心配をされる方も多いと思います。ジェイゾロフトを飲んでいて、予定外の妊娠が発覚して慌てている方もいらっしゃるかもしれません。

ジェイゾロフトは妊娠に影響がないでしょうか?
飲みながら妊娠しても大丈夫でしょうか?

ここでは、そんなジェイゾロフトの妊娠に対する疑問にお答えしていきたいと思います。

授乳に関して知りたい方は、
ジェイゾロフトの授乳への影響とは?
をお読みください。


ジェイゾロフトの性欲低下・性機能障害と5つの対策

2015.6.17 ジェイゾロフト

薬にはいろいろな副作用がありますが、恥ずかしくて言いづらいものとして、「性」の問題があります。なかなか診察で言うこともできずに我慢されている方が多いと思いますが、パートナーもあることなので大きな悩みです。

抗うつ剤のほとんどで性機能低下(性欲低下・勃起障害・生理不順など)があります。その中でもジェイゾロフトは、性の悩みが必発といってもよいお薬です。

ここでは、ジェイゾロフトの性に対する影響について考えて、その対策を考えていきましょう。


レクサプロの頭痛と5つの対策

2015.6.11 レクサプロ

いろいろなお薬で頭痛の副作用はみられますが、レクサプロでも頭痛の副作用がみられます。レクサプロを飲まれた方の10.2%にみられたという報告があります。その一方で、片頭痛の予防薬として抗うつ薬が使われることもあります。

それでは、レクサプロの頭痛への影響はどのように考えていけばよいでしょうか?ここでは、レクサプロによる頭痛の対策も含めて考えていきたいと思います。


ジェイゾロフトの頭痛と5つの対策

2015.6.8 ジェイゾロフト

いろいろなお薬で頭痛の副作用はみられますが、ジェイゾロフトでも頭痛の副作用がみられます。ジェイゾロフトを飲まれた方の7.8%にみられたという報告があります。その一方で、片頭痛の予防薬として抗うつ薬が使われることもあります。

ジェイゾロフトの頭痛への影響はどのように考えていけばよいでしょうか?ここでは、頭痛の対策も含めて考えていきたいと思います。


ジェイゾロフトの減薬・断薬の方法

2015.6.5 ジェイゾロフト

お薬を減らしていくには、どのようにすればリスクが少ないでしょうか?また、調子が悪くなってしまったら、どのようにすればよいでしょうか?

お薬を自己判断で減らして調子が悪くなってしまう方はたくさんいらっしゃいます。結果オーライの方もいらっしゃいますが、「薬をやめたい」と思ったら、正直に主治医に相談していただきたいです。

ここでは、ジェイゾロフトを減らしていくにはどのようにしていけばよいのか、お伝えしていきたいと思います。


ジェイゾロフトで痩せる3つのケース

2015.6.4 ジェイゾロフト

「ジェイゾロフトはやせ薬」というウワサがあります。確かに、ジェイゾロフトを飲み始めたら体重が落ちる方はいらっしゃいます。ですがこれはお薬の影響ではありません。他の原因で体重が減少しているにすぎません。

ここでは、ジェイゾロフトで痩せたように感じるのはなぜなのか、お伝えしていきたいと思います。


ジェイゾロフトの不眠と8つの対策

2015.6.3 ジェイゾロフト

抗うつ剤というと、心が落ち着くので「眠くなる」イメージがあるかもしれません。ですが、ジェイゾロフトをはじめとしたSSRIやSNRIを服用すると、不眠傾向になることがあります。

うつや不安で苦しんでいる方は、不眠で苦しんでいることも多いです。さらに眠りが浅くなってしまったり、悪夢にうなされたりと、つらい症状です。

ここでは、ジェイゾロフトの不眠がなぜ生じるのか、その原因と対策を考えていきましょう。


ジェイゾロフトの離脱症状と4つの対策

2015.6.2 ジェイゾロフト

抗うつ薬が急に身体からなくなると、調子が悪くなることがあります。薬を飲まなかったせいで病気が悪化したと勘違いされる方が多いですが、そうとも限りません。身体に慣れていた薬が急になくなることによる離脱症状、これが原因であることも多いです。

離脱症状は、古い薬よりむしろSSRIをはじめとした新しい抗うつ薬でよくみられます。ジェイゾロフトは、SSRIの中では離脱症状が起こりにくい薬です。ですが、薬を自己中断してしまったりすると、離脱症状が認められることもあります。

ここでは、ジェイゾロフトの離脱症状について、詳しく説明していきます。


ジェイゾロフトの眠気と7つの対策

2015.6.1 ジェイゾロフト

精神科のお薬は眠くなるものが多いです。抗うつ薬も例外ではなく、眠気が強いものが多いです。日常生活を過ごしていかなければならない中で、眠気が強く出てしまうと困ってしまいますね。

ジェイゾロフトは、抗うつ薬の中では眠気は少ない方ですが、時に眠気が強くなることがあります。

ここでは、ジェイゾロフトの副作用としてみられる眠気について考えてみましょう。


ジェイゾロフトの吐き気・下痢と5つの対策

2015.5.31 ジェイゾロフト

ジェイゾロフトを飲み始めると、胃がムカムカしたり、気持ち悪くなることがあります。これはセロトニンを増やす効果が強いSSRIによくみられる副作用で、ジェイゾロフトでもよく認められます。お薬の飲み始めに多く、次第に慣れていくことが多いです。

ここでは、ジェイゾロフトによって吐き気や下痢が生じる原因と、その対策を考えていきたいと思います。


ジェイゾロフトは太るの?体重増加と5つの対策

2015.5.30 ジェイゾロフト

精神科のお薬を処方すると、患者さんから「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。

精神科の薬はどうしても太る薬が多く、抗うつ剤も例外ではありません。ジェイゾロフトは、抗うつ剤の中では太りにくい薬ですが、どちらかというと太りやすくなる傾向があります。ですから、ちゃんと自己管理の意識をもって生活していきましょう。

ここでは、ジェイゾロフトが太る理由からその対処法まで考えていきたいと思います。


ジェイゾロフトの副作用(対策と比較)

2015.5.29 ジェイゾロフト

ジェイゾロフトは、効果と安全性のバランスが非常によいと定評があります。副作用の少ないお薬ですが、ある程度は避けることができません。ジェイゾロフトではどのようなことに気をつければよいのでしょうか?

ここでは、ジェイゾロフトの副作用を中心に、他の抗うつ薬と比較しながらお伝えしていきたいと思います。


レクサプロの減薬・断薬の方法

2015.5.27 レクサプロ

お薬を減らしていくには、どのようにすればリスクが少ないでしょうか?また、調子が悪くなってしまったら、どのようにすればよいでしょうか?

お薬を自己判断で減らして調子が悪くなってしまう方はたくさんいらっしゃいます。結果オーライの方もいらっしゃいますが、「薬をやめたい」と思ったら、正直に主治医に相談していただきたいです。

ここでは、レクサプロを減らしていくにはどのようにしていけばよいのか、お伝えしていきたいと思います。


レクサプロで痩せる3つのケース

2015.5.26 レクサプロ

「レクサプロはやせ薬」というウワサがあります。確かに、レクサプロを飲み始めたら体重が落ちる方はいらっしゃいます。ですがこれはお薬の影響ではありません。他の原因で体重が減少しているにすぎません。

ここでは、レクサプロで痩せるのはなぜなのか、お伝えしていきたいと思います。


エスシタロプラム(レクサプロ)の効果と副作用

2015.5.25 レクサプロ

エスシタロプラムは、SSRIのレクサプロ錠の一般名(成分名)です。ジェネリックはまだ発売されていませんが、発売されるときにはエスシタロプラム錠として発売されるかと思います。

レクサプロ錠は、2011年に発売されたSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と呼ばれる抗うつ剤です。セロトニンだけを増加させることで不安や落ち込みを改善する作用のあるお薬です。

日本では新しいお薬になりますが、海外では2001年から使われています。日本でも10年遅れて、ようやく抗うつ剤として発売されました。

新しい抗うつ剤の中でも、効果と安全性のバランスのよさに非常に定評があり、処方数は年々増加しているお薬です。これまではうつ病だけの適応でしたが社交不安障害の適応も認められ、不安障害にも幅広く使われています。

このようにエスシタロプラムは使いやすいお薬のため、心療内科や精神科だけでなく内科などでも処方されるようになってきています。

ここでは、エスシタロプラムの効果を中心に、他の抗うつ薬と比較しながらお伝えしていきたいと思います。


レクサプロのまとめ

2015.5.24 レクサプロ

レクサプロは、効果と安全性のバランスがとても良い薬といわれています。欧米から遅れること10年して発売されましたが、日本でも処方数が増えています。

この薬の効果や副作用といった特徴はどのようなものがあるでしょうか?みていきましょう。


レクサプロの不眠と8つの対策

2015.5.23 レクサプロ

抗うつ剤というと、心が落ち着くので「眠くなる」イメージがあるかもしれません。ですが、レクサプロをはじめとしたSSRIやSNRIを服用すると、不眠傾向になることがあります。うつや不安で苦しんでいる方は、不眠で苦しんでいることも多いです。眠りが浅くなってしまったり、悪夢にうなされたりと、辛い副作用です。

ここでは、レクサプロの不眠がなぜ生じるのか、その原因と対策を考えていきましょう。


トリプタノールの眠気と6つの対策

2015.5.15 トリプタノール

抗うつ薬を服用していると、副作用として眠気が強く出てしまうことがあります。生活に支障がでなければよいのですが、仕事や家事に影響が出てしまうと困ります。ですがこの眠気をうまく使うと、睡眠薬を使わずに不眠を改善できることもあります。

ここでは、トリプタノールの副作用としてみられる眠気について考えてみましょう。


レクサプロの離脱症状と4つの対策

2015.5.14 レクサプロ

抗うつ薬が急に身体から抜けると、調子が悪くなることがあります。病気が悪化したと勘違いされる方が多いですが、そうとも限りません。身体に慣れていた薬が急になくなることによる離脱症状、これが原因であることも多いです。

離脱症状は古い薬より、むしろSSRIをはじめとした新しい抗うつ薬でよくみられます。その中で、レクサプロは離脱症状が起こりにくい薬です。これは効果の持続の長さが大きく関係しています。ですが、薬を自己中断してしまったりすると、離脱症状が認められることもあります。

ここでは、レクサプロの離脱症状について、詳しくお伝えしていきます。


レクサプロの眠気と7つの対策

2015.5.14 レクサプロ

精神科のお薬は眠くなるものが多いです。抗うつ薬も例外ではなく、眠気が強いものが多いです。日常生活を過ごしていかなければならない中で、眠気が強く出てしまうと困ってしまいますね。

レクサプロは、抗うつ薬の中では眠気は少ない方です。ですが、人によって眠気が強く出る方はいらっしゃいます。

ここでは、レクサプロの副作用としてみられる眠気について考えてみましょう。


レクサプロの吐き気・下痢と5つの対策

2015.5.14 レクサプロ

レクサプロを飲み始めると胃がムカムカしたり、気持ち悪くなることがあります。これはSSRIによくみられる副作用で、レクサプロでもよく認められます。お薬の飲み始めに多く、次第に慣れていくことが多い副作用です。

ここでは、レクサプロによって吐き気や下痢が生じる原因と、その対策を考えていきたいと思います。


レクサプロの半減期からわかること

2015.5.13 レクサプロ

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。この時間をみることで、薬の効き方や副作用の出方を考えていくことができます。

ここでは、SSRIであるレクサプロの半減期について考えていきましょう。


レクサプロは太るの?体重増加と5つの対策

2015.5.13 レクサプロ

精神科のお薬を処方すると、患者さんから「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。

精神科の薬はどうしても太る薬が多く、抗うつ薬も例外ではありません。レクサプロは、抗うつ剤の中では太りにくい薬ですが、太りやすくなる傾向はあります。ですが、ちゃんと心構えをもって自己管理をしていけば大丈夫です。

ここでは、レクサプロが太る理由からその対処法まで考えていきたいと思います。


レクサプロの副作用(対策と比較)

2015.5.9 レクサプロ

レクサプロは、効果と安全性のバランスが非常によいと定評があります。安全性が高いために、心療内科や精神科だけでなく内科などでも処方されるようになってきています。副作用の少ないお薬ですが、ある程度は避けることができません。レクサプロではどのようなことに気をつければよいのでしょうか?

ここでは、レクサプロの副作用について、他の抗うつ薬と比較しながらお伝えしていきたいと思います。


トリプタノールの半減期からわかること

2015.4.25 トリプタノール

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。この時間をみることで、薬の効き方や副作用の出方を考えていくことができます。

ここでは、三環系抗うつ薬であるトリプタノールの半減期について考えていきましょう。


アナフラニールの致死量とは?

2015.4.25 アナフラニール

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。そんな時に、楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

アナフラニールは、治療する薬の量と中毒になってしまう薬の量が近くて危険です。ですから、少しでも過量服薬の可能性があるのでしたら、周りの人ともよく相談しておかなければいけません。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず我々精神科医に相談してください。

ここでは、アナフラニールの過量服薬(OD)の実情と、その対策について考えていきたいと思います。


アナフラニールの半減期からわかること

2015.4.24 アナフラニール

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。この時間をみることで、薬の効き方や副作用への対応を考えていくことができます。

ここでは、三環系抗うつ剤であるアナフラニールの半減期について考えていきましょう。


アナフラニールの離脱症状と4つの対策

2015.4.23 アナフラニール

抗うつ薬が急に身体から抜けると、調子が悪くなることがあります。病気が悪化したと勘違いされる方が多いですが、そうとも限りません。身体に慣れていた薬が身体から急になくなることによる離脱症状、これが原因であることも多いです。

アナフラニールをはじめとした三環系抗うつ薬は、新しい抗うつ薬に比べると離脱症状は少ないです。ですが、減量のペースが早いとみられることがあります。

ここでは、アナフラニールの離脱症状について、詳しくお伝えしていきます。


トフラニールの離脱症状と4つの対策

2015.4.22 トフラニール

抗うつ薬が急に身体から抜けると、調子が悪くなることがあります。病気が悪化したと勘違いされる方が多いですが、そうとも限りません。これは、身体に慣れていた薬が急になくなってしまって生じる離脱症状であることが多いのです。

トフラニールは、新しい抗うつ薬に比べると離脱症状は少ないです。ですが、減量のペースが早いとみられることがあります。

ここでは、トフラニールの離脱症状について、詳しくお伝えしていきます。


トフラニールの夜尿症への効果

2015.4.21 トフラニール

世界初の抗うつ薬として、歴史のスタートをきったトフラニールですが、まだまだ現役で使われています。どうしても昔の薬であるがゆえに、副作用が多く認められます。

ですがこの副作用を逆手にとって、「おねしょ」である夜尿症に対して効果を発揮します。

ここでは、トフラニールの夜尿症への効果について、見ていきたいと思います。

トフラニールの抗うつ剤としての効果について知りたい方は、
トフラニール錠の効果と特徴
をお読みください。


アミトリプチリン錠の効果と副作用

2015.4.20 トリプタノール

アミトリプチリンとは、トリプタノールという三環系抗うつ薬と同じです。

トリプタノールには、アミトリプチリン錠・ノーマルン錠・ラントロン錠などいろいろなジェネリックが発売されています。現在はアミトリプチリン錠に統一されつつあります。

アミトリプチリンは販売開始1961年と、非常に長い実績のある抗うつ薬です。三環系抗うつ薬に分類されています。この中でも古くから使われていて、第一世代と呼ばれたりもします。

最近では、さらに副作用の少ないSSRI・SNRI・NaSSAといった新しい抗うつ薬が、まず使われるようになっています。ですが、三環系抗うつ薬は副作用が多いですが効果も大きいです。その中でもアミトリプチリンは、最強といっても過言ではありません。

ここでは、アミトリプチリンの効果を中心に、わかりやすく紹介していきたいと思います。


トリプタノールの離脱症状と4つの対策

2015.4.19 トリプタノール

抗うつ薬が急に身体から抜けると、調子が悪くなることがあります。病気が悪化したと勘違いされる方が多いですが、そうとも限りません。身体に慣れていた薬が身体から急になくなることによる離脱症状、これが原因であることも多いです。

トリプタノールをはじめとした三環系抗うつ薬は、新しい抗うつ薬に比べると離脱症状は少ないです。ですが、減量のペースが早いとみられることがあります。

ここでは、離脱症状の起きる原因や対処法をわかりやすく説明していきます。


トリプタノールの致死量とは?

2015.4.18 トリプタノール

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。そんな時に、楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

トリプタノールをはじめとした三環系抗うつ薬は、治療する薬の量と中毒になってしまう薬の量が近くて危険です。ですから、少しでも可能性があるのでしたら、周りの人ともよく相談しておかなければいけません。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず我々精神科医に相談してください。

ここでは、トリプタノールの過量服薬(OD)の実情と、その対策について考えていきたいと思います。


トリプタノールは太るの?体重増加と5つの対策

2015.4.17 トリプタノール

精神科のお薬を処方すると、患者さんから「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。

精神科の薬は、どうしても太る薬が多いです。抗うつ剤にも太りやすい薬は多いです。ですから、心構えをもって自己管理をしていくことが大切です。

トリプタノールの副作用として、体重増加はよくみられます。ここでは、トリプタノールが太る理由からその対処法まで考えていきたいと思います。


トリプタノールの副作用(対策と比較)

2015.4.15 トリプタノール

トリプタノールは販売開始1961年と、非常に長い実績のある抗うつ薬です。「効果が強いけれども、副作用も強い」三環系抗うつ薬に分類されています。その三環系抗うつ薬の中でも、トリプタノールは効果は強く、副作用も最も多い薬です。

最近では、副作用の少ない新しい抗うつ薬が使われることが多いです。ですが、他の抗うつ薬で効果が不十分な時の切り札として、今でも十分に使われています。

ここでは、トリプタノールの副作用を中心に、他の抗うつ薬と比較しながらわかりやすく紹介していきたいと思います。


アナフラニールの眠気と6つの対策

2015.4.11 アナフラニール

抗うつ剤を服用していると、副作用として眠気が強く出てしまうことがあります。

生活に支障がでなければよいのですが、仕事や家事に影響が出てしまうと困ります。ですがこの眠気をうまく使うと、睡眠薬を使わずに不眠を改善できることもあります。

ここでは、アナフラニールの副作用としてみられる眠気について考えてみましょう。


アナフラニールは太るの?体重増加と5つの対策

2015.4.11 アナフラニール

精神科の薬は、どうしても太る薬が多いです。抗うつ剤にも太りやすい薬は多いです。ですから、心構えをもって自己管理をしていくことが大切です。

アナフラニールは三環系抗うつ薬と呼ばれる古いタイプの抗うつ剤です。しかしながら現在でも、その強い効果を期待して使われています。

アナフラニールの副作用として、体重増加はよくみられます。ここでは、アナフラニールが太る原因からその対処法まで考えていきたいと思います。


アナフラニールの副作用(対策と比較)

2015.4.11 アナフラニール

アナフラニール、1973年から使われている三環系抗うつ薬です。三環系抗うつ薬はノルアドレナリンを増やす薬が多いですが、アナフラニールはセロトニンを増やす効果が強いです。

最近では、副作用の少ない新しい抗うつ薬が使われることが多いです。ですが、これらの薬で効果が不十分な時は、アナフラニールもよく使われます。

ここでは、アナフラニールの副作用を中心に、他の抗うつ薬と比較しながらわかりやすく紹介していきたいと思います。


アナフラニール点滴の効果

2015.4.11 アナフラニール

アナフラニールには他の抗うつ剤にはない、「点滴することができる」という大きなメリットがあります。

点滴のできる抗うつ剤は他にはなく、薬を飲めない時などに重宝します。また、錠剤では効果がなかった方が改善することもあり、難治性うつ病のひとつの手段となっています。

ここでは、アナフラニールの点滴について、見ていきたいと思います。


イミプラミン錠の効果と副作用

2015.4.9 トフラニール

イミプラミンとは、トフラニールという三環系抗うつ薬と同じです。イミプラミンはトフラニールのジェネリックとして発売されています。他にもイミドールがあります。

イミプラミンは世界で初めて開発された三環系抗うつ薬です。この薬の登場をうけて、うつ病の薬物療法が発展していくきっかけとなりました。販売開始1959年と、非常に長い実績のある抗うつ薬です。

最近では、さらに副作用の少ないSSRI・SNRI・NaSSAといった新しい抗うつ薬が優先して使われるようになっています。ですが、三環系抗うつ薬は副作用が多いですが効果も大きいでので、今でもよく使われています。

ここでは、イミプラミンの効果を中心に、わかりやすく紹介していきたいと思います。


トフラニールの副作用(対策と比較)

2015.4.9 トフラニール

トフラニール、1959年に世界で初めて開発された三環系抗うつ薬です。副作用も多かったですが大きな効果が認められたので、その後の薬物治療の先駆けとなりました。

最近では、副作用の少ない新しい抗うつ薬が使われることが多いです。ですが、これらの薬で効果が不十分な時は、今でもよく使われています。

ここでは、トフラニールの副作用を中心に、他の抗うつ薬と比較しながらわかりやすく紹介していきたいと思います。


トフラニールの致死量とは?

2015.4.8 トフラニール

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。そんな時に、楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

トフラニールは、治療する薬の量と中毒になってしまう薬の量が近くて危険です。すから、少しでも可能性があるのでしたら、周りの人ともよく相談しておかなければいけません。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず我々精神科医に相談してください。

ここでは、トフラニールの過量服薬(OD)の実情と、その対策について考えていきたいと思います。


トリプタノールは頭痛や痛みにどのような効果があるのか

2015.4.7 トリプタノール

抗うつ薬の中には痛みに効果があるものがあります。

慢性的に痛みが続くときに痛み止めを使い続けると、効果も乏しく身体に負担が大きいです。このような時には、トリプタノールのような抗うつ薬が使われます。

ここでは、頭痛をはじめとした痛みに対して、トリプタノールがどのように効くのか、他の薬とも比較しながらみていきたいと思います。


抗うつ剤の離脱症状と5つの対策

2015.4.7 抗うつ薬のまとめ

抗うつ剤が急に身体から抜けると、調子が悪くなることがあります。病気が悪化したと勘違いされる方が多いですが、そうとも限りません。身体に慣れていた薬が身体から急になくなることによる離脱症状、これが原因であることも多いです。

ここでは、抗うつ剤による離脱症状について、わかりやすく説明していきます。


アモキサンの眠気と6つの対策

2015.3.31 アモキサン

抗うつ剤を服用していると、副作用として眠気が強く出てしまうことがあります。

生活に支障がでなければよいのですが、仕事や家事に影響が出てしまうと困ります。また、昼寝をしてしまって生活リズムが乱れてしまうこともあります。ですがこの眠気をうまく使うと、睡眠薬を使わずに不眠を改善できることもあります。

ここでは、アモキサンの副作用としてみられる眠気について考えてみましょう。


アモキサピンの効果と副作用

2015.3.25 アモキサン

アモキサピンとは、三環系抗うつ薬のアモキサンの一般名(成分名)です。ですから、効果や副作用はアモキサンと同じです。

アモキサピンは販売開始1981年と、非常に長い実績のある抗うつ薬です。三環系抗うつ薬に分類されています。
この中では比較的新しく、副作用である抗コリン作用を弱めたもので、第二世代と呼ばれたりもします。

最近では、さらに副作用の少ないSSRI・SNRI・NaSSAといった新しい抗うつ薬がメインに使われるようになっています。ですが、三環系抗うつ薬は副作用が多いですが効果も大きいです。ハイリスク・ハイリターンといえます。このため、うまく使うと非常に有用ですので、現在でもよく用いられています。

ここでは、アモキサピンの効果を中心に、わかりやすく紹介していきたいと思います。


アモキサンの致死量とは?

2015.3.24 アモキサン

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。そんな時に、楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

アモキサンをはじめとした三環系抗うつ薬は、治療する薬の量と中毒になってしまう薬の量が近くて危険です。ですから、少しでも可能性があるのでしたら、周りの人ともよく相談しておかなければいけません。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず我々精神科医に相談してください。

ここでは、アモキサンの過量服薬(OD)の実情と、その対策について考えていきたいと思います。


アモキサンは太るの?体重増加と5つの対策

2015.3.21 アモキサン

精神科のお薬を処方すると、患者さんから「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。

精神科の薬は太る薬が多いです。抗うつ剤にも太りやすい薬は多いです。ですから、心構えをもって自己管理をしていくことが大切です。

アモキサンの副作用として、体重増加は比較的みられます。ここでは、アモキサンが太る理由からその対処法まで考えていきたいと思います。


アモキサンの離脱症状と4つの対策

2015.3.20 アモキサン

抗うつ薬の減量や中止をすると、身体の調子が悪くなることがあります。病気が悪化したと勘違いされる方が多いですが、そうとは限りません。慣れていた薬が身体から急になくなることによる「離脱症状」であることも多いです。

アモキサンをはじめとした三環系抗うつ薬は、新しい抗うつ薬に比べると離脱症状は少ないです。ですが、減量のペースが早いとみられることがあります。

ここでは、アモキサンの離脱症状について、詳しくお伝えしていきます。


アモキサンの副作用(対策と比較)

2015.3.19 アモキサン

アモキサンは販売開始1981年と、非常に長い実績のある抗うつ薬です。「効果が強いけれども、副作用も強い」三環系抗うつ薬に分類されています。三環系抗うつ薬の中では、アモキサンは副作用が軽減されているのでマイルドといえます。

最近では、さらに副作用の少ない新しい抗うつ薬が使われることが多いです。ですが、現在でもまだまだ使われることも多いです。

ここでは、アモキサンの副作用を中心に、他と比較しながらわかりやすく紹介していきたいと思います。


ノリトレンの致死量とは?

2015.1.14 ノリトレン

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。そんな時に、楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

ノリトレンをはじめとした三環系抗うつ薬は、治療する薬の量と中毒になってしまう薬の量が近く、危険です。ですから、少しでも可能性があるのでしたら、周りの人ともよく相談しておかなければいけません。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず我々精神科医に相談してください。

ここでは、ノリトレンの過量服薬(OD)の実情と、その対策について考えていきたいと思います。


ノリトレンの眠気と6つの対策

2015.1.11 ノリトレン

抗うつ剤を服用している、副作用として眠気が強く出てしまうことがあります。

生活に支障がでなければよいのですが、仕事や家事に影響が出てしまうと困ります。また、昼寝をしてしまって生活リズムが乱れてしまうこともあります。ですが、この眠気をうまく使うと不眠を改善できることもあります。

ここでは、ノリトレンの副作用である眠気について考えてみましょう。


ノリトレンは太るの?体重増加と5つの対策

2015.1.10 ノリトレン

精神科のお薬を処方すると、患者さんから「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。

精神科の薬は、太る薬が多いです。抗うつ薬にも太りやすい薬は多いです。ですが、心構えをもって自己管理をしていくかで、大きく変わります。

ノリトレンの副作用として、体重増加は比較的多いです。ここでは、ノリトレンが太る理由からその対処法までお伝えしたいと思います。


ノリトレンの離脱症状と4つの対策

2015.1.6 ノリトレン

抗うつ薬の減量や中止すると、身体の調子が悪くなることがあります。これは、病気が悪化したとは限りません。慣れていた薬が身体から急になくなることによる「離脱症状」であることも多いです。

ノリトレンをはじめとした三環系抗うつ薬は、新しい抗うつ薬に比べると少ないです。ですが、減量のペースが早いとみられることがあります。

ここでは、ノリトレンの離脱症状について、詳しくお伝えしていきます。


ノリトレンの副作用(対策と比較)

2015.1.4 ノリトレン

ノリトレンは販売開始1971年と、非常に長い実績のある抗うつ薬です。「効果が強いけれども、副作用も強い」三環系抗うつ薬に分類されています。ノリトレンは副作用が軽減されてマイルドな三環系といえます。

最近では、さらに副作用の少ない新しい抗うつ薬が使われることが多いです。ですが、現在でもまだまだ使われることも多いです。

ここでは、ノリトレンの副作用を中心に、他と比較しながら、わかりやすく紹介していきたいと思います。