チアラリード錠(チアプリド錠「JG」)の効果と副作用

2015.11.22 グラマリール

チアラリード錠は、1987年に発売された第一世代の抗精神病薬(定型抗精神病薬)グラマリールのジェネリックです。平成26年7月に、チアプリド錠「JG」に名称変更されています。

チアラリード錠は統合失調症のお薬として使われることはなく、よく高齢者のせん妄や認知症による不穏症状を抑えるために使われることが多いです。

厳密には、脳梗塞の後遺症による攻撃性や興奮、せん妄や徘徊などに適応が認められています。勝手に身体の一部が動いてしまうジスキネジアにも適応が認められていますが、現実的にはほとんど使われていません。

ここでは、チアラリード錠の効果と特徴を詳しくお伝えしていきたいと思います。


チアリール錠(チアプリド錠「日医工」)の効果と副作用

2015.11.21 グラマリール

チアリール錠は、1987年に発売された第一世代の抗精神病薬(定型抗精神病薬)グラマリールのジェネリックです。平成26年6月に、チアプリド錠「日医工」に名称変更されています。

チアリール錠は統合失調症のお薬として使われることはなく、よく高齢者のせん妄や認知症による不穏症状を抑えるために使われることが多いです。

厳密には、脳梗塞の後遺症による攻撃性や興奮、せん妄や徘徊などに適応が認められています。勝手に身体の一部が動いてしまうジスキネジアにも適応が認められていますが、現実的にはほとんど使われていません。

ここでは、チアリール錠の効果と特徴を詳しくお伝えしていきたいと思います。


チアプリド錠の効果と副作用

2015.11.20 グラマリール

チアプリド錠は、1987年に発売された第一世代の抗精神病薬(定型抗精神病薬)グラマリールのジェネリックです。抗うつ剤として使われることの多いドグマチールと同じ系統に分類されます。

チアプリド錠は統合失調症のお薬として使われることはなく、よく高齢者のせん妄や認知症による不穏症状を抑えるために使われることが多いです。

厳密には、脳梗塞の後遺症による攻撃性や興奮、せん妄や徘徊などに適応が認められています。勝手に身体の一部が動いてしまうジスキネジアにも適応が認められていますが、現実的にはほとんど使われていません。

ここでは、チアプリド錠の効果と特徴を詳しくお伝えしていきたいと思います。


グラマリールの認知症へのメリット・デメリット

2015.11.19 グラマリール

グラマリールは抗精神病薬になります。

ですが、統合失調症の患者さんには使われることはありません。グラマリールの適応疾患は、「脳梗塞後遺症に伴う攻撃的行為、精神興奮、徘徊、せん妄の改善」となっています。脳梗塞後遺症に限らず様々な病気に使われていて、認知症の患者さんにもよく使われています。

グラマリールには、攻撃性や衝動性を抑え、穏やかに興奮を落ち着かせる鎮静作用があります。グラマリールは作用時間が短く、肝臓の影響も受けにくいので、高齢者に使いやすいお薬です。

ここでは、グラマリールの認知症への効果と副作用についてみていきたいと思います。


グラマリール錠25mg・50mgの薬価と使い方

2015.11.18 グラマリール

グラマリールは、1987年に発売された第一世代抗精神病薬(定型抗精神病薬)です。グラマリールは統合失調症には使われず、高齢者のせん妄や認知症による不穏に使われることが多いです。発売から年月も経っているので、既にジェネリックも発売されています。

グラマリールの錠剤としては、25mg・50mgの₂つの規格が発売されています。まずは25~75mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、グラマリール錠25mg・50mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

グラマリールの効果について詳しく知りたい方は、
グラマリール錠の効果と特徴
をお読みください。


グラマリールの副作用(対策と比較)

2015.11.17 グラマリール

グラマリールは、1987年に発売された第一世代の抗精神病薬(定型抗精神病薬)です。統合失調症には使われず、せん妄や認知症で不穏な患者さんに使われるお薬です。

グラマリールには穏やかな鎮静作用があり、また薬が身体にたまりにくいために高齢者に優しいお薬です。統合失調症よりも少ない用量で使われるので、副作用も全体的に少ないです。

そうはいってもグラマリールで副作用がまったくないわけではありません。ここでは、グラマリールの副作用について詳しくお伝えしていきます。


グラマリール錠の効果と特徴

2015.11.16 グラマリール

グラマリール錠は、1987年に発売された第一世代の抗精神病薬(定型抗精神病薬)です。抗うつ剤として使われることの多いドグマチールと同じ系統に分類されます。

グラマリール錠は統合失調症のお薬として使われることはなく、よく高齢者のせん妄や認知症による不穏症状を抑えるために使われることが多いです。

厳密には、脳梗塞の後遺症による攻撃性や興奮、せん妄や徘徊などに適応が認められています。勝手に身体の一部が動いてしまうジスキネジアにも適応が認められていますが、現実的にはほとんど使われていません。

ここでは、グラマリール錠の効果と特徴を詳しくお伝えしていきたいと思います。