レボメプロマジン錠の効果と副作用

2016.8.6 ヒルナミン・レボトミン

レボメプロマジン錠は、1959年に発売された第一世代の抗精神病薬(定型抗精神病薬)のジェネリック医薬品になります。先発品としては、レボトミン・ヒルナミンとして発売されています。

統合失調症の治療薬として長らく使われてきましたが、いろいろな受容体に作用してしまうので副作用が多いのが難点でした。新しい第二世代の抗精神病薬(非定型抗精神病薬)が発売されると、主剤としてつかわれることはめっきり減ってしまいました。

その一方でレボメプロマジンは、興奮を抑える鎮静作用が強いです。このため現在では、統合失調症に限らずいろいろな病気で補助薬として使われています。

ここでは、レボメプロマジン錠の効果と副作用を詳しくお伝えしていきたいと思います。他の抗精神病薬とも比較しながら、どのような方に向いているのかを考えていきましょう。


レボトミン錠5mg・25mg・50mgの薬価と使い方

2015.11.27 ヒルナミン・レボトミン

レボトミンは、1959年に発売された第一世代抗精神病薬(定型抗精神病薬)です。発売から年月も経っているので、既にジェネリックも発売されています。

レボトミンの錠剤としては、5mg・25mg・50mgの3つの規格が発売されています。ここでは、レボトミン錠5mg・25mg・50mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

レボトミンの効果について詳しく知りたい方は、
レボトミン錠の効果と特徴
をお読みください。


レボトミンの半減期と作用時間とは?

2015.11.26 ヒルナミン・レボトミン

レボトミンは、第一世代抗精神病薬(定型抗精神病薬)に分類されます。おもに統合失調症の治療薬として使われています。

レボトミンの作用時間や効き目は、半減期から考えることができます。レボトミンは最高血中濃度到達時間1~4時間・半減期15~30時間です。

ここでは、レボトミンの半減期と効果時間について、詳しくみていきたいと思います。


レボトミンの副作用(対策と比較)

2015.11.25 ヒルナミン・レボトミン

レボトミンは、1959年に発売された第一世代の抗精神病薬(定型抗精神病薬)です。ヒルナミン錠とは同一成分で、どちらも先発品になります。

第二世代抗精神病薬に比べると副作用が多いので、現在では使われることが減ってきています。しかしながら、レボトミンは鎮静作用が強く、統合失調症に限らずにいろいろな病気で補助的に使われています。

レボトミンの作用の特徴としては、いろいろな受容体に作用することがあげられます。このため、眠気や体重増加、ふらつきや便秘といった副作用が全体的に多いお薬です。

ここでは、レボトミンの副作用について詳しくお伝えしていきます。他の抗精神病薬とも比較しながら、対策を考えていきましょう。


レボトミンは太るの?体重増加と5つの対策

2015.11.24 ヒルナミン・レボトミン

「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。精神科の薬はどうしても太る薬が多いのですが、抗精神病薬は特に太りやすいお薬が多いです。

レボトミンでは、MARTAと呼ばれるジプレキサほどではありませんが、体重増加が認められます。あらかじめ太りやすいことを意識しておいた方がよいです。病気が再発した原因を探ってみると、太ってきたことを理由に自己判断でお薬を止めてしまったということもあります。

ここでは、レボトミンがなぜ太るのかを考えていきましょう。他剤とも比較しながら、どのような対策があるのかを詳しくお伝えしていきます。


レボトミン錠の効果と特徴

2015.11.23 ヒルナミン・レボトミン

レボトミン錠は、1959年に発売された第一世代の抗精神病薬(定型抗精神病薬)です。ヒルナミン錠とは同一成分で、どちらも先発品になります。

統合失調症の治療薬として長らく使われてきましたが、いろいろな受容体に作用してしまうので副作用が多いのが難点でした。新しい第二世代の抗精神病薬(非定型抗精神病薬)が発売されると、主剤としてつかわれることはめっきり減ってしまいました。

レボトミンは興奮を抑える鎮静作用が強いです。このため現在では、統合失調症に限らずいろいろな病気で補助薬として使われています。

ここでは、レボトミン錠の効果と特徴を詳しくお伝えしていきたいと思います。他の抗精神病薬とも比較しながら、どのような方に向いているのかを考えていきましょう。


ヒルナミン錠5mg・25mg・50mgの薬価と使い方

2015.11.20 ヒルナミン・レボトミン

ヒルナミンは、1959年に発売された第一世代抗精神病薬(定型抗精神病薬)です。発売から年月も経っているので、既にジェネリックも発売されています。

ヒルナミンの錠剤としては、5mg・25mg・50mgの3つの規格が発売されています。ここでは、ヒルナミン錠5mg・25mg・50mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ヒルナミンの効果について詳しく知りたい方は、
ヒルナミン錠の効果と特徴
をお読みください。


ヒルナミン・レボトミンの致死量とは?

2015.11.19 ヒルナミン・レボトミン

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

そんな時によく手にされるのが、精神科のお薬です。「精神科のお薬を大量に飲めば楽に死ねる」といった誤解から、過量服薬される方がとても多いです。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず主治医に相談 してください。

ここでは、ヒルナミン・レボトミンの致死量について正しく理解していただければと思います。過量服薬(OD)の実情を知って、少しでも思いとどまる方がいてくだされば幸いです。


ヒルナミンの副作用(対策と比較)

2015.11.18 ヒルナミン・レボトミン

ヒルナミンは、1959年に発売された第一世代の抗精神病薬(定型抗精神病薬)です。レボトミン錠とは同一成分で、どちらも先発品になります。

第二世代抗精神病薬に比べると副作用が多いので、現在では使われることが減ってきています。しかしながら、ヒルナミンは鎮静作用が強く、統合失調症に限らずにいろいろな病気で補助的に使われています。

ヒルナミンの作用の特徴としては、いろいろな受容体に作用することがあげられます。このため、眠気や体重増加、ふらつきや便秘といった副作用が全体的に多いお薬です。

ここでは、ヒルナミンの副作用について詳しくお伝えしていきます。他の抗精神病薬とも比較しながら、対策を考えていきましょう。


ヒルナミンの眠気と6つの対策

2015.11.17 ヒルナミン・レボトミン

精神科のお薬は眠くなるものが多いです。気持ちを落ち着かせるお薬が多いので、どうしてもリラックスして眠気につながってしまいます。日常生活を過ごしていかなければならない中で、眠気が強く出てしまうと困ってしまいますね。

ヒルナミンは、第一世代の定型抗精神病薬に分類されています。抗精神病薬には気持ちを落ち着かせる鎮静作用がありますが、その強さにはお薬によって差があります。ヒルナミンは鎮静作用がとても強いお薬です。このため、眠気も副作用として強くみられ、ときに睡眠薬として使われることもあります。

ここでは、ヒルナミンの副作用による眠気とその対策について、他の抗精神病薬とも比較しながら詳しくみていきましょう。


ヒルナミンは太るの?体重増加と5つの対策

2015.11.16 ヒルナミン・レボトミン

「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。精神科の薬はどうしても太る薬が多いのですが、抗精神病薬は特に太りやすいお薬が多いです。

ヒルナミンでは、MARTAと呼ばれるジプレキサほどではありませんが、体重増加が認められます。あらかじめ太りやすいことを意識しておいた方がよいです。病気が再発した原因を探ってみると、太ってきたことを理由に自己判断でお薬を止めてしまったということもあります。

ここでは、ヒルナミンがなぜ太るのかを考えていきましょう。他剤とも比較しながら、どのような対策があるのかを詳しくお伝えしていきます。


ヒルナミン錠の効果と特徴

2015.11.15 ヒルナミン・レボトミン

ヒルナミン錠は、1959年に発売された第一世代の抗精神病薬(定型抗精神病薬)です。レボトミン錠とは同一成分で、どちらも先発品になります。

統合失調症の治療薬として長らく使われてきましたが、いろいろな受容体に作用してしまうので副作用が多いのが難点でした。新しい第二世代の抗精神病薬(非定型抗精神病薬)が発売されると、主剤としてつかわれることはめっきり減ってしまいました。

ヒルナミンは興奮を抑える鎮静作用が強いです。このため現在では、統合失調症に限らずいろいろな病気で補助薬として使われています。

ここでは、ヒルナミン錠の効果と特徴を詳しくお伝えしていきたいと思います。他の抗精神病薬とも比較しながら、どのような方に向いているのかを考えていきましょう。


ヒルナミンの半減期と作用時間とは?

2015.11.13 ヒルナミン・レボトミン

ヒルナミンは、第一世代抗精神病薬(定型抗精神病薬)に分類されます。おもに統合失調症の治療薬として使われています。

ヒルナミンの作用時間や効き目は、半減期から考えることができます。ヒルナミンは最高血中濃度到達時間1~4時間・半減期15~30時間です。

ここでは、ヒルナミンの半減期と効果時間について、詳しくみていきたいと思います。