高血圧の治療薬のまとめ

2015.5.19 降圧薬のまとめ

高血圧の患者さんはとても多いので、降圧薬もたくさんの薬が開発されています。大きく分けて、カルシウム拮抗薬・ARB・ACE阻害薬・利尿薬・β遮断薬の5種類を使っていきます。

ここでは最新のガイドラインに基づいて、それぞれの降圧薬についてまとめていきたいと思います。


β遮断薬(降圧薬)のまとめ

2015.5.18 降圧薬のまとめ

β遮断薬は、代謝に悪い影響がでることがあるので、生活習慣病が多くなるにつれて使われることは減ってきました。ですが、β遮断薬が特によく効く病態もありますし、他の降圧薬と併用する場合もあります。

ここでは最新のガイドラインに基づいて、β遮断薬についてまとめていきたいと思います。


利尿薬のまとめ(降圧薬)

2015.5.17 降圧薬のまとめ

利尿薬は、塩分とり過ぎの高血圧の方によく使われます。また、他の降圧薬の効果を増強する働きがあるので、併用されることが多いです。

ここでは最新のガイドラインに基づいて、降圧薬として使われる利尿薬についてまとめていきたいと思います。


ARBのまとめ(高血圧治療薬)

2015.5.16 降圧薬のまとめ

副作用が少なく、心臓や腎臓などの臓器を保護する作用があるARBは、降圧薬としてよく使われています。よく使われている薬だからこそ、ディオバン事件のようなことも起こりました。

ここでは最新のガイドラインに基づいて、ARBについてまとめていきたいと思います。


ACE阻害薬のまとめ(降圧薬)

2015.5.15 降圧薬のまとめ

ACE阻害薬は、高血圧治療の目標である心血管病の予防効果がもっとも期待できます。このため、よく使われている降圧薬のひとつです。咳が出てしまうという副作用が多いので処方が避けられることもありますが、とても有効な薬です。

ここでは、ACE阻害薬を中心にまとめていきたいと思います。


カルシウム拮抗薬のまとめ(降圧薬)

2015.5.14 降圧薬のまとめ

カルシウム拮抗薬はもっともよく使われている降圧薬です。降圧効果が確実に期待できますし、身体の臓器にもやさしい薬です。

ここでは、最新のガイドラインに基づいて、降圧薬としてのカルシウム拮抗薬についてをお伝えして行きたいと思います。


降圧薬の使い分けとは?

2015.5.13 降圧薬のまとめ

高血圧の患者さんはとても多いので、降圧薬もたくさんの薬が開発されています。また、薬に関する研究もたくさん行われていて、降圧薬の使い方も決まってきています。

ここでは、降圧薬の使い分けについて、最新のガイドラインに基づいてまとめていきたいと思います。