アセチルシステイン吸入液の効果と副作用

2017.2.1 ムコフィリン(アセチルシステイン)

アセチルシステイン吸入液は、去痰薬として使用されているムコフィリン吸入液のジェネリック医薬品です。

アセチルシステイン吸入液は痰の成分のジスルフィド結合を分解することで、痰のネバネバを取る効果があります。ただしアセチルシステイン吸入液は、ネブライザーという特殊な機械を使用して吸入するため、自宅でアセチルシステイン吸入液を使用する場合はネブライザーを購入する必要があります。

アセチルシステイン吸入液は副作用も少なく安全に使用されるお薬のため、慢性的に痰がでる病気に使用します。ただし病気が治るわけではないためアセチルシステイン吸入液をずっと使用する必要があります。

ここでは、アセチルシステイン吸入液の効果と特徴についてみていきましょう。


ムコフィリンの副作用と安全性

2017.1.27 ムコフィリン(アセチルシステイン)

ムコフィリンは痰をネバネバからさららさにして痰を出しやすくするお薬です。

ムコフィリンはネブライザーという機械を使って吸入するのですが、ほとんど副作用がありません。さらに絶対に使えない病気もありませんし、飲み合わせに注意するお薬がないのもムコフィリンの特徴的です。

そのためムコフィリンは、妊婦・授乳中・高齢者などにも使用されるお薬です。一方で小児にはデータが少ないため積極的に勧められていません。ここではムコフィリンがどれくらい安全か確認していきましょう。


ムコフィリン吸入液(アセチルシステイン)の効果と特徴

2017.1.26 ムコフィリン(アセチルシステイン)

ムコフィリン吸入液(一般名:アセチルシステイン)は、1965年にサンノーバ製薬会社より発売され去痰薬です。

ムコフィリンは痰の成分のジスルフィド結合を分解することで、痰のネバネバを取る効果があります。ただしムコフィリン吸入液は、ネブライザーという特殊な機械を使用して吸入するため、自宅でムコフィリンを使用する場合はネブライザーを購入する必要があります。

ムコフィリンは副作用も少なく安全に使用されるお薬のため、慢性的に痰がでる病気に使用します。ただし病気が治るわけではないためムコフィリンをずっと使用する必要があります。

ここでは、ムコフィリンの効果と特徴についてみていきましょう。