アルセチン錠の効果と副作用

2017.3.6 メバロチン

アルセチン錠は、脂質異常症に対して発売されているメバロチンのジェネリック医薬品です。「スタチン系(HMG-CoA還元酵素阻害薬)」という種類に分類される、コレステロールを下げるお薬です。メバロチンは、スタチン系として最初に発売されたお薬です。

アルセチンは、おもに悪玉(LDL)コレステロールを下げるお薬です。悪玉コレステロールは直接動脈硬化を引き起こす原因になるため、LDLが高い場合はアルセチンなどのスタチン系を選択します。

しかしながら脂質異常症の治療の基本は、食事制限と運動療法です。どんなにアルセチンを内服し続けていても、日常生活を見直さないと脂質異常症は改善しないため注意しましょう。

ここでは、アルセチンの効果と特徴についてまとめていきます。


メバトルテ錠・細粒の効果と副作用

2017.2.19 メバロチン

メバトルテ錠・細粒は、脂質異常症に対して発売されているメバロチンのジェネリック医薬品です。「スタチン系(HMG-CoA還元酵素阻害薬)」という種類に分類される、コレステロールを下げるお薬です。メバロチンは、スタチン系として最初に発売されたお薬です。

メバトルテは、おもに悪玉(LDL)コレステロールを下げるお薬です。悪玉コレステロールは直接動脈硬化を引き起こす原因になるため、LDLが高い場合はメバトルテなどのスタチン系を選択します。

しかしながら脂質異常症の治療の基本は、食事制限と運動療法です。どんなにメバトルテを内服し続けていても、日常生活を見直さないと脂質異常症は改善しないため注意しましょう。

ここでは、メバトルテの効果と特徴についてまとめていきます。


プラバスタチンNa錠の効果と副作用

2017.2.8 メバロチン

プラバスタチンNa錠は、脂質異常症に対して発売されているメバロチンのジェネリック医薬品です。「スタチン系(HMG-CoA還元酵素阻害薬)」という種類に分類される、コレステロールを下げるお薬です。メバロチンは、スタチン系として最初に発売されたお薬です。

プラバスタチンNaは、おもに悪玉(LDL)コレステロールを下げるお薬です。悪玉コレステロールは直接動脈硬化を引き起こす原因になるため、LDLが高い場合はプラバスタチンNaなどのスタチン系を選択します。

しかしながら脂質異常症の治療の基本は、食事制限と運動療法です。どんなにプラバスタチンNaを内服し続けていても、日常生活を見直さないと脂質異常症は改善しないため注意しましょう。

ここでは、プラバスタチンNaの効果と特徴についてまとめていきます。


メバロチンの副作用と安全性

2017.2.5 メバロチン

メバロチンは、主に脂質異常症・高脂血症・高LDL血症といった病名に使用されるスタチン系のお薬です。

メバロチンはLDLコレステロールを下げる力が非常に強いですが、筋肉痛などの症状で起きる「横紋筋融解症」には注意が必要です。また肝機能障害が重篤な人、妊娠中の人には使用できません。

一方でメバロチンは他のスタチン系と違い唯一腎代謝のお薬です。そのため重度な肝機能障害があっても使用することが可能なお薬ですし、肝臓に負担をかけるお薬との飲み合わせも少ないお薬です。

メバロチンの内服が開始された方は、1日や2日といった短い期間ではなく、長期間続けることになります。ここでメバロチン錠の副作用と安全性についてしっかりと確認していきましょう。


メバロチン錠・細粒(プラバスタチン)の効果と特徴

2017.2.4 メバロチン

メバロチン錠(一般名:プラバスタチンナトリウム)は、1989年から第一三共より発売されているお薬になります。「スタチン系(HMG-CoA還元酵素阻害薬)」という種類に分類される、コレステロールを下げるお薬です。メバロチンは、スタチン系として最初に発売されたお薬です。

メバロチンは、おもに悪玉(LDL)コレステロールを下げるお薬です。悪玉コレステロールは直接動脈硬化を引き起こす原因になるため、LDLが高い場合はメバロチンなどのスタチン系を選択します。

しかしながら脂質異常症の治療の基本は、食事制限と運動療法です。どんなにメバロチンを内服し続けていても、日常生活を見直さないと脂質異常症は改善しないため注意しましょう。

ここでは、メバロチンの効果と特徴についてまとめていきます。