ツロブテロールテープの効果と副作用

2016.7.24 ホクナリンテープ

ツロブテロールテープは、ホクナリンテープのジェネリック医薬品になります。

成人の方に処方する場合は、主に喘息やCOPDの長期管理のお薬になります。喘息発作やCOPDで狭まった気管支を、β2刺激薬として広げることで喘息発作を予防したり、COPDの病気の進行を防ぎます。

喘息やCOPDでβ2刺激薬を使用する場合は、吸入薬が中心となっています。しかし吸入薬は、しっかりと吸入ができないと全く効果を発揮しません。そのため吸入するのが難しい小児や認知症の方などでは、今でもツロブテロールテープを中心に治療をすることが多いです。

また赤ちゃんなどは、吸入も内服もなかなか難しいと思います。ツロブテロールテープは急性気管支炎に対しても効果があります。急性気管支炎、つまりは咳などの風邪に対してもツロブテロールテープが使われることがあります。

先発品のホクナリンテープとジェネリック医薬品であるツロブテロールテープは効果や副作用に差はないのですが、ツロブテロールテープの方が粘着力が弱いという弱点があります。

ここでは、ツロブテロールテープの効果と特徴についてまとめていきたいと思います。


ホクナリンテープの小児の咳への効果と副作用

2016.7.22 ホクナリンテープ

「子供が咳をしてる、風邪かな?」って思って病院に連れていくと、ホクナリンテープが処方されることがあります。

ホクナリンテープは一般的に、喘息やCOPDの患者さんに使われることが多いので、調べてみて少し驚かれたご両親もいらっしゃるのではないでしょうか?「もしかすると、わが子は喘息なのかな?」と心配になってしまうかもしれません。

ですがホクナリンテープは急性気管支炎、つまり咳が出る風邪に対して出されているのです。特に小児では薬を飲ませるのも一苦労、そうしたときに貼って効果が出るホクナリンテープは非常に重宝されます。

とはいっても、「ホクナリンテープは実際に咳を抑えるのか?」「副作用が大丈夫なのか?」など、気になるところかと思います。添付文章には少しでも可能性があることはすべて書いてあるので、怖いことがたくさん書いてあります。

ここでは、乳幼児の咳に対して使用されるホクナリンテープの効果と副作用の実際についてお伝えしていきます。不必要に怖がる必要はありません。


ホクナリンテープの貼る場所や貼り方の注意点とは?ホクナリンテープの使い方

2016.7.21 ホクナリンテープ

ホクナリンテープは長期のβ2刺激薬として世界初の貼り薬として活躍しています。主に喘息やCOPDの吸入薬が吸えない高齢者の方や小児の方、また乳幼児の咳にも使われることがあります。

ホクナリンテープは、胸や背中、上腕部に1日1回貼ることで効力を発揮します。ただし副作用として、テープかぶれがよく認められます。貼った部位が赤くなったり、痒くなることがあるのです。

また剥がれてしまったホクナリンテープは貼り直してよいのか、お風呂はどうすればいいか?など、様々な疑問もあると思います。

ここでは、ホクナリンテープの貼る場所や貼り方など、注意するべきことを確認してみましょう。


ホクナリンテープの副作用と安全性

2016.7.20 ホクナリンテープ

ホクナリンテープは、長期作用型のβ2刺激薬として初の貼り薬として活躍しています。ホクナリンテープは、COPDや喘息で吸入薬が上手く使えない高齢者やお子さん、乳幼児で飲み薬を吐いてしまう場合の咳風邪に対して積極的に処方されています。

つまりホクナリンテープは、小児や高齢者などでは貴重なお薬になります。ホクナリンテープの代表的な副作用としては、

が挙げられます。さらに貼り薬に特有の副作用として、貼った部位の痒みや皮疹があります。ここでは、ホクナリンテープの副作用と対策、さらに安全性についてお伝えしていきます。


ホクナリンテープの効果と特徴

2016.7.18 ホクナリンテープ

ホクナリンテープ(一般名:ツロブテロール)は、1998年にアボット ジャパン株式会社とマイラン会社の合同で発売された世界初の経皮吸収型のβ2刺激薬となります。

成人の方に処方する場合は、主に喘息やCOPDの長期管理のお薬になります。喘息発作やCOPDで狭まった気管支を、β2刺激薬として広げることで喘息発作を予防したり、COPDの病気の進行を防ぎます。

喘息やCOPDでβ2刺激薬を使用する場合は、吸入薬が中心となっています。しかし吸入薬は、しっかりと吸入ができないと全く効果を発揮しません。そのため吸入するのが難しい小児や認知症の方などでは、今でもホクナリンテープを中心に治療をすることが多いです。

また赤ちゃんなどは、吸入も内服もなかなか難しいと思います。ホクナリンテープは急性気管支炎に対しても効果があります。急性気管支炎、つまりは咳などの風邪に対してもホクナリンテープが使われることがあります。

ここでは、ホクナリンテープの効果と特徴についてまとめていきたいと思います。