スピリーバレスピマットの吸入方法とは?

2016.9.10 スピリーバ

スピリーバ(一般名:チオトロピウム)レスピマットは、長期作用型の抗コリン薬のスプレー式の吸入薬になります。

気管支を拡張することで、主にCOPD(肺気腫)の第一選択薬として活躍しています。また2015年から重症の喘息でも、スピリーバレスピマットが適応になりました。

より多くの人が使用するようになったスピリーバですが、スピリーバは吸入する方法を間違えると全く効果がありません。

上手く吸えてるつもりでも実は吸えてなかった、なんてことにならないように、スピリーバレスピマットの吸入方法を確認してみましょう。


スピリーバハンディヘラーの正しい吸入方法とは?

2016.8.23 スピリーバ

スピリーバ(一般名:チオトロピウム)ハンディヘラーは、2004年にベーリンガー製薬会社より発売された抗コリン薬の吸入薬になります。主にCOPD(肺気腫)の第一選択薬として活躍しています。

スピリーバハンディヘラーは、カプセルをハンディヘラーという吸入器に毎回セットして毎日吸入することで効果を発揮するお薬です。さらに吸った瞬間に効果が出現するわけではなく、長期間吸入することで徐々に効果を発揮します。

そのためスピリーバハンディヘラーは、ちゃんと吸えているかどうか効果だと実感しにくいお薬です。それこそカプセルをセットし忘れて吸入し続けたら、全く意味がなくなってしまいます。

スピリーバハンディヘラーが処方された方は、長年にわたって吸入することになると思います。長い付き合いになるのであれば、一度スピリーバハンディヘラーの正しい使い方をみてみましょう。


スピリーバハンディヘラーの効果と特徴

2016.8.22 スピリーバ

スピリーバ(一般名:チオトロピウム)ハンディヘラーは、2004年にベーリンガー製薬会社より発売された抗コリン薬の吸入薬になります。

「コリン」とはアセチルコリンのことを意味していますが、アセチルコリンは身体の様々なところで副交感神経を興奮させます。副交感神経が気管支で興奮すると、気道が狭くなるという作用が生じます。スピリーバはこの反応を抑制することで気道を広げ、主にCOPD(肺気腫)の第一選択薬として活躍しています。

2010年はスプレータイプのスピリーバレスピマットが新たに発売されました。スピリーバは、COPDの多くの方の治療に使われているお薬です。

ここでは、スピリーバハンディヘラーの効果と特徴についてまとめていきましょう。


スピリーバの前立腺肥大と緑内障での安全性

2016.8.20 スピリーバ

スピリーバは、COPDの第一選択肢として多くの方に処方されているお薬です。

スピリーバは気管支を拡張することで、タバコでボロボロになった肺を支えるお薬です。しかしながらスピリーバは、

この2つの疾患がある人は禁忌となっており、スピリーバは使用できません。どのような緑内障や前立腺肥大症の方が使用できないのでしょうか?

ここでは、これらがどんな疾患なのかも含めて、スピリーバを安全に使用するための注意点をお伝えしていきたいと思います。


スピリーバの副作用とその対処法

2016.8.19 スピリーバ

スピリーバ(一般名:チオトロピウム)は、抗コリン薬の吸入薬として主にCOPD(肺気腫)に対して治療されているお薬です。2015年から重症の喘息でも、スピリーバレスピマットが適応になりました。

「コリン」とはアセチルコリンのことを意味していますが、アセチルコリンは身体の様々なところで副交感神経を興奮させます。副交感神経が気管支で興奮すると、気道が狭くなるという作用が生じます。スピリーバはこの反応を抑制することで気道を広げる効果があるお薬です。

一方で抗コリン薬は吸入しても気管支から吸収され全身に作用するお薬です。このスピリーバの代表的な副作用としては,

があります。これらの対策も含めて、スピリーバの副作用と安全性を確認してみましょう。


スピリーバの喘息での効果とは?

2016.7.17 スピリーバ

喘息は、慢性的に気道に炎症が起きて過敏になることで咳や息苦しさが起きる病気です。今まではシムビコートアドエアなどの吸入ステロイドとβ2刺激薬を中心に加療していました。

吸入ステロイドを最大量にしてもコントロールができない難治性の喘息の患者さんは、医師側も非常に治療に悩まされる疾患でした。このような中、2014年に主にCOPDに使われたスピリーバレスピマットが難治性の喘息に適応が認められました。

スピリーバは、長期作用型の抗コリン薬として気管支を広げる作用があります。喘息の患者さんにも、気管支を広げることで症状や喘息発作を抑制することが示されたのです。

このスピリーバが使えることで、多くの喘息の患者さんが救われています。ここでは、スピリーバの喘息における効果について詳しくお伝えしていきたいと思います。


スピリーバのCOPD(肺気腫)での効果とは?

2016.7.13 スピリーバ

タバコを長い間吸っていると、肺が穴ぼこだらけになっていきます。咳や痰が出現してきて病院に受診すると、昔は肺気腫、慢性気管支炎といった病名を診断されていました。今ではこれらの疾患をまとめて、COPD(慢性閉塞性肺疾患)といいます。

COPDの第一選択薬は現在、長時間作用型の抗コリン薬もしくはβ2刺激薬となります。しかしCOPDは残念ながら、お薬を吸入したからといって肺の穴ぼこが治るわけではありません。症状を少しでも和らげることで、これ以上どんどん悪くなるのを防ぐ治療になります。

COPDの第一治療薬として、抗コリン薬であるスピリーバは不動の地位を築いてきたお薬です。現在では多くのお薬が発売されましたが、スピリーバは今なおCOPDで最も多く処方されているお薬となっています。

「COPDと診断したらまずスピリーバ」という医師も多いと思います。それくらいCOPDとスピリーバは、切っても切れない関係となっています。

なぜCOPDではスピリーバがそこまで良いのか?ここでは、スピリーバのCOPDでの効果について詳しくお伝えしていきたいと思います。


スピリーバ(チオトロピウム)レスピマットの効果と特徴

2016.7.8 スピリーバ

スピリーバ(一般名:チオトロピウム)レスピマットは、2010年にベーリンガー製薬会社より発売された抗コリン薬の吸入薬になります。

「コリン」とはアセチルコリンのことを意味していますが、アセチルコリンは身体の様々なところで副交感神経を興奮させます。副交感神経が気管支で興奮すると、気道が狭くなるという作用が生じます。スピリーバはこの反応を抑制することで気道を広げ、主にCOPD(肺気腫)の第一選択薬として活躍しています。

また2015年から重症の喘息でも、スピリーバレスピマットが適応になりました。これによって、喘息で苦しんでた多くの患者さんにとって救世主となっています。

ここでは、スピリーバの効果と特徴についてまとめていきましょう。