ユニフィルLA錠の効果と副作用

2016.8.11 テオドール・テオロング

ユニフィルLA錠(テオフィリン)は、1994年に大塚製薬会社が発売したお薬です。

同じテオフィリン製剤としては、1984年に田辺三菱製薬からテオドールとして発売されています。テオドールは1日2回朝と夕方に内服するのに対して、ユニフィルLAは1日1回内服になります。

ユニフィルLAは茶葉に含まれているキサンチン誘導体を利用して、

という2つの作用を併せ持ったお薬です。このような作用を利用して、ユニフィルLAは気管支喘息や肺気腫(COPD)の治療薬に使われています。

しかしユニフィルLAは、血中の濃度が一定以上ないと効果を発揮しないお薬です。反対にユニフィルLAが一定以上の濃度を超えすぎてしまうと、テオフィリン中毒として副作用が認められます。

ここでは、ユニフィルLAの効果と特徴について詳しくお伝えしていきます。


ネオフィリン(アミノフィリン)の効果と副作用

2016.8.3 テオドール・テオロング

ネオフィリン注射液(一般名アミノフィリン)は、日新製薬株式会社が1993年に発売した静脈注射です。

ネオフィリンは、主成分であるアミノフィリンが茶葉に含まれているキサンチン誘導体という物質です。このキサンチン誘導体が、

という2つの作用を併せ持ったお薬です。このような作用を利用して、ネオフィリンは主に喘息発作時の治療薬として注射で投与します。

しかしネオフィリンは、血中の濃度が一定以上ないと効果を発揮しないお薬です。逆にネオフィリンが一定以上の濃度を超えすぎてしまうと、アミノフィリン中毒として嘔気や頭痛、動悸が出てきます。さらに濃度が上昇すると、痙攣や意識がなくなるなど怖い副作用が出現します。

ネオフィリン注射液をうまく使いこなすためにも、ネオフィリン注射液の効果と特徴について詳しくお伝えしていきます。


テオロング錠(テオフィリン)の効果と副作用

2016.8.2 テオドール・テオロング

テオロング錠(テオフィリン)は、1987年にエーザイ製剤が発売したお薬です。

同じテオフィリン製剤としては、1984年に田辺三菱製薬からテオドールとして発売されています。このため後発品と思われている方もいますが、テオドールと開発は同時期のため先発品として扱うことが多いです。

テオロングは、茶葉に含まれているキサンチン誘導体を利用して、

という2つの作用を併せ持ったお薬です。このような作用を利用して、テオロングは気管支喘息や肺気腫(COPD)の治療薬に使われています。

しかしテオロングは、血中の濃度が一定以上ないと効果を発揮しないお薬です。逆にテオロングが一定以上の濃度を超えすぎてしまうと、テオフィリン中毒として嘔気や頭痛、動悸が出てきます。さらに濃度が上昇すると、痙攣や意識がなくなるなど怖い副作用が出現します。

テオロングをうまく使いこなすためにも、テオロングの効果と特徴について詳しくお伝えしていきます。


テオドール(テオフィリン)で血中濃度を測定する理由は?

2016.7.29 テオドール・テオロング

テオドール(一般名:テオフィリン)は、

という2つの作用を併せ持ったお薬です。このような作用を利用して、テオドールは気管支喘息や肺気腫(COPD)の治療薬に使われています。

テオドールを処方された人は、定期的にテオフィリンの血中濃度を採血で調べていく必要があります。どうしてテオドールは、他の内服薬と異なって血中濃度を測定しなければいけないのでしょうか?

これはテオフィリンが、病気に対して有効である血中濃度と、副作用(テオフィリン中毒)が出現する血中濃度が近いことが原因です。

良かれと思ってテオドールを投与してみたら、逆に副作用でとんでもないことになったということは避けなければなりません。ですから、テオドールを投与された方はテオフィリンの血中濃度を定期的に測定する必要があるのです。

ここでは、テオドールがどれくらいの血中濃度であれば安全で効果が期待でき、どれくらいの血中濃度だと危険なのか確認していきましょう。


テオドールの副作用と安全性

2016.7.26 テオドール・テオロング

テオドール(一般名:テオフィリン)は、カフェインと同じ成分のキサンチン誘導体という成分です。

の2つを併せ持ったお薬です。このような作用を利用して、テオドールは気管支喘息や肺気腫(COPD)の治療薬として使われています。2つの効果を併せ持っているということで、発売された当初は数多くの患者さんに処方されました。

しかしテオドールは、血中の濃度内を一定に保たないと副作用が出現するお薬です。あまりにテオフィリンの血中濃度が高いと、痙攣や呼吸停止など重篤な副作用も出現してしまいます。

このように、使い方を誤るとテオドールは非常に危ない薬です。ここでは、テオドールの副作用について詳しくお伝えしていきます。


テオドール錠(テオフィリン)の効果と特徴

2016.7.25 テオドール・テオロング

テオドール錠(テオフィリン)は、1984年に田辺三菱製薬が発売したお薬になります。茶葉に含まれているキサンチン誘導体を利用して、

という2つの作用を併せ持ったお薬です。このような作用を利用して、テオドールは気管支喘息や肺気腫(COPD)の治療薬に使われています。

しかしテオドールは、血中の濃度が一定以上ないと効果を発揮しないお薬です。逆にテオドールが一定以上の濃度を超えすぎてしまうと、テオフィリン中毒として嘔気や頭痛、動悸が出てきます。さらに濃度が上昇すると、痙攣や意識がなくなるなど怖い副作用が出現します。

テオドールをうまく使いこなすためにも、テオドールの効果と特徴について詳しくお伝えしていきます。