べネトリン吸入液の効果と副作用

2016.7.30 サルタノール

喘息発作やCOPD(肺気腫)の急性増悪の時に、ネブライザーという吸入器を渡された方は多いかと思います。

ネブライザーを渡してくれた看護師さんからは、「気管支を拡げるお薬だよ」としか説明受けてないかもしれないですが、ネブライザーに使用される多くのお薬はβ2刺激薬です。

β2刺激薬は、気管支を拡げるお薬として咳や息苦しさの症状を和らげてくれるお薬です。ネブライザーに使用するβ2刺激薬のお薬の一つに、べネトリンがあります。

べネトリン(一般名:サルブタモール硫酸塩)は、1973年にグラクソスミスクライン社から発売されたβ2刺激薬になります。おもに吸入液として使われていて、病院などでネブライザーに使われることが多いです。

喘息発作が出現したときにすぐに使えるように、1978年にはサルブタモールが主成分のサルタノールという吸入薬が発売されています。喘息の人は、発作時に備えて持っている人もいるのではないでしょうか?

ただしべネトリンの成分であるサルブタモールは、短時間作用性β2刺激薬に分類されています。ですから即効性があるかわりに、作用時間も短いのが特徴です。実際には4~6時間しか効果がないといわれています。

ここでは、べネトリンの効果と特徴についてまとめていきます。


サルタノールの正しい使い方とは?

2016.6.22 サルタノール

サルタノールは、1978年にグラクソスミスクライン社から発売されたβ2刺激薬になります。

主に喘息の発作時のお薬になります。サルタノールはβ2刺激薬として、喘息発作で狭まった気管支を広げることで症状を和らげます。

ただしサルタノールの成分であるサルブタモールは、短時間作用性β2刺激薬に分類されます。つまり即効性がある分、作用時間も短いのが特徴です。実際には4~6時間しか効果がないといわれています。

このため喘息発作が起きたときに使われるのですが、いざサルタノールを使おうとしてうまく吸えなかったら、治療効果が期待できません。喘息は、軽度の症状が一気に重症化してしまうこともある病気です。

喘息発作が起きてもあわてないために、サルタノールの吸入方法を確認していきましょう。


サルタノールの副作用と安全性

2016.6.21 サルタノール

サルタノールは、1978年に発売された古くから使われている吸入薬になります。主に喘息の発作時のお薬になります。

サルタノールの成分であるサルブタモールは、短時間作用性β2刺激薬に分類されています。つまり即効性がある分、作用時間も短いのが特徴です。

β2刺激薬を吸入することで、気管支が広がって喘息症状の改善が期待できます。ですが効果が不十分な時に何回も吸っても、効果がどんどん倍増するわけではありません。β2刺激薬を大量に投与してしまうと、心臓に負担がかかります。不整脈のリスクが高まり、添付文章には「心停止もあり得る」と怖い文言も記載されています。

それではサルタノールは、適正量であればどんな副作用があるのでしょうか?
どんな人にも投与できる安全なお薬なのでしょうか?

ここでは、サルタノールの副作用と安全性についてまとめていきます。


サルタノール(サルブタモール)の効果と特徴

2016.6.20 サルタノール

サルタノール(一般名:サルブタモール硫酸塩)は、1978年にグラクソスミスクライン社から発売されたβ2刺激薬になります。

主に喘息の発作時のお薬になります。喘息発作で狭まった気管支を、β2刺激薬として広げることで症状を和らげます。

ただしサルタノールの成分であるサルブタモールは、短時間作用性β2刺激薬に分類されています。ですから即効性がある分、作用時間も短いのが特徴です。実際には4~6時間しか効果がないといわれています。

そのため喘息発作を予防するために、毎日吸入するのには適さないお薬です。症状がある時に、それを和らげるために使うお薬です。

咳喘息では診断に、サルタノールを使用することがあります。咳喘息は長引く咳の症状の病気で、β2刺激薬が効くかどうかが診断のひとつの根拠になるのです。

ここでは、サルタノールの効果と特徴についてまとめていきます。