パルミコート(ブデソニド)吸入液の効果と特徴

2016.8.21 パルミコート

パルミコート(一般名:ブデソニド)吸入液は、アストラゼネカ社より発売された吸入ステロイド薬となります。

吸入ステロイドは喘息の発作が起きたときに吸うものではなく、喘息の発作が起きないようにコントロールするために吸入するものです。

ブデソニドの水性懸濁液であるパルミコート吸入液は、ネブライザーにより薬剤をエアロゾル化して吸入する気管支喘息治療薬です。エアロゾル化された薬剤は、通常の呼吸(自然呼吸)で吸入することが可能であるため、

などで適切に吸入できないお子さんや高齢の方などに、効果的な吸入が可能になる薬剤です。

パルミコートは、5歳未満の小児における気管支喘息治療薬として2006年に発売されました。成人においても高齢者の方を中心に、ドライパウダーやスプレーのどちらの吸入器も適切に使用できない患者さんがいます。このため2010年に使用が可能となりました。

ステロイドは副作用も強いため、吸入以外では投与しづらいお薬です。つまりパルミコート吸入液は、喘息における最後の砦的な治療になります。

ここでは、パルミコート吸入液の効果と特徴についてまとめていきます。


パルミコートタービュヘイラーの使い方

2016.8.7 パルミコート

パルミコートタービュヘイラー(一般名:ブデソニド)は、2002年からアストラゼネカ製薬会社で発売されているお薬になります。

おもに喘息の長期管理(予防)のお薬となります。成人の場合は軽症な喘息の方で、小児の方は重症な喘息の方に使われています。

パルミコートは、吸った感じがしないという特徴があります。このため、ちゃんと吸えていない可能性もあるお薬になります。正しい吸入方法を行わないと、吸入薬は全く効力を発揮しません。

そればかりか、医師側からすると薬の効きが弱いと思ってどんどん投与量を増やしたり、違うお薬を追加することになりかねません。

パルミコートは、タービュヘイラーという吸入器の中に、細かい粒子のドライパウダーとして入っています。

ここでは、パルミコートタービュヘイラーがしっかり吸えているのか、使い方を動画もご紹介しながら確認してみましょう。


パルミコートの副作用と安全性

2016.8.6 パルミコート

パルミコートは、喘息の治療に使われるステロイドの吸入薬です。

ステロイドといわれると、副作用が心配な人もいるかもしれません。しかしパルミコートで投与されるステロイドの量は、非常に微量です。さらに内服ではなく吸入することで、大部分が気管支にいきます。このためステロイドの内服に比べて、非常に副作用が少ないお薬です。

ただし、副作用が少ないといっても全くないわけではありません。パルミコートは、喘息発作の予防薬として長期にわたって毎日吸っていくお薬です。

パルミコートを長期間吸っていたら、どのような副作用があるのでしょうか?それらのパルミコートの副作用に対しては、どのような対処法があるでしょうか?ここではパルミコートの副作用と安全性について、詳しくお伝えしていきます。


パルミコート(ブデソニド)の効果と特徴

2016.8.5 パルミコート

パルミコート(一般名:ブデソニド)は、2002年にアストラゼネカ社より発売された吸入ステロイド薬となります。吸入ステロイドは喘息の発作が起きたときに吸うものではなく、喘息の発作が起きないようにコントロールするために吸入するものです。

パルミコートには、ブデゾニドというステロイドが含まれています。このブデゾニドのステロイドに、β2刺激薬であるホルメテロール(商品名オーキシス)が加わるとパルミコートの合剤であるシムビコートになります。

現在は合剤のシムビコートの方が喘息で処方されている人は多いかもしれません。しかし症状が非常に軽度な方はβ2刺激薬を抜いたパルミコートでコントロールされている方もいらっしゃると思います。

またお子さんでは、安全性を最優先して合剤ではなく、ステロイド単剤のパルミコートから使っていきます。ガイドラインでも、β2刺激薬は中~重症の患者さんに限ると定められています。

パルミコートは、タービュヘイラーという吸入器を使用して朝・夕に吸入するお薬です。多くの方は喘息で使用していると思います。

ここでは、パルミコートの効果と特徴についてまとめていきます。