喘息におけるオノン(プランルカスト)の効果と特徴

2016.4.26 オノン

オノン錠は、1995年に発売された抗ロイコトリエン薬になります。抗ロイコトリエン薬とは、アレルギーを引き起こすロイコトリエンの働きをブロックするお薬です。

オノンは様々なアレルギー疾患に使われますが、最もよく使われるのは気管支喘息の方だと思います。気管支喘息は気道の炎症が原因で気管支が狭くなり、咳や喘鳴などの症状が生じる病気です。症状がひどくなると息苦しくなるといった症状もでます。

気道の炎症の一つにロイコトリエンという物質が関与しており、オノンはこのロイコトリエンが受容体に結合するのを邪魔するお薬になります。

オノンは2000年に鼻づまりを中心としたアレルギー鼻炎にも適応が通りました。そのため喘息にアレルギー性鼻炎を合併している人は、積極的にオノンを含めた抗ロイコトリエンが処方されるようになっています。

ここではそんなオノンの、喘息における役割をみていきましょう。

オノンの花粉症における効果と特徴について詳しく知りたい方は、「オノンカプセルの効果と特徴」をお読みください。


プランルカスト錠の効果と副作用

2016.4.20 オノン

オノン錠は、1995年に発売された抗ロイコトリエン薬になります。発売からしばらくたち、2009年にはプランルカスト錠としてジェネリック医薬品が発売となりました。

抗ロイコトリエン薬とは、アレルギーを引き起こすロイコトリエンの働きをブロックするお薬です。アレルギー疾患である喘息治療薬として主に使われていて、花粉症などのアレルギー性鼻炎でも適応となっています。

花粉症では一般的に、アレグラやアレジオンなどの抗ヒスタミン薬が初めに使われます。抗ヒスタミン薬は鼻づまりには効果が弱く、鼻づまりが強い時は抗ロイコトリエン薬が使われます。

その一方で、鼻づまり以外の鼻や目の症状に関しては効果がうすいため、抗ヒスタミン薬とプランルカストを併用することもあります。

ここでは、プランルカスト錠の効果と特徴について詳しくみていきましょう。


オノンの副作用と安全性

2016.4.10 オノン

オノンは、抗ロイコトリエンとしてアレルギー症状を抑えるお薬です。気管支喘息とアレルギー性鼻炎に使われるお薬です。

小児に対しても多く使用されるお薬ですので、副作用は非常に少なく、安全な抗アレルギー薬として定評があります。ただし安全といっても、完全に何もないわけではありません。

オノンではどのような副作用に気を付ければよいのでしょうか?ここでは、オノンの副作用と安全性についてみていきましょう。


オノンカプセルの効果と特徴

2016.4.8 オノン

オノン錠は、1995年に発売された抗ロイコトリエン薬になります。

抗ロイコトリエン薬とは、アレルギーを引き起こすロイコトリエンの働きをブロックするお薬です。アレルギー疾患である喘息治療薬として主に使われていて、2000年からは花粉症などのアレルギー性鼻炎でも適応になりました。

花粉症では一般的に、アレグラやアレジオンなどの抗ヒスタミン薬が初めに使われます。抗ヒスタミン薬は鼻づまりには効果が弱く、鼻づまりが強い時は抗ロイコトリエン薬が使われます。

その一方で、鼻づまり以外の鼻や目の症状に関しては効果がうすいため、抗ヒスタミン薬とオノンを併用することもあります。

オノンの商品名の由来は、製造元の小野薬品工業株式会社からきています。社名をかけたお薬なのでしょう。ここでは、オノン錠の効果と特徴について詳しくみていきましょう。