シングレア(モンテルカスト)の喘息における効果と特徴

2016.4.27 シングレア・キプレス

シングレアは、2001年に発売されたロイコトリエン受容体拮抗薬です。シングレア錠はMSDから発売されていますが、まったく同じお薬としてキプレス錠が杏林製薬から発売されています。

抗ロイコトリエン薬とは、アレルギーを引き起こすロイコトリエンの働きをブロックするお薬です。さまざまなアレルギー性疾患に対して、効果が期待できるお薬です。

最もシングレアがよく使われるのは、気管支喘息の方だと思います。気管支喘息は気道の炎症が原因で気管支が狭くなり、咳や喘鳴などの症状が生じる病気です。症状がひどくなると息苦しくなるといった症状もでます。

気道の炎症の原因にロイコトリエンという物質が関与しており、シングレアはこのロイコトリエンが受容体に結合するのを邪魔するお薬になります。

ここではそんなシングレアの、喘息における役割をみていきましょう。

なおシングレアの花粉症の効果について知りたい方は「シングレア錠の効果と特徴」をご覧ください。


キプレスの喘息における効果と特徴

2016.4.22 シングレア・キプレス

キプレスは、2001年に発売されたロイコトリエン受容体拮抗薬です。キプレス錠は杏林製薬から発売されていますが、まったく同じお薬としてシングレア錠がMSDから発売されています。

抗ロイコトリエン薬とは、アレルギーを引き起こすロイコトリエンの働きをブロックするお薬です。さまざまなアレルギー性疾患に対して、効果が期待できるお薬です。

最もキプレス錠がよく使われるのは、気管支喘息の方だと思います。気管支喘息は気道の炎症が原因で気管支が狭くなり、咳や喘鳴などの症状が生じる病気です。症状がひどくなると息苦しくなるといった症状もでます。

気道の炎症の原因にロイコトリエンという物質が関与しており、キプレス錠はこのロイコトリエンが受容体に結合するのを邪魔するお薬になります。

ここではそんなキプレスの、喘息における役割をみていきましょう。

なおキプレスの花粉症の効果について知りたい方は「キプレス錠の効果と特徴」をご覧ください。


モンテルカスト錠の効果と副作用

2016.4.14 シングレア・キプレス

モンテルカストは、ロイコトリエン拮抗薬のシングレア錠/キプレス錠の一般名(成分名)になります。

MSD社からシングレア錠、杏林製薬からキプレス錠として発売されています。2001年に発売となり年月もたっていて、ついに2016年からジェネリックが発売されることとなりました。ジェネリックとして発売されるときには、「モンテルカスト錠」として販売されます。

抗ロイコトリエン薬とは、アレルギーを引き起こすロイコトリエンの働きをブロックするお薬です。モンテルカストは、気管支喘息の治療やアレルギー性鼻炎の治療で使われる飲み薬です。

喘息の治療薬は吸入薬が中心となっていますが、吸入薬が使えないなどによく使われています。花粉症治療薬としては鼻づまりに効果的で、アレルギー性鼻炎の症状が強い時にはよくつかわれています。

ここでは発売に先駆けて、モンテルカスト錠の効果についてみていきましょう。


キプレスの副作用と安全性

2016.4.13 シングレア・キプレス

キプレスは抗ロイコトリエンとして気管支得喘息とアレルギー性鼻炎に使われるお薬です。

小児に対しても多く使用されるお薬ですので、副作用は非常に少なく安全な抗アレルギー薬として定評があります。私自身も咳喘息の治療で服用していますが、副作用はまったく感じていません。

ただし、安全といっても完全に何もないわけではありません。キプレスではどのような副作用に注意していけばよいでしょうか?ここではキプレスの副作用と安全性についてみていきましょう。


キプレス錠の効果と特徴

2016.4.12 シングレア・キプレス

キプレスは、2001年に発売されたロイコトリエン受容体拮抗薬です。キプレス錠は杏林製薬から発売されていますが、まったく同じお薬としてシングレア錠がMSDから発売されています。

抗ロイコトリエン薬とは、アレルギーを引き起こすロイコトリエンの働きをブロックするお薬です。キプレスは、気管支喘息の治療やアレルギー性鼻炎の治療で使われる飲み薬です。私自身も、咳喘息の治療のために服用しているお薬です。

喘息の治療薬は吸入薬が中心となっていますが、吸入薬が使えないなどによく使われています。花粉症治療薬としては鼻づまりに効果的で、アレルギー性鼻炎の症状が強い時にはよくつかわれています。

ここでは、キプレスの効果についてみていきましょう。


シングレアの副作用と安全性

2016.4.11 シングレア・キプレス

シングレアは抗ロイコトリエンとして気管支得喘息とアレルギー性鼻炎に使われるお薬です。

小児に対しても多く使用されるお薬ですので、副作用は非常に少なく安全な抗アレルギー薬として定評があります。ただし安全といっても完全に何もないわけではありません。

シングレアではどのような副作用に注意していけばよいでしょうか?ここではシングレアの副作用と安全性についてみていきましょう。


シングレア錠の効果と特徴

2016.4.9 シングレア・キプレス

シングレアは、2001年に発売されたロイコトリエン受容体拮抗薬です。シングレア錠はMSDから発売されていますが、まったく同じお薬としてキプレス錠が杏林製薬から発売されています。

抗ロイコトリエン薬とは、アレルギーを引き起こすロイコトリエンの働きをブロックするお薬です。シングレアは、気管支喘息の治療やアレルギー性鼻炎の治療で使われる飲み薬です。

喘息の治療薬は吸入薬が中心となっていますが、吸入薬が使えないなどによく使われています。花粉症治療薬としては鼻づまりに効果的で、アレルギー性鼻炎の症状が強い時にはよくつかわれています。

ここでは、シングレアの効果についてみていきましょう。