フルメトロン(フルオロメトロン)点眼液の効果と副作用

2016.3.13 点眼薬

花粉症の時期は目のかゆみが非常につらいです。ですが目をかいたりしてしまうと、角膜を傷つけてしまいます。飲み薬でも多少は効きますが、やはり目の症状に一番効果が期待できるのは点眼薬です。

目のアレルギー症状のことを難しくいうと、アレルギー性結膜炎になります。通常はパタノールやアレジオンなどの抗ヒスタミン薬が第一選択肢として挙げられます。

しかしそれでも目のかゆみがとまらない人には、次の一手としてステロイド点眼液が使われます。ステロイド点眼液で代表的なものとしてフルメトロン点眼液があります。1975年に発売されて、今でも使用されている非常に歴史のある点眼薬です。

ここでは、このフルメトロン点眼液についてまとめていきます。


アレジオン点眼液の効果と副作用

2016.3.10 点眼薬

アレジオン点眼液(エピナスチン塩酸塩)は、第二世代抗ヒスタミン剤の点眼薬です。飲み薬としてもアレジオンとして発売されていて、最近ではOTC医薬品としてドラッグストアでも買えるようになっています。

抗ヒスタミン薬とは、アレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できるお薬です。

目のアレルギー症状というと、難しくいえばアレルギー性結膜炎になります。さまざまな原因が考えられますが、花粉症が原因となることが非常に多いです。

花粉症の時期は目のかゆみが非常につらいです。これで目をかいたりしたら、角膜を傷つけてしまいます。飲み薬でも多少は効きますが、やはり目のかゆみに一番良いのは点眼薬です。

アレジオン点眼薬は、2013年に発売されたかなり新しい点眼薬になります。副作用はほとんど報告されておらず、安全に使用できます。ここではアレジオン点眼液について、花粉症治療を中心にみていきましょう。


リボスチン点眼液(レボカバスチン塩酸塩)の効果と副作用

2016.3.9 点眼薬

リボスチン(レボカバスチン塩酸塩)は、第二世代抗ヒスタミン剤の点眼薬です。同じ商品名で、点鼻薬も発売されています。

抗ヒスタミン薬とは、アレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できるお薬です。

目のアレルギー症状というと、難しくいえばアレルギー性結膜炎になります。さまざまな原因が考えられますが、花粉症が原因となることが非常に多いです。一般的にはリボスチンは、花粉症に効く目薬と認識されていることが多いです。

花粉症の時期は目のかゆみが非常につらいです。これで目をかいたりしたら、角膜を傷つけてしまいます。飲み薬でも多少は効きますが、やはり目のかゆみに一番良いのは点眼薬です。

リボスチンでは副作用はほとんど報告されておらず、安全に使用できます。ここではリボスチン点眼液について、花粉症治療を中心にみていきましょう。


パタノール点眼液の効果と副作用

2016.3.8 点眼薬

パタノール(オロパタジン塩酸塩)は、第二世代抗ヒスタミン剤の点眼薬です。飲み薬のアレロックと同じ成分の目薬になります。

抗ヒスタミン薬とは、アレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できるお薬です。

目のアレルギー症状というと、難しくいえばアレルギー性結膜炎になります。さまざまな原因が考えられますが、花粉症が原因となることが非常に多いです。一般的にはパタノールは、花粉症に効く目薬と認識されていることが多いです。

花粉症の時期は目のかゆみが非常につらいです。これで目をかいたりしたら、角膜を傷つけてしまいます。飲み薬でも多少は効きますが、やはり目のかゆみに一番良いのは点眼薬です。

パタノールは、花粉症に使われる点眼薬としてはもっともよく処方されています。副作用はほとんど報告されておらず、安全に使用できます。ここではパタノール点眼液について、花粉症治療を中心にみていきましょう。