クラリチンは蕁麻疹にどのように効くのか?

2016.5.13 クラリチン

急に全身が痒くなるってとても辛い症状ですよね。ときに痛みよりも、痒みは辛い症状になります。

全身が痒くなる疾患に蕁麻疹があります。蕁麻疹を経験されたことがある方は多いのではないでしょか?一生のうちに1回は15~20%の人が経験すると言われています。この蕁麻疹の治療薬としてクラリチンは、広く処方されています。

クラリチンは抗ヒスタミン薬として作用し、蕁麻疹の原因であるヒスタミンをブロックします。抗ヒスタミン薬は眠気の副作用がありますが、クラリチンは眠気が少ないお薬です。

花粉症では効果が弱いとされていましたが、蕁麻疹では効果もある程度期待できるお薬となっています。

ここでは、クラリチンの蕁麻疹への効果についてまとめてみましょう。


ロラタジン錠の効果と副作用

2016.5.5 クラリチン

ロラタジン錠は、第二世代の抗ヒスタミン薬として2002年に発売されたクラリチン錠のジェネリックになります。

抗ヒスタミン薬とは、アレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できるお薬です。

「花粉症の薬と言えば?」と問われたら、おそらく一番名前が挙がるのがアレグラでしょうが、そのアレグラと同じくらい眠気が抑えられているのがロラタジン錠かと思います。

アレグラが朝と夕方2回飲まなければならないのに対して、ロラタジンは眠前の1回ですむお薬です。服用しやすいお薬ではあるのですが、抗ヒスタミン薬の中では効果がもっともマイルドなお薬のひとつです。

ここでは、ロラタジン錠について効果と特徴をお伝えしていきます。他の抗ヒスタミン薬と比較しながら、ロラタジン錠の位置づけをみていきましょう。


クラリチン錠の効果と特徴

2016.5.4 クラリチン

クラリチン錠(ロラタジン)は、2002年に発売された第二世代の抗ヒスタミン薬になります。

抗ヒスタミン薬とは、アレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できるお薬です。

「花粉症の薬と言えば?」と問われたら、おそらく一番名前が挙がるのがアレグラでしょうが、そのアレグラと同じくらい眠気が抑えられているのがクラリチン錠かと思います。

アレグラが朝と夕方2回飲まなければならないのに対して、クラリチンは眠前の1回ですむお薬です。服用しやすいお薬ではあるのですが、抗ヒスタミン薬の中では効果がもっともマイルドなお薬のひとつです。

ここでは、クラリチン錠について効果と特徴をお伝えしていきます。他の抗ヒスタミン薬と比較しながら、クラリチン錠の位置づけをみていきましょう。


クラリチンの副作用と安全性

2016.4.7 クラリチン

クラリチンは、第二世代の抗ヒスタミン薬です。

抗ヒスタミン薬とは、過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑えるお薬です。抗ヒスタミン薬は眠気の副作用が問題になることが多いですが、クラリチンは第二世代の中でも眠くなりにくいお薬です。

副作用の少なさがクラリチンの売りですが、効果はマイルドな抗ヒスタミン薬です。症状がひどい方では効果が乏しいことがあります。

ここでは、クラリチンの副作用と安全性についてまとめていきたいと思います。